« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

ねじが緩い

いやあ、まいった!
早々に2-0というスコアは波乱含みと言うが、それにしても今日も後味の悪い試合内容でドロー。
PKはやむを得ないとしても、木谷のミスはボールを持ち出す方向が逆。持ったときに見方と被ったのは仕方ないのだが、DFの基本として、相手がいないならまだしも、あそこで中に持ち込むことは×××。
でも、木谷にはがんばってもらわなきゃ困るから、引きずらずにしっかりプレーして欲しい。
これで振り出しに戻ったと言うより、湘南が勢いづくところだったが、ユアスタの女神はホームチームに大きなアドバンテージをくれた。
なんと、湘南が退場者2人を出して、残りロスタイムまで見込むとおよそ20分。
圧倒的に有利な立場となったベガルタ。
当然ボールも支配できるし、チャンスも窺えるのだが、ゴール前を固める湘南に工夫が足りない。
細かいパスを通すのだが、おとりになったり無駄走りする選手がいないものだから
どうにもゴールをこじ開けられない。
シュートコースが開き、打てるタイミングでも合わせる選択をしたりで
DFを引っ張り出すような工夫が足りなかった。
やってる選手は一生懸命なのだが、ここで大事なのはベンチワーク。
どうもベンチから崩し方についての指示が出ていたのかよくわからない。
攻めているという状況は続いていたが、単調でギアチェンジが感じられなかった。
ベンチワークとギアチェンジが何かというと、
選手交代も遅いし、ベンチの勝ちに対する執着・執念・気迫がどうも伝わらず
そのままの流れで時間が過ぎて行った。
パパ的には後から入れる選手の順番も違うんじゃないかと・・・
パパだったら、まずは中原。
平瀬はお疲れだったかも知れないが最後まで使ったと思う。この試合で勝つことは非常に重要だし、前線での平瀬のうまさは、周りに次への時間を与えてくれている。
いずれにしても、過ぎてしまったことではあるが、熊本戦で自ら流れを切ってしまったのが大きい。
一方で、収穫もあったね。
生田中を見て感じたことは、運動量と縦への突っ込みは中島の方が鋭いが、視野の広さと技術は田中の方が上かな。
初スタメンですぐさま得点した運に期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

すべてはPKなり

福岡に0-2の完敗。
全体的に動きが重く、特にDFラインの連携が悪く、両サイドバックのところがスカスカ。磯崎はゲーム感が明らかに戻っていない状態で、競っても負けるし、走り負けるし、間合いを詰められずボンボン放り込まれていた。田村のサイドもちぐはぐな動きが目立ち、ラインがそろわないので、センターバックもあたふたで何回も裏を取られる始末。それでも何とか持ちこたえていた中、永井のドリブルからPKをゲット。アウェーで、しかも押されぎみ、攻めあぐねている状況だったので先取点は流れを引き寄せる絶対のポイントだった。
そういう意味では、永井の中央突破は見事。
で、PKのキッカーは中島。自信がないのかボールを置き直したり、時間をかけたりでちょっと心配になる。助走を始めて、1・2・ドン。やばいと思った瞬間、弱気なボールが放たれ、GKがしっかりキャッチ。
あれは、タイミングが素直すぎるし、体が蹴る前に開き気味になってしまってすっかりコースをGKに読まれてしまったね。
意気上がる福岡。焦れる仙台。
そして後半、セットプレーから先制され、カウンターで追加点を取られ万事休す。
熊本とのゲームからチームのバランスがよくない。
ボランチ・DFの部分を相当にいじったことが歯車を狂わせた原因だと思う。
せっかく安定して戦えていたのに、相手を甘く見たような手を打って
返り討ちにあったも同然。
まず、一柳・岡山ではないと感じた。木谷の状態がどうにも悪かったのなら仕方ないが、岡山の方がこのところ安定感に欠けていたし、一柳ならカバーリングタイプの木谷との組み合わせでは・・・と。
さらに、一つ前の永井まで替えてきたのだから。
平瀬・永井の使い方に配慮するのはわかるのだけれども、それとセンターバックを不安定だった選手に替えるのをいっしょにやってしまったことが納得できない。
調子のいいときに流れを変えるのは良くないというのは、ある意味経験的に裏打ちされた常識だと思う。
4連勝くらいで思い上がっちゃいけないと言うことを今日の福岡は教えてくれたということ。
話は中島に戻っちゃうが、彼は無理な体勢からでも柔軟にシュートを打てる、言い換えれば瞬間的につま先だけでも触って得点するようなタイプではなく、自分のタイミング・フォームで打つほうなのでそこのところが今自信を持てなくなって、土壺に嵌ってしまっているように思える。
そう言った迷いが、中島の良い点だったチェーシングとか裏を狙うキレとかまで鈍くしているのではないかな。
FWの仕事は点を取るだけではないとも言うが、でもそれはチャンスメイクとかの役割もあると言うことであって、得点チャンスに点が取れないということにはあてはまらないだろう。
ちょっと休ませてあげたら良いと強く思う。
そして、爆弾発言的に言えば、ほんとに中島がFW向きなのかもよく考えた方がよいのでは・・・。
なぜなら、素人の分際でこんなこと言うのも・・・なのだが
パパはSBやらせたら結構行けるんじゃないかと密かに思っている。
まあ、とにかく、監督にあっては1試合1試合、相手に敬意を払って奢ることなく、
泥臭くても勝ち点3をもぎ取る姿勢を望む。
そして、ボランチとFWの補強。
頑張れ、ベガルタ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

取りこぼしなり

終始試合を支配するも、ミスから失点し、ミスで勝ち越すことができず、またまた下位チームにドロー。
それにしても、88分の中島のフリーのGKとの1対1は決めなければならないだろう。
タイミングとしてはダイレクト、ちょっと滑ったようだが、それでもワントラップでシュートじゃないのかなあ。
あそこで思い切り悪く、まごまごしてしまってDFがゴールマウスの中を固めてしまって
遅れたシュートはそこにぶつけてガクッ!
その前にも、ロングボールから抜け出してフリーとなったが、そのときは慌てて蹴って枠外。
迷いがプレーにはっきり出ている。
ボールを追いかけ、裏を狙う動きや前線からの守備は確かに貢献していると思う。
しかしながら、出し続けて自信を回復させようと言うのはどうなのだろう。
出してもらっているというプレッシャーも相当ではないかと思う。
きっかけがあれば吹っ切れるのは、それはそうだが・・・
ちょっと休ませてもいいんじゃないかな。
最後に、先発メンバーについて一言。
余裕の起用をしている状況ではないのでは・・・
流れを変えない、
勝つべきときに万全を期して勝つべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

残り15分に強いなあ

前半は山形の運動量が抜群で、ベガルタのDFラインの裏を狙うという明確な戦術だった。長谷川がフィジカルで踏ん張り、根本がちょこまかと動き回り、翻弄されっぱなしで、0-2で前半を終わったときは正直言って「こりゃあ駄目だ。」と思ってしまった。
後半になって、ベガルタの攻めに動きが出てきて、早い時間帯に平瀬のヘッドで1点返したのがターニングポイントだったかな。
それにしても、平瀬って肝心なときに肝心な場所に居て、結構泥臭いプレーもするねえ。
ごっつぁんゴールに近いけど、あそこに入って行ってることが素晴らしい。
動きが出てきたことによって、山形も後手を踏むようになり、堪らず止めにかかって2枚目のイエローで退場者を出してしまった。
その後は、数で勝るベガルタがボールを支配し、攻め立てる展開。
しかしながら、ちょっとやり過ぎの感もあって、ミスで自らチャンスの目を潰すことも散見。
残り15分で、連勝の要となっていた由紀彦・中原を相次いで投入。
そして、中原の強烈シュートがバーから跳ね返ったところを梁がボレーで決めて同点。
バーの跳ね返りは、突然バカーンと来るので慌てることが多いのだけど、
難しいボールをきっちり決めてくれました。
その数分後、梁からのクロスから由紀彦が決勝点を決めて逆転勝利。
今日の試合後のスタジアムはまるでJ1昇格でも果たしたような雰囲気。
久しぶりの盛り上がりで気持ちよ~く帰宅。
熊本・福岡と連勝を期して、乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

ベテランパワー

甲府に勝って3連勝。ここのところベテランの味が冴えて、チームの落ち着き・安定感が勝利に結びついている。
全体的には甲府の高い位置でのプレスとボール回しに手こずった感はある。特にセカンドボールを相当な割合で相手のものにされていた印象が強い。しかし、そう言った中で数試合前のドタバタ状況はなく、相手のミスにも救われたが、広島戦同様に耐えながら、チャンスを窺う感じだった。
先制点は、永井から平瀬、岡山と繋いだものだった。この場面では、ベテラン3人の冷静な視野が相手DFの乱れをうまく突いたもので、言わば無理のない、力みのないさらっとした、でも味のある素晴らしい得点だったと思う。
岡山のシュートも、これまたハーフボレーで難しいタイミングなのだが、力まずしっかり押し込んでくれた。
追加点も、由紀彦が出てきてすぐのタッチで狙いすましての中原のヘッドアシスト。
中原も広島戦で自信が着いたのだろう。とにかく真ん中でしっかりターゲットになるようになったのが大きい。
その昔、岩本-マルコスという得点パターンがあったが、由紀彦-中原のパターンが定着したら、従来の繋いで崩すパターンに飛び道具が加わることになるので得点力は間違いなくアップ。
チームの安定感・調子は間違いなく上向き。
次節山形戦は楽しみ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

さすがに

アウェーの広島戦は、ロスタイムに中原のヘッドが炸裂して勝利。今まで、ロスタイム失点というガックリパターンが多かっただけに、その逆を広島相手にやってのけたのは乾杯!
しかし、さすがに広島は強いね。選手個人のテクニックがしっかりしているのはもちろんのこと、個々の戦術眼のレベルが高い。
結構パンチの撃ち合いになったが、その広島に粘り勝ちしたというのが総じての印象かな。
萩原がリーグ初出場ながら、落ち着いて、時には果敢にゴールマウスを守ってくれた。相手のシュートが何本かバーに救われるラッキーもあったが、DFが最後のところであきらめずに寄せに行っていたり、GKが前へ出たりというところのプレッシャーが最後までできていたと思う。言い方を変えると、相手が広島と言うことで、選手たちの緊張感とか集中力が高く、裏を何度も狙われていてDFラインの危うさはあったものの中途半端なプレーがなかった。
中原もやって欲しいプレーをして得点してくれた。中原には、今までも書いてきたが、サイドに流れるのではなく、ヘッドの強さとかフィジカルの強靱さという自分の特徴を活かして真ん中で勝負して欲しかった。今日は、残り10分くらいから相手の疲労にも乗じていいパフォーマンスをしていたと思う。
得点前のニアに頭で突っ込んだプレーも良かったし、得点シーンはまさに強さと高さでDFの前でボールに触ったもの。これからもあのプレーを見せて欲しい。
課題は、他のFWとの距離。
真ん中での中原の強さ、中島の裏狙い、平瀬のポジショニングと周りを活かすプレー・・・
FWそれぞれの特徴を一つの試合の中で上手く組み合わせて使って行ければよいのでは。
それと、汗かき役の関口・梁は今日も奮闘していた。
今のベガルタのエンジンはこの2人だね。
まあ、とにかく連休最後にスカッとさせてもらって
気持ちを高ぶらせて11日のホーム甲府戦に参戦できるなあ。
最後に、勝って兜の緒を締める・・・
ボランチとFWの補強はお忘れなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »