« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

オウンでも何でもこの際・・・

京都戦・・・,緊張感のあるいいゲームでした。記録的にはオウンゴールだったのでしょうが,ロペスのクロスのスピード,中嶋のニアへの鋭い突っ込みがあってこそああいうクリーンオウンゴールになったのでしょう。中嶋の頭に触ってるようにも見えたのですがね。何度か決定機もありましたが,そこは継続的課題。
で,今日の勝因はディフェンスですね。後ろ4人の相手に裏を取らせないという意識が相当強く感じられました。特に,パウリーニョを押さえ込んだのが大きかった。縦への抜ける動きをしっかり抑えていました。そして,DFラインとボランチとの距離が離れていなかったので,うまくバランスが取れていました。それと,岡山が相当に効いていました。高さでの跳ね返しもですが,相手よりもとにかく先にボールに触るという風に後手を踏んでいなかったと思います。前節も含めて,ゲーム感覚が戻ってきて,チームにもすっかり馴染んだようでうれしい限りです。あとは田村ががんばってましたね。
前の方では,関口に「お疲れ様」と言いたいです。
あれだけ動き回り,しつこくやっていたので京都のDF陣は嫌だったでしょう。最後の方は,京都が前がかりになったこともあるのかとは思いますが,あっちのDF陣は関口のボディーブローが効いていたようで裏への戻りとかヘロヘロになっていたように見えました。
いずれにしても今日はディフェンスのバランスに軸足を置いたような安定感のあるゲーム運びで攻撃力のある京都を0点に押さえ込みました。
それにしてもロスタイムの長く感じたこと・・・
オウンでも何でもこの際勝てばOK。
・・・ただ,ファビーニョが長期離脱とは・・・・・・・・・まいったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/26

叫んでしまった!

低調な第3クール。このクールだけの順位ではなんと10位。これからに繋がるかどうか瀬戸際の湘南戦だったが、3分のロスタイムもほとんどなくなった中、関口の粘りから低いクロスを走り込んだロペスがダイレクトで叩き込み劇的勝利をモノにした。この勝ちの価値はホントに大きい(洒落のつもり)。しかし、これからは毎試合が瀬戸際だ。特に、次の京都戦を勝ち抜くことが今日の勝ちに本当の価値を与えることになる。30日のホーム京都戦はもう今から気合いが入ってしまう。
さて、本日のスタメンと選手交代・・・。中嶋のワントップにMFを5枚。ファビーニョがスタメンと言うことで、リャン・ロペスをはずせないのでこういう布陣になった所謂ファビシフト。中盤が厚くなった分、お互いやDFとの距離が比較的コンパクトにでき、パスの回しやアジエルへの寄せなどまあまあかなと感じた。その分そこから前のところで薄くなるから、2列目からのリャンの飛び出しなどをうまく使えないと厳しいのだが、何回かリャンの飛び出しも出来ていたし、そのリャンのシュートをGKがはじいたところに詰めていたのが田村だったというのが良かったのではないか(あれはせっかく素晴らしいツメをしたのだから田村には決めた欲しかったけど)。ただ、先制点を取りたい気持ちが強すぎたのか、ゲームの入りで飛ばし過ぎて、前半も25分を過ぎたら突然足下へのパスが多くなり、ボールを持たない選手の動きがガックリ落ちてしまった。このへんは、受けてしまうのも良くないし、かと言って飛ばし過ぎもいかがなものか・・難しいところだね。
後半、ファビに代わり関口・・・これ正解。関口はこういう使われ方の方が相手にとっては嫌だし、運動量が活きると思う。先発で、中嶋と組むとお互いの距離が離れすぎて連動がいまひとつのように思えていた。中嶋とは萬代のほうが組み合わせとしては良いと思う。ファビについてはまた別途・・・。中嶋に代えて萬代・・・これも納得。この頃、萬代が使われることが少ない。モチベとかいろいろ理由があるのだろうが、パパ的には、萬代のポテンシャルには期待している。精神的な成長と経験を積んで必ずやベガルタの生え抜きエースになって欲しいと思う。
後半の終盤は、勝ちに来た湘南の攻勢にあったが、跳ね返すだけみたいな状況に陥ったが粘り強く耐えた。特に岡山は、マークを外してしまって点を取られたりしていたので相当に集中していた。そして、最後の得点に繋がった。
試合後、岡山のノリで選手達が肩を組んでロペスダンスを踊っていた。徳島戦では、なんか岡山の空回りっぽかったが、今回はサポーターも含め一体となっていたのにパワーを感じた。
選手もサポーターもひとつになって頑張る意味でも、岡山の加入、そして今日の勝利・・・何かが変わるような予感がした。
この雰囲気、昇格へのパワーになるかも・・・・
いずれにしても、京都戦・・・勝つぞ!
長文失礼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/19

愛媛戦・草津戦まとめてガクッ!

愛媛戦は0-3の完敗。草津戦は不本意な引き分け。補強もし,8月攻勢に転じるかと期待されたベガルタは,やっぱり8月は鬼門・・・まっただ中。まあ,これが現実だし,実力なのかもしれない。スタートダッシュに成功し,ボールも人も動くサッカーは,去年とは違い見ていて楽しかったし,実際勝てた。しかし,第3クールにもなると相手も研究を重ねてきており,それを想定して戦術に工夫なりが伴っていかないと,ただ自分たちのサッカーをやると言っても相手は簡単にそうはさせてくれなくなっている。さらに,連戦の疲れや怪我などでどこのチームの選手もコンディション的にきつい時期にあると思う。こうした中でしっかり勝てることが本当の実力なんだろう・・・。
で,草津戦。スタメンをかなりいじってきた。意外だったのが中原の起用だった。前の方での閉塞感があり,得点力が相当に落ちてきていることから,少しシンプルに行きたいということなのかなと感じた。しかしながら,前半と後半のはじめの方は,前線での動きが少なく,サイドのスペースがうまく使えず,真ん中から仕掛けては玉砕していた。悪いときのパターンで,後ろと前がコンパクトにできず,人と人の間が伸びてしまい,連動性がなくなってしまっていた。後半半ばで,中原・富田に代えて永井・関口を投入したところ,サイドが使えるようになり,草津の動きも鈍くなってきたこともあって,攻勢を強めこぼれ球を田村が蹴り込んで同点にした。その後もファビーニョを投入し,いいクロスや強烈なミドルシュートがあったものの田ノ上が一発レッド食らうなどから攻めきれず引き分けに終わった。
試合終了後,サポーター席からはブーイングではなくひときわ大きな「ベガルタ仙台」コールが響いた。
内容的には最悪に近いレベル,そしてベンチワークにもいささかの疑問を持つものであり,今までなら強烈なブーイングの嵐となったのかもしれない。しかし,今日のコールはロペスや岡山の発言が関係したのかどうかはわからないが,選手たちにはブーイングよりも強く自覚と戦う気持ちを促したのではないかと思う。
苦しいときこそ応援する,ベガルタが好きだから応援する。何だかんだ評論家まがいのことを言うけど,応援する。
頑張れベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/11

また同じかと思ったら,やった!勝ち点3

また同じように攻めていながら,リスタート1発で早々に先制を許してしまった。ちょっと事故的な失点ではあったが,何で同じことが繰り返されるのだろうか・・・プロなのに。それはそれとして,移籍して間もなく,連携もどうかなと思われた岡山は,さすがにヘッドの跳ね返しは強いと思ったが,びっくりしたのはロングフィード。菅井に正確なのを何本も通していた。後半に入り,攻め立て,岡山からロペスへくさびが入り,左サイドのロペスから逆サイドを駆け上がる関口へ展開,関口はダイレクトでクロス,梁が飛び込むも流れて,中島の前へ,中嶋がボレーを空振りしたがその後ろに詰めていた直樹がシュートを決めて同点。しかしながら,またまた前節ペースで動きが鈍くなり,足もとへのパスが多くなってスペースがうまく使えなくなってきた残り10分でファビーニョ投入。遅すぎるなあとイライラしていたが,登場したファビーニョは元気そのもの。ドリブルの速いこと速いこと,徳島のボランチがちと倒れたスキに左サイドのファビーニョにボールが流れ,俊足を飛ばしたファビーニョがゴールライン際できれいなクロス。ロペスの頭にピッタンコで決勝点が入った。その後もファビーニョは強烈なミドルを打つなどコンディションが相当に上がってきているのが窺えた。時期があと1ヶ月早かったらと思うのだが,いずれにしても良い補強が出来たのではないかな。2敗していた徳島にアウェーで勝ち点3をゲット。とにかく勝つしかない状況で,岡山が特徴をしっかり出し,後半の後半,足も止まった中で,交替で入った萬代が走り回り,そしてファビが2戦目にして結果を出してくれたのは次につながる大きな成果だったと思う。
勝ち続けようぜベガルタ!
話はコロッと変わって,今日の日中はホント暑かった。長男のトレセンの試合でずっーと屋外にいたものだから脱水気味になってしまった。そんな中,子どもたちは3試合をこなすんだからたいしたものだ。
愛媛戦に期待・・・みなさん,おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

チームとしての迷いか

水戸戦。よもやのドロー。決定機を幾度もはずし、セットプレーやカウンターであっけなく点を取られる・・・・・今まで何度も見てきたパターン。いつかは取れる的な意識がなかったろうか?それも結局は攻め疲れか、この暑さの中で後半の半ばから足が止まり、その後に選手を投入しても全体として動きが止まってしまっていて効果なし。攻めに切れがなく、回してばかりで水戸様の網を破ることは叶わなかった。決して回すことが悪いのではなく、そこから先のツメができないのでは何のために回しているのかということに・・・・。今日の得点も、最後はロペスの個人技で取ったもの。回して崩して作った決定機はことごとく決められなかった。残念。そんな流れは前半からずっとで、後半の頭から、動きがいまひとつだった梁・冨田をファビーニョと田村に替えてくるかと思いきや後半25分までそのまま、前述のごとく、足が止まって全体の攻守の切り替えもルーズになり、前と後ろが間延びして中盤がスカスカになってしまってからの選手交代は遅すぎたのではないかな。選手交代はベンチの意思表示でもある。勝つというベンチの強い意志をもっと早く、選手が十分に動けるうちにはっきり示すべきだったのではないだろうか。もはや、仙台は勝ち続けなければ昇格は見えてこないのだから、迷いをもった采配は禁物。選手ももちろんだが、采配でも勝たなければならない。チームの状態が良いときは、采配もよく見える。しかしながら、チーム状態が悪いときこそ采配がものを言うのではないかな。
最後に、あの時間帯に投入してファビーニョのワントップはいかがなものか?
自分だったらファビは2列目の左に入れて、ロペスを前に上げる・・・
ベガルタよ、戦う姿勢をもっともっと強く持って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »