« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

水戸様ありがとうございました

本日は,低学年の試合があったため録画観戦となった。
携帯で勝ったことは確認していたので,ゆったりと観戦。
負けたことのない水戸を相手に,直樹の退場で1人少ない状況ながら,ロペス・萬代と繋いで梁の技ありコロコロシュートの1点を守りきり勝利をものにした。
主審の判断基準がバラバラでゲームの運びが落ち着かなかった。
前半30分過ぎの直樹退場までは,ボールも回り,前線の動きも良く,勝ちの臭いが漂い始めていたのだが,退場後は,中島を下げて萬代の1トップで,ボランチにジョニウソンを入れてカウンター狙いの布陣となった。
後半10分に1点を取ってからは,深く引く形となり,水戸様にボールを回され,放り込まれるパターンとなったが,水戸様の決定力不足と工夫の無さにも助けられ,何とか粘りきった。
吉本のフリーキックがバーに当たったり,林が例によってかぶってしまうもボールはネットの上に落ちるなど薄氷を踏むようだった。
どんな風にせよ,勝ち点3のゲットを続けることがたいせつ。
札幌が,ヴェルディに完敗,京都は昨日引き分けており,混戦模様が一段とヒートアップ。札幌のアドバンテージは,もう無い。最後まで引きずりそうな気配である。
札幌を除くライバルとの直接対決を多く残しているベガルタは,しんどいけれども,一方でそれらをものにすれば1位抜けもある。・・・2位で抜けれればそれで十分なんだけど・・・・
内容面では,萬代が効いていたのと,菅井が入ると「ボールがうまく回るなあ」と感じたこと,広大はまだボールを見てしまうところがあるのでもう少し経験を積んで安定感を高めて欲しいなあと思った。
いずれにしても,次は山形とのダービー。負けるわけにはいかない。ひたすら勝つのみ。
がんばれ,ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/26

やられてしまった

愛媛の動きが良く,一発退場で10人となっても遜色なく粘り,PKの1点を守りきった。と言うことは,1人多いベガルタは何をやっていたのだろうか。勢いや気迫がいまひとつで,相変わらずの決定力不足(ちょっと重症かも・・・)。少なくとも負ける試合ではなかったのでは・・・。特に,7番の緩慢なプレーにはがっかりした。ボールを取られても取り返そうと追いかける気配もなく,チンタラ。切に一生懸命プレーする姿を見せて欲しいものだ。
本日も,右サイドは狙われていたと思う。PKにつながるシーンも,軽い守備からボールをつながれたもの。
実は,前節の失点の時も,今日のPKも7番がらみなんだけど,お疲れなのかなあ・・・。
それと4連勝の時と今日を比べると,ジョニウソンは効いているのだけれど動く分真ん中がポカッと空いてしまったりしていた。バランスという点では,永井と千葉のコンビの方が穴が少なかったように感じる。
攻めについても,正直言って,前回も書いたがロペスをはずしてみる気はないのかなあ。
裏を狙い続けることや,前線からの守備を考えると萬代・中島のツートップに,後ろはボックスで前に梁・菅井,ボラに千葉と永井。関口はと言うと,しつこさと運動量で今の右サイドよりいいんじゃないかなあ。
と,素人の思いは駆け巡るのです。
まあ,とにかく,ゲームの入りから一生懸命プレーして欲しい。
勝ち負けは,相手のあることだからしょうがない。
水戸戦・・・がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/23

攻めあぐねてドロー、痛っ!

前半、カウンターで強引に右サイドを破られてセンタリングされ氏原のヘッドを浴びてしまった。後半早々、攻勢を強めて、ドサクサを関口が押し込んで同点とするも追加点を奪えずドロー。ピッチが悪いこともあるのか、雨のせいか、はたまた焦りからか単調な攻めに終始したような気がする。また、右サイドは相手をフリーにしてしまうことが間々あり、これからの対戦相手につけ込まれることが心配・・・。チーム全体の流れ、動きという点からはロペスが入らない方がよいのかも?どうしても、まずはロペスに預けるというふうになって、ロペスの打開力も魅力なのだが、逆にベガルタの良さが活きなくなる部分もあるのではないかなあ。前節の札幌戦のようなチームのまとまりが感じられなかった。それと、今日は、ベンチの対応は遅すぎたのではないかと思う。いずれにせよ、昇格争いは大混戦となること必至。次の愛媛戦に向けてしっかり準備して勝ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

まとまりの大きな1勝

敵地札幌は、強烈なアウェーの雰囲気がスカパーを通じても感じられた。そんな中、仙台から駆けつけたサポーターの声が負けじと響いていた。内容的には、仙台がチームとしてのまとまりで札幌より上だった。前線から相手へのプレスをかけ続け、中盤選手はポジションチェンジを繰り返しながら攻めと守備を惜しみなく行い、ディフェンスは粘り強く跳ね返し続けた。ロペスがいなかったこともあって、強引な突破ではなく、ショートパスをつなぐかたちで人もボールもよく動き、戦術・意識ともに前述のとおりチームとしてのまとまりを強く感じた。
相変わらずチャンスをなかなかものにできないもどかしさを感じて後半に突入直後、田村から萬代へのフィードが入り、こぼれ球を札幌の大塚がミスパス、それをさらった萬代は躊躇なく左足を一蹴。強烈なシュートがゴール右に突き刺さり、貴重な先制点を奪取。
やっぱ萬代と中島のコンビはいいなあ。萬代は体張れるようになったし、中島の瞬発力、でもパパが好きなのは2人の距離なんだよなあ・・・
残り40分以上、どのように戦うのかと思いきや、引き過ぎず、調子こいて後ろをスカスカにして攻めに出るわけでもなく、しっかりバランスを意識しながら全員が集中したプレーを見せてくれた。
終盤、札幌は曽田を前線に上げ攻勢に出て、あわやのヘディングシュートもあったが林がナイスセーブ。途中目測ミスなんかもしでかしたけど・・・・。
今日の試合、細かいことはさておき、チームが一回り大きくなったような気がした。選手の意識のベクトルが同じ方を向いている。これは、岡山の貢献度が高いのかもしれないが・・・
一方の札幌は、ちょっとこれからも足踏みしそうな感じ。4-4-2のきれいなスライドはなくなり、最終ラインは決してよくコントロールされている状態ではなかった。しっかりとしたブロックがいままでの印象だったが、ドタバタな場面がチョコチョコ見受けられた。また、イタカレは、周囲との連携がままならず、スピード・テクニックともにいまひしつ。ここ5戦で1勝しかできなかったのもうなづけた。
まあそれでも、藤田のスピードは素晴らしいし、砂川もたいしたものだ。
ひとつ心配なのは、中山との交錯で途中退場した田村。本人のブログでは膝の靱帯っぽいが、是非とも軽傷であって欲しい。あの粘り強さは、岡山とともに今の守備の安定にとって欠かせないものだから・・・
さあ、いよいよベガルタ劇場の幕開けだ。
勝ち続ける、勝ち続ける、勝ち続ける・・・・。
次は草津か、遠いけど行っちゃおうかなあ!スカパーの前じゃどうにもこうにも我慢できなくなってきたぞ!
みなさん!今晩はとびきりのおいしいお酒を味わいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/09

キレのシュートで3連勝

押しているもののなかなかゴールをこじ開けられない終盤の80分に萬代が投入された。さすがの鳥栖も連戦の疲れが現れ,思うように走りきれず,ちょっとばかりDFの寄せも甘くなりかけていた。そんな中,ロペスから右サイドの菅井に流れ,菅井は相手DFと交錯しながら折り返し,それに鋭く反応した萬代がGKよりも一瞬早く振り抜いてズドンとシュートが決まった。
途中から入った菅井・田ノ上・萬代がそれぞれ積極的なプレーを見せ,DF陣も前2節同様集中力を切らさず藤田や金をしっかり抑えて零封し勝利に大きく貢献した。
次の札幌戦にロペスが警告累積で出場できなくなるが,総力戦で勝ち点3をもぎ取ってもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »