2012/05/26

どうなることかと思ってはいたが・・・

アウェーの川崎戦は劇的な逆転劇にやられました
関口・上本の離脱が相当に響くだろうなとは思っていましたが
2-3と3失点もしてしまいましたね
今日の試合を観ていると
やっぱ中盤での関口の穴は大きいと思いました。
関口はサイドのスペースを一気に戻ってケアしてくれますからねえ
苦しいときに前への推進力もあるし・・・
あらためて彼の貢献度の高さを認識させられました
うちはサイドが甘いので真ん中ではじき返すパターンですが
3点目は真ん中で簡単にやられてしまいました
矢島には広大がついていて自分の前に置いてました,そして広大の後ろには内山がいました
センタリングのタイミングで矢島は広大の前からすぅーっと引いて広大の後ろ
広大の視野から消えて,広大と内山の間にさっと入ってきてズドンと頭でやられたわけです
簡単に言えばDFが2人いてやられちゃいました
まあ,センタリングも見事でしたが・・・・
2点目の失点もお二人が深く絡んでおりました
ケガあけの広大とほとんど試合に出ていない内山なんで
あのへんのポジションは試合感が響くから
二人にとってもたいへんだったのはわかるんだけどね・・・・
1失点目も鎌田の安易なプレーからのように見えますが
もらいに行く動きとかそのへんのところがかみ合わずと言ったところもありましたね
角田なんか3つもポジションやらされて気の毒
松下のところも守備面ではルーズでしたね
川崎が隙間を狙って人が入ってきてそこにボランチから効果的なパスが供給されていましたが
入ってきた選手に対する寄せがうまくできていなかったし
出し手に対するプレスも食いつきすぎたりとかがあってうまくいかなかったように見えました
いずれにせよ
ディフェンスは組み直しですね
大きなサイドチェンジを絡めてSBの裏を狙ってくる
あるいはCBギャップを突いてスピード勝負のスルーパスを仕掛けてくるのが増えるような気がします
まあシーズンの中では5試合くらいは優勝チームだって負けるわけで
今日の負けは試運転だったと割り切って
次からの準備に切り替えて欲しいものです
それからデビューを果たした奧埜ですが
遠慮がちのプレーでしたねえ
次出たら「俺が・・」みたいな積極的なプレーを期待します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

恐れ入りました

ちょっと遅れてしまいましたが
アウェーの鳥栖との戦いはどっちにころんでもおかしくない
非常にタフなものでした
まさにテグ監督の言うとおり
そして
かの監督が褒めちぎったように
鳥栖はパワー・高さ・運動量ともに素晴らしかったですね
自分たちのストロングポイントをよく理解し、自信を持ってやってます
あのハードワークが90分間持続するんだから驚異です
豊田の強さもピカイチでしたが
藤田・野田(?)ってあんないい選手だったんですね
キムクナンでしたっけ
あのCBもウイルがフィジカルで飛ばされてましたからねえ
いずれにしても
やってる戦術はシンプルで
ああいう技術的にすぐれた選手が集まっているわけではないチームにとっては合ってますね
鳥栖が今の試合運びを続けられるならどこのチームにとっても厄介だよ
次に対戦するときには前節のようなガチンコ勝負は避けて
いなしながら勝機を窺うことも必要かな・・・
引きつけてはつなぐ、ワンタッチでつなぐ
そう言ったバルサのような
なでしこがアメリカやドイツ相手にやっているような
そんなサッカーをベガルタが果たしてできるか???
さてと
ウイルはハイボールを競り合って納めるのは決して得意ではないので
柳沢との組み合わせはどっちにとっても中途半端かなあ
赤嶺の競り合いの強さがないのは痛い
中原はすぐに転んでしまうし・・・
いっそのこと角田でもツートップの「一角だ」ではダメかなあ
ボランチには松下か梁か・・・・
個人的にはSBが定着してしまったけど菅井のボランチだってありで
松下がSBだって新潟でやってたんだからねえ・・・
まあ、こりゃあはちゃめちゃと言われるだろうけれども・・・・
普通に考えれば武藤をどう使っていくのかだろうね
彼は少しだけ壁にぶち当たっているような気がするから
うまく使ってやって欲しいね
さあ
次は怖い怖い清水戦
清水は若手の台頭がすごい
高木に要注意
頑張れベガルタ!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

そういうものだと言うことだね

新潟戦のPKとなったウイルへのチャージだけども
スカパーの画像とは別の新潟のゴールを正面近くから見るような角度のビデオ画像によると
やっぱりPKだね
スカパーの画像では鈴木の右手の押さえ込みのところに目が行ってしまうけども
前述の画像だと右手もさることながら
ボールに対して競り合いに行ってるのではなく
ウイルに背後からガツンと行ってる。
ちょうど主審から見えた角度に近い画像で
主審にはちゃんと見えていたと言うことですね
まあ,ジャッジは味方になるときもあるし
はたまた
いつぞやのように3点全部オフサイドにされるというような突き落としのときもある
そういうものだと言うことだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/28

微妙と言えば微妙なジャッジ

アウェーの新潟戦は,ウイルのPKで1-0の勝利
新潟では初めての勝利かな・・・
勝ち点22なんて凄いね
ところで
今日の試合は,ジャッジが勝負を大きく左右したね
前半6分の新潟のFKからのこぼれ球のシュート・・・
きれいに決まったかと思われたけれども
鈴木のオフサイドでノーゴール
そして後半40分のウイルがペナルティエリア中央付近で蹴り込まれたボールをコントロールしようとしたところを後ろからマークしていた鈴木のファウルでPK
それをウイルが落ち着いて決めて虎の子の1点ゲット
まず
オフサイドの件はやっぱりオフサイドだと思うよ
シュートが飛んできたとき
そのコース上で林の真ん前に鈴木が立っていて
シュートに合わせて首も振っている
ルール上「積極的な行為」である必要はなく,林のプレーに影響を及ぼしていると判断したのは妥当ではないかなと思う。
一方
PKの方は,ん~微妙かな
鈴木の右手が背後からウイルを押さえ込んでいる
あるいは背後からのプッシングのようには見えるから
ファウルでないということはないんだが
PKを取るほどだったかというとそこが微妙
ただ,あの場面を主審は近くで見えていたんだからねえ・・・・
なんとなくスカッとしないね
それから柳沢
確かに技術も駆け引きもうまいんだよね
でも何か物足りないように思う
年齢の問題じゃあなくて泥臭さかな
赤嶺は泥臭い強さがあるんだよね
ウイルとはやっぱり赤嶺が合うかな
柳沢は武藤とかを使う感じだといいのかも・・・
いずれにしても今日も勝って
次は鳥栖
鳥栖の今日の試合も観たけど相当に「しぶとい」
プレスをかけ続けるし,高さもあるし
相当な難関だと心して臨んで欲しいね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/22

ちょっといただき過ぎでは・・・

強いね~としか言いようのない・・・
全くもって爽快極まりない朝でございます
FC東京を圧倒して4-0
攻撃陣が絶好調と言うことなんだけど
そのお膳立てとして
ボランチの2人がことごとく相手の攻撃の出鼻を制してましたね
東京の攻めが一貫してボランチを経由しながらで
そこへ我が軍の2トップが絡んでコースを限定し
出てきたボールのところを富田が刈りまくるみたいな感じでしたか???
それと上本・鎌田のCBコンビは押し上げも早いし
ラインの駆け引きも高いところでうまいことやってますねえ
広大だと後ろへの不安があるのか
ちょっと低めになるような気がします
実際,背後への対応は???なんですけどね
さて
角田選手,また黄紙をいただきましたねえ
まあ黄色ってほどでもないと思うんですが
権田の演技がうまかったかな・・・
それにしても既に有給休暇1試合取得済みで
明けて出てきたと思ったら即1枚いただきですから
ちょっとコレクター過ぎるのではないでしょうか
それだけ球際でシビアに行ってるという見方もあるし
「余計な」という見方もあるでしょう
いずれにしても角田選手は「核だ」から
あんまり休暇取られても困るのでほどほどにお願いしたいものです
???
ともかく今週も清々しく1週間が過ごせます
それにしても強いなあ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«変わらないチーム力