« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

まとまりが・・・・ない

昇格への道は客観的に見て厳しいものになってきたが、このところの試合を観て思うのが、チームとしてのまとまりの欠如である。戦術的にも精神的にも一体感が感じられない。京都戦もそうだったが、今日も終盤の意思統一がなされてなく、前がかりになったところでカウンター1発を浴び、さらに臆病にDFラインを下げるものだから中盤にスペースをつくってしまい、簡単に放り込まれて逆転されたりという具合。
はっきり言って1点目は、森川が軽いプレーをしてしまったのがはじまりだが、その後の根引のポジション取りの悪さが目に付いたし、2点目は直樹の寄せが遅く全くのフリーで蹴らせたあげくに折り返しに対して根引が棒立ち傍観でこれまた全くのフリーでシュートを打たれてしまった。
いずれも集中力と意思統一の欠如が根底にあると思う。
ボランチがDFラインと一緒になってしまったり逆に離れすぎて間にスペースができてしまったりと今シーズン初期のDF状態に後戻りしてしまっている。
これだけ失点が多いと勝つのは厳しい。
一方、攻めの方ももういい加減にしてよと言いたくなるほど決定力に欠けるし、打てるところでもスルーなんてなことをやってしまっている。
どうしてこんなにバラバラになってしまったのだろう・・・・
しっかりした明快な指示が出ているのだろうか?選手は理解できているのだろうか?
そして、大きな問題は選手の替え過ぎのような気がする。
果て、皆さんの思いはいかがなものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

ストレスが・・・

ちょっとばかり夏休みを頂戴して●●イに行っていたもので、8月2日の福岡戦からしばらくご無沙汰していた。
鳥栖に辛勝し、札幌に手痛い負けを喫し、さて今日はカズ見たさの満員仙スタで勝ちに酔えるかと思いきや・・・
レベルの低い試合で勝ち点3を逃してしまった。
今日の試合に限らず、ここ数試合を見るとバランスが良くないと思う。とりわけ、DFのラインに大いに不満だ。
下がりすぎだと思う。さっぱり押し上げもないし、結果として前との距離が開き、攻めが薄くてちぐはぐになってしまっている。
富澤ひとり抜けただけでこうも違ってしまうのか?
とにかく今日はストレスが体中に充満してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »