« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/26

なんとかドロー

ベスパでの山形戦はいつもながらアウェーと言うよりはホームゲームだ。今日も、観客19000人余のうち10000人はベガルタのサポで埋め尽くされていた。わが家も当然参戦。結果は、両チームに退場が出るという波乱含みの末ドロー。ベガルタとしては前節ホームで負けていたので是非とも勝ちたかったところだが、ん~残念。
落ち着きというかバランスの良くない試合運びだった。入れ替えたメンバーの連携がうまくいかず、特に中盤の底でバランスを取りながらスペースを消すべき役目の村上は、位置取りが中途半端でトップ下との距離が開き、一方でDFとの間にスペースを与えてしまって、そこに山形の選手が入り込み揺さぶられた。気持ちと試合感のギャップが明らかで、彼のパスミスから山形にグッと流れが傾いてしまった。しばらく振りのゲームでワンボランチを任された村上も気の毒だった。7番のスペース消しとパスカットには及ばないが、展開力のポテンシャルは上だと思うし、出場停止とかもあって7番だけで行けるわけもないから、是非村上にも頑張ってもらいたい。
攻めもシルビがいまひとつで、バロンにシュウェンク・大柴がからむ流動感がなく、相手DFは守りやすかったのではないだろうか。バロン・シュウェンク・大柴で、シルビは視野の広さを活かす意味でも2ボランチの一角で使ってあげた方が良いのではないかあ。と言うことは、3バックになってしまうのだが・・・・。
まあ、頭からシルビを使わなければならない状況ではないと思う。
連勝中の布陣、シルビの使い方がバランス良かった気がする。
その意味では、今日は熊谷のところに単純に清水で、後半息切れ清水に替えて関口、あるいは状況に応じてシルビ投入でダメだったのかなあ。
少なくとも山形相手に熟度の低い組織で勝つのは無理と言うものだろう。
監督の頭の中には、これからの疲れがたまってくる時期に向かって、チームの厚みをつくっておきたいということと、モチベーションの維持という狙いがあったのだとは思うが、熊谷の出場停止にあわせてあそこまでやる必要があったのか???広大が出れたのは良かったけど・・・
しかし、ドタバタしたとは言え、無失点に抑え勝ち点1を取ったことは大きい。
九州2連敗後の4試合で3試合完封、失点1・・・、得点数・失点数とも良い線になってきた。
これで、2位に勝ち点3差。
次節以降上位のつぶし合いが出てくるから、次の湘南戦で勝って京都戦に臨みたいものだ。
ガンバレ!ベガルタ!
ちなみに、審判の質ってなんとかなんないものだろうか。今日の試合、線審なんか最終ラインと平行して走れてなくて後追いだから、シュウェンクの飛び出しなんか後ろから見てオフサイドの旗揚げてるし、スローインもどっちのボールか判断できなくて真上に旗あげて主審の判断を待ってるなんていう情けない場面も・・・
ナイスゲームは選手だけでつくるものではない。審判がいかにゲームをコントロールするかっていうのはとても大きい要素だと思う。審判のレベルアップを切に願う・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

バロンに脱帽

今期初ナイターに、連勝中と言うこともあって17000人を越える観客、久々に仙台スタジアムは仙スタの雰囲気を醸し出していた。86分、大柴からの低い弾道の速いクロスにバロンが反応、ニア側でヘッドでキッチリ合わせてゴール・・・・・、3連勝を呼び込むと場内最高潮。スタジアムを後にするサポーターの心地よさ気な会話、足取りに満足、満足・・・。
さて、今日のゲームは最後にバロンの決定力がものを言ったが、全体としてはなかなか思うように行かないものだったと思う。
水戸は、4バックのラインをしっかり保ち、MFも4人。その4人と4人の間にさらに1人いて、1トップという布陣。
ひきこもりでスペースを与えてくれないものだから、なかなか攻めの糸口がつかめず、攻めてはいても実は水戸の狙いどおりみたいな感じで時間が過ぎていった。
しかも、ゲームの入りがこれまでの連勝ゲームとは違い、「ぬるい」と言うか「重い」と言うか、攻めのスピードやブレスがいまいち、あげく、パスミス頻発。サイドからのクロスも、入れるタイミングが遅いのでなかなかチャンスにならない。
引きこもり相手にボールを回しながらスキを突いていくというのはわかるのだが、連携がちぐはぐで、大柴・梁がスペースをもらえず、バロンも執拗にマークを受けていた。
選手自身がイライラしながらゲームを進めているようだったが、それでも辛抱を続け、後半の後半、さすがの水戸も疲れてきてスペースが生まれるようになって、最後は大柴・バロンコンビの決勝点に至った。
今日は、辛抱強く戦い抜き勝利を手に入れたことが大きい。
苦戦だったが、ゲームの持つ意味として快勝。
加えて・・・
試合前のリバーダンス、良かったねえ。いいもの見せてもらった。ああいう企画はどんどんやって欲しい。しかも、ああいう観客が乗るヤツを・・・。
それから、ホリエモンが10番のTシャツ着て観戦。仙スタの盛り上がりをどう感じて帰ったものやら???
スポンサーしてくれないかなあ・・・。
さあ、次は準ホームの山形戦。しっかり4連勝で、いよいよ昇格戦線突入だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/11

お~連勝だあ

本日のアウェー横浜戦、雨にくじけ、現地参戦は見送り、CATVで気合い入れて観戦。1-3の逆転勝利で2連勝。前節に続き、ゲームの入り方が積極的で良かった。ボールも支配し、攻めていた中、ちょっとした中盤のミスでロングシュートを浴び先制された。今までだとそこから歯車が噛み合わなくなって自滅気味になってしまっていたが、前節で相当自信が付いたのか、前に向かう姿勢を加速し、あっという間にバロンの同点ゴールに結びつけた。これがまた自信になったのだろうか、終止積極的に攻め、途中なかなか点に結びつかずイライラもしたが、結果、梁が2得点し快勝したと言っても過言ではないだろう。40分過ぎからは無理をせず、しっかり勝ちきった。
バロンの動きも見違えるようになり、シュウェンクは相変わらず豊富な運動量と前へ行く姿勢が素晴らしく、そこにひょいひょい絡む大柴、そして何気に現れる梁・・・、後半シルビが出てからは、ボールをワイドに散らせたり真ん中を通したりとベガルタの攻めは見ていて楽しくなったし、パワフルになったと思う。
一方、熊谷が攻めでも守りでも体を張ったプレーを演じ、流れを引き締めていた。
前半出ていたボランチの出来が今日はイマイチで、横浜の先制点となったロングシュートを浴びたシーンも、集中を欠いていたのが残念・・・
タテヨコに揺さぶられるとマークがずれ気味でちょっと危ないときもあったが、真ん中でしっかりはね返すというところは意図してやっていたのかな?
高桑もファインセーブあったし、いずれにしても勝利は嬉しいものだ。
これからは、この気分を毎節味わいたなあ。
連勝に乾杯!そしてこれからの連勝に乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

基本は1対1

3連勝の札幌を撃沈。誠に嬉しい限り。得失点差が+の世界なんていつ以来のことだろう?
今日は4点ももぎ取って、しかも粘って無失点に抑えたのがよかった。
開始早々からチーム全体に気迫が感じられた。特に前半は玉際での粘り、強さが光っていた。
こうしてみると、勝った試合・負けた試合・・何が違うのかと言えば、システムや戦術もさることながら、基本的には1対1に負けない、気持ちをも含めた強さのように思える。受身になっているときはことごとくやられている。
そういう強さを今日は表現できていたような気がする。
後半、押し込まれた時間帯が結構続いたが、最後のところで気持ちが切れていなかったのが無失点につながった。

続きを読む "基本は1対1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »