« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/29

やっと快勝

上位の鳥栖をホームに迎えての一戦。
子どもの全日本予選でユアスタには行けず
録画観戦となった。
ここ数試合の嫌らしい流れを何としても断ち切りたい試合で、スタメンをいじってきた。
CBは木谷・岡山の手慣れた組み合わせ、そしてFWは平瀬の先発。
最近はボランチに対して厳しい見方をしていたのだが、どうもCBの不安定さに足を引っ張られていたのかも知れない。
今日の試合を観ると、うまく連携が取れてドタバタの場面はほとんどなかったと思う。
CBの落ち着きが、ビルドアップや攻めのリズムに間違いなく貢献していた。
平瀬も、ほとんどフル出場をこなせることがわかったのは大きいのではないかな。
毎試合は無理だろうが・・・・。
平瀬は今日も得点したが、
省エネ走行でも何気にポジション取りがうまく、
また、ポストではさらりとタメをつくっており、周りの選手を上手に使っている。
中島との距離も遠くなく(中原の場合はちょっと遠すぎると思う。)
うまく噛み合いそうな気がする。
ギラギラ感はないけれども、
さすがに鹿島でトップを張り、日の丸を着けただけの味は持っていると思う。
あまり期待はしていなかったのだが、
コンディションさえ維持できれば活躍してくれそうである。
とにかく、今日はチームとしてのバランスが良かった。
この調子で次の広島をご馳走様したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/26

寄せの甘さ

3点目を取って勝ち越して、またまた土壇場でよもやの引き分け。終盤になると中盤の動きがガクッと落ちて、寄せやプレスがかからなくなり、選手間の距離が空いてスペースができて、あるいは集中力を欠いてマークを外され、失点をしてしまうのが数試合続いているが、いっこうに改善が見られない。いったいどうしてなのだろうか・・・。点を取るとすぐに取り返されてしまうとは・・・・。
3点目はまちがいなく防ぐことが出来たと思う。
一方、後半途中から平瀬が入り、前線の流動性がよくなり、チャンスが生まれて3得点。しかも、真ん中に突っ込むFW本来?の動きで平瀬が2得点は収穫だったのではないかな。
年齢的にフルは無理なのだろうが、誰が見ても交代前とチームの動きがガラッと変わった。
中原もポテンシャルはある選手なのだと思うが、中島との相性やチーム戦術との相性からするとなかなか厳しいような気がする。
それにしても中島選手はなんであんなに点が取れないのか、気の毒になってしまう。
特に、GKからボールがすり抜け、誰もいないゴールへのシュートが、いくら角度がなかったとは言えバーに当てるようでは・・・。技術的にもう少しなのかなあ。
いずれにしても、誰がどうのこうのはさておき、チームとしてこじんまりしてしまって観る楽しさやワクワク度がずいぶんと落ちているように思える。
プロチームとしての華やかさが足りない。
あの選手を観たい。あのプレーを観たい。と言うようなところがない。
子どもは正直で、「今年のベガルタはつまらない。」と一刀両断。
点を取って勝つようになって、順位が上がればまたまた楽しくなるのだろけど・・・・。
とにかくチームのバランスを早く取り戻して頑張って欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

中盤の底

アウェー愛媛戦、林のPK阻止で運も引き寄せ、逃げ切れるかと思いきや、ロスタイム失点。3試合連続で先制しながら追いつかれるとは・・・・。決定的チャンスに点が取れない、追加点が取れないというのが問題視されがちで、確かにそれはそうなのだが、パパ的には、①試合の運び方が雑、意志の統一が取れていないのと、②ベテランで終盤の肝心な時間帯で手抜きと言われても仕方のないようなプレーが目に付く。今日の失点は、当に残り数分の進め方が中途半端、前がかりになる必要などないのにバランスを崩してCBを残してその前をすっかり空けてしまった。出処への寄せも極めて甘く、広大と一柳は相手3人を見なければならない状況になっていた。しかも、広大がつぶれたため一柳は1対3、あれは気の毒。後半、愛媛の運動量に押され、中盤を支配された対応で1トップで中盤を厚くしたはずではないのか。ベテランのボランチがあそこで後ろを忘れてはいけない。玉の出処を抑えるとか、全力で戻るとかするなら別だが・・・・。お粗末である。ここ3試合で勝ち点6を失った。試合中に笑ってられる余裕はないはず。1試合1試合の積み重ねが昇格につながるという1試合の大切さは、J2・5年目でとくとわかっているのではないのか・・・・。
ベテランよ、奮起しろ。応援するものたちを引きずり込むような集中したゲームを見せてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

追加点が遠い・・・

徳島が4-4-2のフォーメーションをしっかり作って引き気味だったため、特に前半はボールを支配できたのだが、如何せん得点につながらないのが今のベガルタ。中盤であせってミスが多かったように思われる。センターラインを超えるところまでは速いのに、ゴールマウスが近づくほどスピードが落ちてしまう。やり方はいろいろなのだろうけれども、ボールを支配しながら、回しながら攻めるのであればゴールに近づくにつれてスピードアップが必要なのに・・・。
その点に関しては、後半に投入された西山の動きが良かったと思う。さすがに高さはどうしようもないが、前に突っかかっていく姿勢が素晴らしい。シュートも枠に行っていて、GKのファインセーブで得点にはならなかったが、臭いを感じさせる選手ではないかな。もう少し、プレーの時間をあげたい気がする。
一方、ピリッとしないのがスタメン2トップ。
中島ははずしまくりで、中原はポストができていない。特に中原はもっと真ん中でプレーする方がよいと思うのだけれども、サイドに流れ過ぎじゃないかなあ。中島も流れて行くから2人の距離が遠すぎると思う。
しつこいが、中原には真ん中でフィジカルを活かしたプレーを望む。
DFは何とかという外国人FWをよく抑えたと思う。
今回も、DFのアクシデントを引きずった状態のときにやられてしまった。
岡山のファイトは十分買うが、スパッと一柳に代えて良かったのではないだろうか。
アクシデントへのベンチの対応に???
頭からすばしっこい3人を使ってみてくれないかなあ。
関口・飛騨・西山の3トップ・・・・・。
高さは望むべくもないが、相手は間違いなくやりずらいと思う。
うちの子どものチームに小型西山がいて、とにかく凄い運動量とアグレッシブが信条。
毎試合、相手チームはその子に手こずるハメになる。特に大型DFはまとわりつかれる感じでやりにくそう。
それを見ているものだから、
そりゃあプロと小学生を同じにはできないのはもちろんだが
それでも、かき回し3トップを見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

良くなってきているかな

アウェーの横浜戦。結果は、1-1のドローでした。内容的にはシュートまで持って行けるケースが結構あって、攻めに関してはかなり連携も良くなってきていると感じました。決定力という言葉でひとくくりしてしまうと相変わらずなのですが・・・。勝つべき試合だったことも事実ですね。
収穫としては、西山ではないでしょうか。スピード・キレもなのですが、立ち向かうスピリットを感じさせる選手ですね。相手が疲れてきて、スペースができてきた時間帯での投入は非常に効果的な選手だと思いますが、一方で、ゲームの入りで相手を押し込んで主導権を握ってしまいたいときも効きそうです。
先日出場した飛騨もキレのいい動きが目に付きましたし、関口も十分な状態ではないようですが、それでもシャープな動きができていたと思います。
梁・永井とこれらの選手がうまく絡むとチャンスが生まれていました。
FWとの関係では、中島はフィットしているのですが、中原はもうちょっと時間がかかるかも知れませんね。
他の選手との距離とか動き出しのタイミングとかもう少しかなという印象です。
いずれにしても、これから下位相手の試合が続きますのでしっかり勝ち点を積み上げて欲しいです。
それと、木谷の具合が心配ですね。大事がないことを祈りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »