« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/23

あいかわらずだなあ・・・

横浜戦、あんなに多くのサポーターが現地参戦したのには、やっぱりベガサポは熱いなあと感激しました。かく言う私は首等の負傷により凄く行きたかったのですが断念、スカパー!観戦でした。そんなサポーターの思いを受けて、選手たちも頑張ったのでしょうが、結果は着いてきませんでした。痛恨のドロー・・・、実際は負けなくて良かったというものでした。
2ボランチでは後ろが持たないということですね。
同じ選手に同じようなところから2度もやられたことが問題ですね。
飛び出してくる選手と前線で動き回る選手への対応がタイトでなかった。
根本的な問題として、ベガルタのCBは速さに弱い、そしてサイドは抜かれるのを嫌って厳しく行けないというのがあり、どのチームもわかっているから得点されるときは同じような崩され方だと思います。
3ボランチだと、球出しの供給源のところをある程度抑えられるんですけど・・・。
昨日は、やっぱり横浜を甘く見た行け行けの戦術だったのではないでしょうか。
今シーズン、いくつもこういう試合がありました。
攻めまくって、力を見せつけてやるみたいな感じで試合に臨み、結果、リスク管理が甘く、弱点を突かれて勝ち点を積み上げられなかったのが何試合あったことやら。
昨日も、前半の前半で試合を我がものにするような意気込みだったらしいですが、その時間帯に先制されてドタバタしてしまってはお話になりません。
選手にプレッシャーという見方もあるかも知れませんが、私にはそうは見えませんでした。
ベンチワーク、監督の意識の問題だと思います。
自分たちのサッカーをやることはたいせつだけれども、
相手に敬意を払い、相手をしっかり研究し、相手の良さを消すこともたいせつ。
この時期、先制されるような試合運びはやってはいけないこと。
あと2試合勝てば自力でJ1への道は開いているのだから
とにかく頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

梁のFK

宮スタの駐車場は、出るのにだいぶ混乱というか、時間がかかったようですね。我が家は、後ろ髪を引かれつつも87分くらいに席をたち、周回路を歩きながら残りを見たのでいち早く駐車場にたどり着いて、スイスイと出ることができました。
さて、試合の方はさすがに広島はうまい。終始自分たちのペースというか、間合いを保ちながらバイタルエリア付近からのギアチェンジでスピードアップする。
寿人の得点も、磯崎を背にして体を預けながら自分で打つコースをちゃんとつくっているがさすがですね。
出足も読みがいいのでベガルタより早くボールに触れるんです。
それと、選手と選手の間隔がいい距離を保って、パスが出せるところにちゃんと顔を出すんですよね。
ストヤノフが効いてましたね。
一方、ベガルタは1点は取られたものの、全体的には3ボランチが効いて、バランスは悪くなかったのではないでしょうか。
菅井の得点も素晴らしかったです。
惜しかったのは、相手GKのハンドからの梁のFK。
ちょうどセットしたボールとゴールポストの延長線上から見ていたので、壁のニアサイド側があいていて、GKもファー寄りに立っていたので、壁の脇を低いボールで巻くようにニアサイドに蹴って欲しいと思ったのですが、梁の蹴ったボールはファーサイドに大きく流れてしまいました。
もうひとつ、GKにはじかれたすばらしい梁のシュートもボールの軌跡の延長上にいたので、一瞬入ったと思ったのですがね・・・。
梁、関口、中島、菅井、斉藤、永井、林はがんばりましたね。
DF陣も踏ん張ってはいたのですが、ラインコントロールミスってオフサイド取れずに危ない場面があったり、クリアでいったん切るのか、つなぐのかが中途半端なと言うか意思疎通に欠ける面が見受けられました。要修正ですね。
それでも、ほんとは勝ち点3が欲しいところでしたが、よく引き分けたと思います。
結果、湘南は追い越すには2つ勝ちを上回らなければならないし、セレッソも3つ全部勝たないと追い越せなくなりました。次節は、その湘南とセレッソの直接対決ですしね。
まあ、山形に水をあけられましたが、上も下も何が起こるかわかりません。
残り3試合をとにかくしっかりものにすることがすべてだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »