« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/26

まだまだ、これからだよ・・・

本日のホーム京都戦。0-1の惜敗。
クリアミスから流れてのアレモンの一発にやられたが、選手達は最後まで一生懸命やっていた。
立ち上がりはまた今日も硬く、連続してピンチを招いたが、徐々に後ろから組み立てられるようになり、サイドを意識した展開からチャンスを作ったものの、決定力に欠け無得点に終わった。
内容的には悲観する何ものもない。モチベーションも高く、攻めの意識で最後まで戦えていた。
お付き合いの良い甲府が福岡に5点も取られて完敗してくれたので、自力で3位になれる。
天もベガルタを応援していると信じたい。
次節で終わるわけではない。
まだまだこれから、3つ勝たなければならない。
選手達は今日の敗戦を引きずることなく、これからの戦いに集中して欲しい。
自力で3位になる権利を持っているのはベガルタなのだ。
と勇ましいことを書き連ねた後でちょっとだけ気になったこと・・・
梁の調子が??? 運動量もキレも本来ではなく見えるのだが・・・
どこか軽く故障しているのか、それとも疲労なのか?
一方、菅井はいいねえ。
パパは、次節のキーマンは菅井と見る。
いずれにしても、
わが家も応援頑張るぞ!
そして、ベガルタガンバレ1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/24

全勝餅食って・・・

20051124_00
いつもは観戦記なのですが、本日は、臨時便のリリースです。
J1復帰まで残り4戦。全勝で突き進むため、もうこの際、縁起でも何でも乗っちゃおうと思います。
で、パパのホームグランドであるJR長町駅前にある「蛸屋」さんところで売ってるのが、「全勝餅」!
ママに頼んで買ってきてもらい、さっそく家族でペロリといただきました。
写真は白ですが、紅白があって、1コ120円也。
別にこの店の宣伝ではなく、とにかくベガルタに勝ち続けてもらうため、あえて皆さんに紹介させて頂きました。
ガンバレベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

両者併走

まずは3-0で勝てて良かった。とにかく、なんだかんだ言っても勝ち続けるしかない。
今日もゲームの入りが硬くて、慎重に行ってそれがミスになる連発。引き籠もる予定の水戸に高い位置からプレッシャーを受ける有様。しかし、徐々にボールの支配率が高くなり、38分過ぎにシルビの先制点が入ってからは終止押して3得点し、無失点に押さえ込んだ。
山形戦あたりまでは全体的な動きも良かったのに草津戦あたりからプレッシャーがあるのか動きがぎこちなくなっていたのだが、今日のゲームで吹っ切れて欲しいものだ。
残り2戦は、当然プレッシャーは重いだろうが、やるしかない勝つしかないのだから、いさぎよく思い切り自分たちのサッカーをして欲しいと思う。
それにつけても、甲府も凄いなあ。ロスタイムに3点取るって、どうやって取ったんだろう?
両者併走のままベガルタ逃げ切りか?
今日の采配で、シュウェンク・バロン・梁を引っ込めたのは、中2日で迎える京都戦を睨んでのことか?
梁の替わりに入った富田。シーズン当初、SBで起用されていろいろ言われていたが、パパ的にはキャンプの時から見ていて、テクニックとセンスなど好きなタイプだったので、別のポジションで使ってみてくれないかなあと言う思いがあったが、ここに来て天皇杯と今日と出番があって「やっぱ、良いもの持っているなあ。」と感じた。トラップで相手をかわすとこなんか良い感じだと思うよ。
それと、菅井もやっぱりパパは好きだなあ。食いつきすぎるところもあるけど、競り合いの粘りとか、前への突っかけとか去年によりホント成長したよね。
いずれ、今日も勝った。
そして、26日も3日も、その後の2戦も勝つ。
ガンバレベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

消化不良だが3位キープ

鬼門のアウェー湘南戦。引き分けに終わるも、甲府のおかげで3位キープ。福岡が勝ったので2位はもはやないものと同じだろうが、3位は自力達成可能なのだから残り3戦、そして2戦を全勝でJ1に復帰といきたいものだ。
はて、根引のOGで先制されたが、すぐそのあとシュウェンクのゴール正面からの豪快なFKで同点。ボールの支配率は相手を上回るものの、攻撃のアイデアとかキレがなく、単調なゲームだったように思う。終盤は中田のサイドを使われ、結構危ないこともあったが最終局面で集中が切れず、遅れながらも体を張って失点を凌いだ。
その中田を熊谷に交代させたのだが、「おやっ?」と思う人も多かっただろう。パパ的には中田は今日は上がり下がりが多くて、良い上がりも見せてはいたが、後半はキレを欠いて、そこを突いてこられていたから納得だったのだが・・・。
それから、根引のオウンゴールは仕方ない。バリシッチめがけて曲がり落ちながらゴールに向かっていくFKのボールに対して、根引がバリシッチの前に出て頭に当てたボールがきれいなシュートになってしまった。あのボールのクリアは難しいと思う。根引の予想よりも曲がったんだろうねえ。FKのボールの質を褒めるべきだろう。
攻撃については、先にも触れたが、とにかく思い切りやイマジネーションが不足していて、何か慎重になっているような気がする。前の方の選手の連携によるポジションチェンジやスペースを空けたり、使ったりというような流動性とか、ひと頃のスピードに乗ったカウンターとかが影を潜めてしまっている。
ピッチを大きく、大胆に使って欲しいなあ。
いずれにしても、ここまできたのだからビビらず思い切りプレーしてもらいたい。
ガンバレベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

勝ちは勝ち、とにかく3位だ!

試合の内容がどうあれ、この期に及んでは勝ってナンボ。出来が悪いなりに勝てるようになったのは強くなった証拠ではないかな。運もツキも、呼び込むのも実力のウチ。村上じゃあないが、7番も1年に1度ああ言う大当たりがあるんだねえ。去年も一発あったように記憶しているのだが・・・。それがこういう大事な場面というか、困り果てた場面で、言わば起死回生的に生まれたのはホント嬉しくなってしまう。日頃は、またパスミスかなんて言ってるが、今日は直樹様様・・・。
内容的には、ミス連発のチグハグ。
特に、中盤は出足が遅く、ぽっかりスペースを空けてしまい、草津に良いようにボールを回されたりしてドキドキものだった。
25番と6番の違いがよ~くわかった。
アグレッシブなチームには25番の寄せの早さと競り合いの強さが必要。次節以降、黄紙リセットでガンガンがんばってもらいたいものだ。
6番は、押し込まれているときのバランサーとしては見るべきものがあるのだが、今日のように「攻め」なければならないゲームでは、チト厳しいものがあるかも知れない。
それと、木谷もなんかちょっと落ち着きがなかったような気がする。
シュウェンクに替わって出て来た関口は、時間帯のこともあって、時間を使うのか、勝負に行くのか迷っていたのだろうか。何か、行きたいけど行っちゃダメなのかなあみたいな感じで消化不良だったのではないかな。
さて、甲府が水戸に完敗し、いよいよ3位浮上。
自力で3位になれるところまで来たけれど、狙うは2位の自動昇格だよねえ。
福岡はドタバタしているから、とにかく自力で勝ち進めば結果は付いてくると思う。
応援も盛り上がってきていて、ここのところチャンスでの「仙台、レッツゴー!」は相当に迫力を帯びてきていると感じる。
さあ、みんなで行こう!J1へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

快勝!

山形とのダービーは、敵地ベスパをゴールドに染めたサポーターの声援のもと、ベガルタが2-0で快勝。いよいよもって2位が視界に入ってきた。
ゲームは、双方とも中盤での競り合いが厳しかった。いままでは、山形のはやいプレスに押されることが多かったのだが、今回は勢いのあるベガルタの選手が執拗な粘りを見せてくれた。
前半は、山形のサイド攻撃に臆せずDFラインもがんばって高く保ち、山形が決定機をつくることをさせなかった。
攻撃面では、中盤で持ちすぎると素早くチェックされたり、タテへのミスパスがちょこちょこあったりはしたが、それでもサイドからの意識がしっかりあったし、シュウェンクへの一発スルーなんかもあって良かったと思う。
ただ、ちょっと奪ってから攻撃に移ってからが急ぎ過ぎかなという感じはあった。
後半は、押し込まれる時間帯もあり、決定機も2回ぐらいつくらせてしまったが、相手のミスと集中力を切らさなかったことで0点に抑えることができたと思う。
中盤でフリーでボールを持った山形の選手に対し、矢のように走っていってチェックしていた菅井の姿が印象的だった。
そこがルーズになると、自由に左右にボールを振られたり、中に入れられたりで山形のペースになりかねなかったと思う。
後半、疲れてくるとDFラインが下がってしまうのがチームとしての作戦なのか、はたまたそうなってしまうのかがよくわからないが、パパ的にはそこが気になってしまうのだが・・・・
いずれ、大きな勝ち点3のゲット。
全勝で2位自動昇格が見えてきたぞ。
がんばれベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »