« 2005年12月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/25

ホーム初勝利

今日は、愛媛FCを相手に3-1の勝利。前2節がチームとしてのまとまりのないゲームだったので、パパとしては、今日の試合に勝てないと長いトンネルに入りかねないなと案じていたのだが、勝ててほんと良かった。
これで、選手も少し落ち着くのではないだろうか。
ただ、パパとしては、依然として気懸かりが消えない。
まず、良かった点としては、熊林の活躍。技術的にしっかりしているのが見えたし、タメをつくったり、サイドチェンジなどでうまくボールを捌いていた。ディフェンスはあまり得意ではなさそうだが、走り回る姿にはファイティングスピリットが感じられ、両手でサポーターを鼓舞する姿は寿人を思い出してしまった。とにかく、質の高いいろんな回転の長いボールを蹴れる選手で、ブラジルトリオとは相性が良さそうだ。
菅井も積極的なプレーを意識していて良かったと思う。
それから、この4試合を見ていて、パパは白井が気に入ってしまった。なかなかいい味出しているよ。ドリブルで上がる姿なんかオヤジ仲間としてカッコイイよねえ。
ところで、一方、気になるのは相変わらずの押し上げの遅さ・少なさ。
特に磯崎の躊躇さが気になってしょうがない。磯崎がボールを持って戻すとスタジアムにどよめきが起こるのは、ちょっといただけないのだが・・・・、ボールを持っていないとき、前にスペースがあっても上がる意識が希薄に見える。何度か、ボールがはたかれたのに遅れてしまって、結局タイミングが合わずに戻すしか選択肢がなくなったことがあった。それは、磯崎だけの問題と言うよりもDF最終ラインが低すぎるのが関係しているのではないかと思う。全体的にコンパクトにしていかないとブラジルトリオのフォローは厳しいのではないかな。
トリオも、もう少し日本人選手に簡単にボールを出してくれてもいいとは思う。
いずれにしても、サンタナ監督もチームとして落ち着くまで5試合ぐらいはかかるだろうと言っていたから、徐々に良くはなっていくだろう。
さあ、神戸戦はいただくぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

もっとアグレッシブに・・・

アウェイの湘南戦、連敗は避けたかったが0-1の負けとなってしまった。
前節から通してみると、DFが退きすぎなのではないだろうか。結果、前との距離があいてしまって、ボルやロペへのフォローが遅い。フォローが遅いと言うよりも、ボールを彼らに預けたがるし、預けた後は積極的に絡んでいこうとしない。したがって、見え見えで預けようとするから相手に読まれて、カットされたり、ボル・ロペはあっという間に囲まれてしまう。
確かに彼らの能力は高いが、周りがそれを活かす工夫をしなければ打開は難しいのではないか。
マークが張り付いているところにボールを出したって、いくらボルでもそう簡単には行かない。
マークを引き付けてもらって空いたスペースに動いていくなんてことは、当然わかっているはずだと思うのだが、
残念ながら彼らブラジル組を押しのけていくような積極性が見られないのが残念だ。
それから、最初の方にも書いたが、DFラインが低いので、その前で自由にボールを回されるのはいかがなものか。本来の守備的ボランチのところが甘く、直樹が下がりすぎではないかなあ。その空いたスペースを菅井とか梁が埋めるのだろうけれども、サイドのカバーとかもあってなかなかしんどそうに見える。
全体のバランスがうまくいくまでもう少しモタモタしそうな気配がする。
何ともこうしてみると村上の負傷は痛いなあ。
まあ、ネガってもしようがないので、とにかく頑張ってほしいものだ。
柏に離されるな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/18

ありゃ~やっちゃったあ・・・

ホーム開幕戦で、相手は柏レイソル。前節、徳島に4-0で快勝したこともあり、ユアスタは試合前から「勝ち」を期待する雰囲気が充満していた。
結果は、0-1の惜敗。
前半の村上の故障退場が痛かった。替わって入った磯崎は、充分な準備ができていなかったのか、ゲームになかなか乗り切れず、チームとしてバランスが崩れてしまった。
そして、後半10分過ぎ、イライラからチアゴが相手を押して一発退場。・・・やっちゃったあ・・・
10人になってからは、柏のペース。ベガルタの左サイドを破られ、センタリングにノーマークで入ってきたディエゴにヘッドで決勝点を奪われてしまった。
結果としてはそうなのだが、今日の柏は中盤のプレスが早く厳しく、ブラジルトリオへの玉の供給が上手くできなかった。ボランチのポジションだと思うが、山根が効いていた。岡山もほとんどロペスに競り勝っていたし、ボルやチアゴへも挟み込むディフェンスを徹底していて、相当に研究してきた感があった。
柏の攻めについては、ディエゴにやらせ過ぎ、ダイレクトパスのつなぎはさすがだが決定力と迫力はいまひとつ。負けて言うのも?だが、驚異となる相手とは思えない。
チアゴはたぶん2試合出場停止だろうし、村上の負傷がどの程度なのか心配(捻挫だがだいぶ腫れがヒドイとの噂)だが、大橋や熊林、金子辺りに頑張ってもらいたいものだ。
柏には残り3戦で借りは返してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

冬眠からお目覚め・・・快勝

寒く雪の多い冬だった。
福岡の惜敗から3ヶ月・・・。津波監督の実質解任、シルビの移籍、根引・富澤の古巣復帰などあったが、サンタナ監督の就任、そしてボルジェス・ロペス・チアゴのブラジルトリオの加入、中島や熊林、村松、池田、白井の加入、金子・左山・大橋と言った新人の加入のもと、長期のキャンプを経て、今日、J1復帰への第1戦を迎えた。
前評判は高かったとは言え、ブラジルトリオのテクは相当なもので、ボルとロペスはしっかりポストができて突破力もある。チアゴは玉捌きがとても柔らかく、繰り出されるパスの質は非常に高い。結果、この3人の活躍で徳島を相手に4-0の快勝。そして心配されていたディフェンスも穴は見え隠れしながらも完封。
シーズンのスタートを快勝で飾れたのは最高の気分だ。
パパの今日のハイライトは4点目のボルのシュート。ディフェンスとの1対1をかわして角度のないところからGKのニアサイドの足下を狙いすまして蹴りこんだものだった。
突破はパワフルで抜く瞬間のスピードが素晴らしい。ただ長い距離のスピードは???
トリオと梁・菅井・中田あたりのコンビも良く、長期キャンプの成果なのだろう。
村上は気合い十分で頑張っていたが、ちょっと合わないところが目に付いた。力が入り過ぎたのかな?
後半チアゴに代わって入ってきた中島もスピード十分で、力みがとれたら結構やりそうな感じがする。
ディフェンスは、千葉がうまくバランスを取ろうとしていて破綻はなかったと思うが、やはりサイドバックの上がった後ろは早めにサイドチェンジされると厳しいかなあと思った。
最終の2人は落ち着いていて、良かった。
まあ、とにかく過去2年スタートに躓いていたが、今年はさい先良し。
次節ホーム開幕戦が楽しみ、楽しみ、楽しみ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年4月 »