« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/19

ラッキー

ボールの支配率ではベガルタだったものの相変わらずの決定力不足で無得点。(この表現はもう何回使ったことやら・・・)草津の決定的なシュートが2度バー直撃で、引き分けはベガルタにとってはラッキーだったかもしれない。
サイドの上がりが遅く、またFWがキープしたり落とそうとしたときの真ん中の押し上げ、飛び出しも足りなかったように思われる。多分に高温多湿の状況によるものだったのだろうが・・。
それにしても、攻撃の引き出しと言うか、バリエーションがもっとほしいなあ。
中島は久しぶりの登場で、ずいぶんと精力的に動いていたが、これまた決定機を決められなかった。
梁・平瀬・関口・中原とみんなはずしていたけどね。
岡山が前半で負傷退場したので、ほんとは後半のきつい時間帯で永井のところに直樹を使うつもりだったかもしれないが、直樹を岡山の後のCBに入れたから、ちょっとゲームプランとしては違ってしまったのかな?
まあ、水戸も草津もチームとして良くなっているね。
そういう意味では、どこのチームも勝ち点を積み上げることがなかなかたいへん(広島を除く。)で、
団子状態はしばらく続くのだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

おやっ?

ホームセレッソ戦は0-0のドロー。
前半は押しまくられ、後半の途中からは押しまくり。
前半は、セレッソの技術と動きと速さに翻弄され、中もサイドもいいように使われたが、林の果敢なセーブで失点を免れた。セレッソの攻撃力を意識してなのか、ラインが深く、攻めに転じるときでも、全体としての押し上げが効かず、平瀬がボールの出し所がなく首をかしげる始末。平瀬と関口の組み合わせで気になったのは、関口がサイドに流れすぎるというか、平瀬との距離が空き過ぎだったこと。逆にそうであれば、飛騨とか梁がもっと真ん中の空いたスペースに入り込まなければならなかったと思う。中盤も、飛騨のところで守備が甘く、結構周りがその穴埋め的に動かざるを得なく、ボランチも田村もきつそうだった。左サイドの磯崎も中盤とのコンビがいまひとつで、攻めてくる相手に対して行く、あるいは中に絞るというところのタイミングがうまく行っていなかったように思える。結果ね攻めへの余裕がなく、守って終わった前半だった。
後半も、始めは前半と同じような案配で、ちょっと退屈になりかけていたが、飛騨→中原で流れが変わり始めた。中原が中に陣取り、関口が飛騨のスペースを担うことによりバランスが良くなったのとセレッソが疲れ始めて前と後ろの間隔が空き、押し上げがちょっと緩くなったし、スペースもできはじめたことによると見えた。
疲れが目立っていた田村に代えて田ノ上(ちょっと香川との関係で危険かなとも思ったが・・・)、平瀬→由紀彦で攻勢に転じ、終盤はスタジアムも大いに盛り上がったが得点はならなかった。
印象として、飛騨は攻めの駒として割り切りが必要では・・・、関口もトップはいかがなものか・・・、富田は安定してきた感がありボールさばきが良かった・・・、永井はいい選手なんだけど疲れてるなあ・・・、平瀬は周りが着いてこないのでイライラぎみかな・・・、磯崎は試合感がまだいまひとつなのか判断がちょっと遅いというか消極的かな・・・、
いずれ、ボランチのところでいい補強ができそうだから、噂のちびっ子超速FW補強と併せて、今年の夏は「ベガルタの夏」になって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/09

勝ちに文句は言えない

中3日をおいてのアウェイ鳥栖戦。2-1で辛勝。でも勝てば官軍。
前節の愛媛との試合を見る限りではあまり期待もできずにいた。しかも、気温も相当に高そう。
試合はベガルタペースで始まった。しかし、いつものごとくボールは持てるが、ゴールに近づくにつれてスピードが落ちるパターン。なかなかシュートまで行かない。
そんな中、梁がスルーパスに反応して決定機となるがGKに阻まれゴールならず。結局、FWの動きが足りず消化不良で前半が終わろうとしたときに、左サイドを崩されて折り返しを決められてしまう。
後半開始も、メンバー交代はなく、梁や関口ががんばるのだけれども、前半と同じく流動性の乏しい得点の臭いすら感じられないサッカーが続いたが、田中→飛騨で流れが変わり、飛騨の突っかけからFKをゲット。そこで、平瀬→中原で、梁のFKはその中原めがけて飛んでいったが、そこに岡山が飛び込んでヘッドで同点。そのへんから、押せ押せのベガルタ、ちょっと中盤から後ろの足が止まりかけた鳥栖となり、またまた飛騨が中央でペナルティエリア内に持ち込んだところを鳥栖DFが倒して、一発レッドのPK。梁がしっかりと決めて逆転し、そのまま逃げ切った。
今日は飛騨様様であろう。
田中は足もとはうまいと思うが、相手DFとの駆け引きや裏に抜けるスピードに難がある。オフザボールのときも突っ立って見ていることがチラホラ。
中原や平瀬のワントップで、飛騨・西山・関口のうちの2人をシャドーにして3トップ気味にするとか、中原ワントップ、平瀬トップ下でその両脇を梁と関口、ボラ2人でDF4人の4-5-1とかどうかな?
それと、田ノ上の右SB、富田は何気によかったんじゃない。
一柳は、もうちょっと集中力が必要では・・・・
また、中3日でホームセレッソ戦が待ちかまえている。
ガンバレ、ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

コメントに一言

試合後の監督コメントにどうしても一言言いたい。簡単に言うと主旨は「できれば今のメンバーでがんばりたい。どうにもならなくなったら補強も必要」とのことと思う。しかしながら、監督には、①今のチーム力をどう分析し、②昇格するためには何を必要とし、③そのためにどうしたらよいのかをどう考えているのか明らかにして欲しい。
本当に今のチーム力でなんとかなると思っているのだろうか。
どうにもならなくなってからの補強では意味がないのでは?
「来期を見据えての補強」などと言う表現は、今出る話ではないだろう。昇格する気がないと思われてもしかたないのでは・・・。
いずれにしても、相手に敬意をもって謙虚に、そしてどんな相手に対しても手を抜かないで全力でぶつかる厳しさのあるチームであって欲しい。
昨晩の試合直後に笑っていられる選手がいることが不思議だ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/05

なんだや!

ただいまユアスタから帰ってきました。愛媛戦は今季初のホーム黒星。0-1でしたが、内容的にもお粗末。攻めているように見えて、愛媛の戦術にしてやられた感じです。前半の梁のクリーンシュートがGK正面というツキのなさもありましたがね・・・。総じて言えるのは、ミスの多さとなかなかシュートまでいかないもどかしさが目に付きました。
後半、突然4-1-4-1でスタート(私にはそう見えた)。ところが、十分にこなれておらず、前4人が団子ぎみ。しかも、ワンボランチとの間に距離があったため、そこに3人ぐらい入り込まれてやられてしまったように見えた。
FWの前線での動きが少なく、ボランチの上がりも下がりも遅く、ピリッとしない試合だった。
まあ、選手は一生懸命やっているんだろうけど・・・。
監督の戦術の引き出しが足りないんだろうなあ。相手チームの研究・対策も足りない。
ベガルタよ、しっかりしろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »