« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/25

非常に不愉快

ブログにはトラックバックというものがあるのだが、それを利用して下品な商売をしようとしている方々がおられるようだ。今朝書いた下の記事に、この類のいかがわしいトラックバックが付いているのを先刻発見。直ちに削除したが、極めて不愉快。誰がやったかは、その気になれば手繰れるが、そんな手間をかけるほどの輩でもあるまい。モラルとマナーを守って欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、勝ち続けましょう!

アウェー2連勝、そして3試合無失点と結果を出して来て迎えたホーム湘南戦。結果は、内容も伴った2-0の勝利で、3連勝となった。昇格争いに踏み留まったというか、山形が負けて、甲府も福岡とドロー、3位は射程に入ってきた。福岡だって直接対決で潰して、福岡が連敗とか引き分け続きにでもなるとギリギリどうなるかわかんないし・・・。まずは、勝ち続けましょう。ほかはどうあれ、自分たちが勝ち続けることが一番。
さて、ゲームの内容は、前2節の単調な攻めと連携不足からは一転、何がきっかけになったかはいざ知らず、気持ちがチーム全体に溢れ、走り抜いた試合だったと思う。後半、悪いクセが出てラインが下がりすぎて押し込まれる時間帯もあったが、選手交替で持ち直し、攻めの姿勢でゲームをモノにしたという感じかな。
特にボランチで効いていたのが菅井、彼の気持ちの入った献身的プレーはチームを引き締めている。ここ何試合かスタメンでフル出場し、ゲーム感覚もすっかり戻ってきたようで、運動量、出足の速さ、粘り強さ、強気の姿勢が素晴らしかった。
攻めについては、決定機をモノにできないもどかしさはあったものの、これは相手の運もあったし・・・。
ただ、そこまで至る過程が前節などよりかなり良くなったと思う。サイドを使う意識が相当に出ていたのではないだろうか。SBが結構上がれていたし、シュウェンクが前で右に行ったり左に行ったり動き回るのも以前は空回り的だったがそこのへんの連携も良くなっていると思う。
それと、今日はシルビがトップ下ではないがちょっと前目でプレーしていてバランスが良かった。
攻撃のリズムや幅があったと思う。
後半の押されまくり状態の時に入ってきた梁・直樹も持ち味を出して、チームのバランスを取り戻してくれた。
総じて、一人ひとりの選手が戦う姿勢を見せてくれた試合だった。
選手の皆さん、次も、またその次もお願いしますよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/18

行ってきました・・勝ちました・・でも、疲れました

昨日は、子どもの試合を午前中観て、午後から前橋まで340kmの遠出をしてアゥエー草津戦を観てまいりました。いやぁ、はるばる出向いた甲斐があって、連勝できたのは良かったのだが、それにつけても遠かった・・・疲れた・・・途中のPAで寝こけてしまって、帰宅は未明でした。その上、駐車場が会場からやたら遠いのも???
さて、試合の方は、前節に続いてバロン・シュウェンクの2トップが得点して2-0で勝ったのだが、実は・・・危なかったというのがパパの印象。高桑の神懸かり的なスーパーセーブが2発、それがなければどうなっていたか分からない試合だったと思う。特に前半は、相手の果敢なプレッシャーに受けて立ってしまい、チームとしての連動性のないお粗末な展開だった。後半、わずか1分過ぎにシュウェンクがどさくさに頭で押し込んで先取点が取れたのが大きかった。あれでちょっと落ち着いた感はあった。それでも前と後ろが開きすぎてチグハグだったが、相手が疲れてきたのと、梁が財前に替わって、そして直樹が入ったことによって、中盤を支配できるようになり、前と後ろがつながるようになった。梁の何がよいかというと、攻めも守りもしっかりこなしてボールをためて出せるところかなあ、それと視野の広さ。2点目は、梁の気の利いたパスが起点となり、そこからまた梁が受けて真ん中に折り返してバロンのシュートだった。財前のうまさは確かにあるのだが、あれだけ守りがルーズだと後ろの選手がきついと思う。シルビも守りの方はイマイチだから、中盤の選手2人が守備がおろそかではバランス的に厳しいと思う。そう言う意味では、今日の選手交替は納得。大柴は無理させられないということでの交替だったろうし・・・。
気になるのは左SBとCB、0点に抑えたと言っても・・・高桑のおかげ・・・
いずれ、次節から上位はつぶし合いになっていくからまだチャンスはある。
次節、ホーム湘南戦をしっかり勝って3連勝・・・、いや最終節まで連勝してくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

久々に勝ちました

このところ湿っぽい雰囲気が漂っていたけれども、今日は久々にアウェーで水戸に勝ちましたね。
シュウェンクが開始1分のヘッドで先制し、後半の後半にバロンの追加点で2-0。
外国人助っ人が点取るのも久々だ。
今日は現地に行けず、ラジオに張り付いていたので内容はよくわからん。
明日、スカパーの録画をじっくり堪能してから観戦記は書こうと思う。
いずれにしても、ひとつ勝ったことで吹っ切って欲しいなあ。
まずは、よかった、よかった・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

がんばってたなあ・・・

ホームに山形を迎えてのダービーは0-0の引き分けに終わった。
で、今日一番目を引いたのは25番、菅井だった。
故障が尾を引き、今季初のスタメン出場。ゲームから遠ざかっていて、どんなものかと見ていたら、前半はポジショニングとか違和感が見えたが、全体的に見ればそんな心配は余計なお世話と言った感じの活躍だった。
運動量が豊富で、スペースを消しながら非常にアグレッシブに攻撃にも絡んでいた。前半早々、バッティングで流血し、ユニフォームを赤く染め、頭はグルグル巻きにしながら最後まで動ききった。
体も一回りがっちりしたように見え、以前はちらっと見え隠れした独りよがり的なところがなくなり、チームのために一生懸命動く姿が印象的だった。
完全にこれまでの菅井に対して持っていたイメージ(それは決して良いものではなかったのだが・・・)がひっくり返った。
脱皮した菅井を見れてうれしくなった。菅井にはあの姿勢を続けて、成長して欲しい。ポテンシャルはいいものをもっているのだから・・・
それと、洋介もがんばっていたなあ。
ボールを止める、狙ったところに蹴るという基本的なところは相変わらずイマイチなんだけど、DFは上手になったと思う。
以前は、簡単にスライディングなんかして抜かれてたけれども、しつかり間合いを取ってがまんできるようになった。
もともと運動量は豊富だし、スピードもあるから、あとは経験とセンタリングの精度を上げれればSBに定着しそうな気がする。
勝敗ばっかじゃなく、こういう楽しみ方もあるもの・・・・・
が、最後に一言、
全体にDFラインが下がってしまうクセはなんとかならぬものか?
そして、萬代との交代は大柴じゃないんじゃないかなあ、バロンだったろうと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/01

がっかりしてしまう

昨日の徳島線の後、またまたモノ投げがあり、選手に当たって騒動が起きたという。うちは子どもの学校のこともあり、早々に退場したため、そんな見たくもない光景を見ずに済んだが・・・。
大部分の人は、良識あるサポーターだとは思う。
しかし、ああいう場面が全国にテレビ放映され、仙台のサポーターみんながあれに象徴されてしまうのはやるせない気がする。
いや、そんなことよりも、ああいう行為が社会常識として許されることだと思っているのなら大間違い。
応援と自分の欲求不満のはけ口がごっちゃになっているのではないだろうか。
選手はサポーターに敬意をはらい、サポーターも選手に敬意をはらうべきだ。
悔しい気持ちは選手もサポーターもみんな持っていると思う。
それをああいう風に表現したら、何が生まれるのだろうか。
選手のモチベーションがあがるのだろうか。
チームが強くなるのだろうか。
あんなことするサポーターのいるチームに来たいと思う選手がいるだろうか。
誰だって、自分のことを認めてくれるチームでプレーしたいと思うだろう。
自分に顧みて、一生懸命勉強や仕事をしているのに、罵声を浴びせられて
やる気が出てくるだろうか。
何のために応援しているのか考えて欲しい。
お年寄りも子どももみんなが仙スタに行きたいと思うような
あの頃のようなスタジアムに戻って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »