« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/24

相手に敬意を

今日の徳島戦、勝った試合を見事に流してしまいましたね。何があったかは知る由もありませんが、あの戦況でFW2枚を代えて、流れが徳島に傾いてからボランチを交代し、交代したボランチの不要なファウルからFKを直接豪快に決められて引き分けとなってしまいました。でも、その前に完全にDFが振られて度フリーで打たれたシュートが相手のミスで枠外だったラッキーがあるので、引き分けで済んだとも言えるかもしれません。でも、トータルのチャンスからすればベガルタの方が多かったし、ナジソンの決まったと思ったヘディングシュートを見方の平瀬がブロックしてしまうと言う珍事もあったから、やっぱり勝ちを逃したと言うのが正解でしょうね。
いずれにしても、何回も何回も言ってますが、相手ゴール前でコチャコチャやり過ぎだと思います。
今日の得点だって、カウンターからシンプルに縦につないで最後に関口が切れ込んで即シュートという時間をかけない攻撃でした。
相手にブロックを作られてしまうとどうにも手をかけすぎてしまいますね。
終了直前に関口がサイドを破って戻して、梁がシュートミスしたのが何とも惜しかったですね。
でも、それも単純な攻撃でした。
さて、ボランチでは斉藤がクレバーなプレーをしていましたね。
DFは、どうして一柳が使われなくなったのでしょうね。
木谷・直樹ではスピード系のFWに対応するのはつらそうですよね。
永井の交代時期が今日も後手になってしまったと思います。
今日も勝てなかったのに試合後に笑える選手がいるんですよねえ。
やっぱりJ1に行きたいと思っている選手は少ないというのは本当なのかなと思ってしまいます。
選手起用で感じることは、
監督の選手に対する好き嫌いがかなり強いように思えます。
結果が出ていなくても使い続けられる選手もいれば、
ちょこっとチャンスは与えても結果が出なければすぐに出してもらえなくなる選手もいますね。
選手を育てる、チームを育てるということを監督はどう考えているか聞いてみたいものです。
そして、今日の選手交代(FW2枚交代)は相手を甘くみているような采配でしたね。
いつものことながら相手に敬意を表し、真摯に戦ってほしいです。
ポジティブな面としては、ナジソンはやっぱうまいですね。CKでも相手DFのマークをさらっとかわしているし、周りは見えてますね。
中原との組み合わせも見てみたいですね。
若手にチャンスを・・・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/16

つまらん

ホームでの山形とのダービー。
今日も前節に続き多くの観客でスタジアムは盛り上がったのだが・・・
内容は、これまた前節に引き続き完敗。
広島には実力の違いを見せつけられたが、
山形には組織力と気持ちの強さを見せつけられた。
非公開練習をしたようだが、これまた広島との時もそうだが
何も変わっていないように思える。
こまごましたサッカーで進化が見られずつまらない。
迫力がないから相手も怖くないだろう。
攻撃のスピードがゴールに向かうにつれてダウンするし、
ゴール前へ駆け上がる枚数も足りない。
勝てる気配が感じられないからつまらない。
これはもうはっきり言って監督を代えなければズルズル行ってしまうのではないか。
我が家は年チケ5席なのだが
家族からは、
「楽しくない。おもしろくない。
次からはパパ一人で見に行ったら・・・。
年チケも来年からはパパの分だけにすれば・・・。」
と言われる始末。
この頃は毎回こんなことしか書けないのも情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

力の違い

日曜日の広島戦は、久々にユアスタ本来の雰囲気(18000人越えの観客があってこその盛り上がり)の中で行われた。首位広島との直接対決と言うこともあるのだろうが、周りには、寿人や柏木を見たいという人が結構いた。
ある人は感慨深げにこう言った。
「寿人のいた頃は、勝っても負けても、選手にもサポーターにも『熱いもの』があったし、マルコス・シルビ、保一、寿人、テルなどその人のプレーを見たいという華があった。しかし、ここ数年のベガルタは三流企業で、J1昇格なんて言ってるが、本気でそれに取り組む姿勢がなく、選手も精神的にプレッシャーに弱いのが多く、監督も素人然でおもしろくない。観客の目は正直だからね。おもしろければ見に行くし、つまらなければ行かない・・・ただ、それだけ。でも、ベガルタはその単純なところがわかっていない。だからスポンサーも逃げていく。」
全くそのとおりだと思った。
みなさんはいかがでしょうか。
さて、試合は完全に広島の力勝ち。
3ボランチは、かえってラインを下げてしまい、前線との距離が空きすぎて、その間延びした空間で広島にいいようにボールを回され、左右に振られていた。
直樹がセンターバックの間に入ってしまい、結局5バック、2ボランチの状態だった。
前半はゴール前のところで人数をかけて何とか凌いだ感じだが・・・、
広島との一番の違いは、選手個々の技術・スピード・判断力。
それに加えて、
ダイナミックにボールを回しながらアグレッシブな攻めを基本とした広島
ボールを回しすぎてミスでボールを取られてカウンターを浴びるベガルタ
自分個人としてはつなぐサッカーは好きだが、
手数をかけすぎはいかがなものか。そこのところが、ベガルタの手詰まり感で、改善が見られない。
たまに大きなサイドチェンジはあるものの、
サイドでコチャコチャするプレーが多すぎる。
もっと大きな展開を入れて、ボランチがもっと前線に駆け上がるようにならないと
得点力アップは厳しいのでは・・・
ただ、ナジソンは片鱗を見せてくれたと思う。
技術的にもうまいし、パワーもあると思う。
最後に、カウンタ-を浴びたときに戻らない、戻れないチンタラ歩いてるボランチは不要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

主審が・・・ベンチが・・・

主審の名前を聞いたとたん、何か起きそうな予感が・・・。
試合が始まると予感的中。
まずは、平瀬が決定機をはずしてガックリときたら、なんとその前のところで平瀬に渡ったセンタリングがペナルティ内での甲府DFのハンドでPK。
梁がしっかりと冷静に決めてベガルタ先制。
しかしながら、甲府の新外国人に振り回されてDFラインが下がりすぎ、カウンター狙いの引き気味のフォーメーションが自陣ゴール前での張り付き状態。
セカンドボールもほとんど拾われ、完全に主導権を握られる。(まさかあれが戦術ということはないだろう・・・、引き気味でなく引きすぎだもの)。
そんな中、磯崎負傷退場で木谷イン。
木谷の動きがいまひとつだなと思っている矢先に、新外国人コンビでセンタリング→ヘッドで同点。
木谷は相手の前(ボール側)に付いていたものの相手に一瞬で前に入られきれいに決められてしまった。
今度は、その数分後、FKからまたその外国人にヘッドで決められ逆転される。
ところが、甲府の手こずっていた外国人が2枚目のイエローで退場。
CKから中島が久々に、ほんとに久々にゴールして同点で前半終了。
後半は、はっきり言って人数の多いベガルタが攻めあぐねのまま試合終了。
なんであんなにも攻め手が無く、決定力がないんだろう。平瀬のヘッドは相手GKのファインセーブだったけど・・・
同じパターンで試合内容がおもしろくない。
斎藤の投入はあったものの、ベンチの勝ちに対する積極性を疑う。
いつも選手交代が遅く、受身対応型の交代が多いように思われる。
でも、斎藤はなかなか良かったと思うし、ナジソンに期待か?
全然話が変わるが、
EeePC901Xという59,800円のノートパソコンを先月発売日におもしろがって衝動買いしてしまった。
ところが、こいつはなかなかの名器だ。
Atomという最新の省エネCPUやSSDというハードディスクに代わる記憶装置が入っていて、
その容量が少ないのだが、
WindowsXPproを特別なソフト(nLite)で不要な機能を削ってインストール。
RAMディスクやら何やらとにかくいじりがいが満点。
挙げ句の果て、バッテリーの持ち時間が実用で5時間をゆうに超える。
モバイルとして、ちょっとパソコンがいじれる人に超おすすめしたい。
それにしても、ベガルタよ・・・勝つ氣があるならもっとハードワークしてくれよ・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »