« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/29

平瀬絶好調だよなあ

直上のライバルだった水戸に2-1で勝って、4連勝、順位も4位にアップ。
湘南と甲府の直接対決でドローだと3位の可能性もあったのだが、湘南はなんと田原・アジエルの2人が退場で甲府の攻撃をしのぎきれず0-1で負け。
次節はセレッソとの直接対決なのに2人を欠くのは痛いだろうなあ。
まあ、ベガルタは今の段階ではよいポジションにいると思う。
今日の試合も荒田をしっかり抑えて
落ち着いた試合運びができていたのでは・・・・
さあて、関口の前半終了間際のシュートは思い切りがよくて見ててもすっきりしたなあ。
梁の相手パスのカットと関口に流したボールの質が最高だった。
残念だったのはソアレスの出番がなかったこと。
それはそれとして、
平瀬って絶好調だよね。
運動量は決して多くはないけど、ポジション取りや顔を出すべきところを知っているのが素晴らしい。
今日も、ポストに嫌われたヘディングシュートや入ったかと思われたけどオフサイドだったシュートなどいいとこに出てくるよねえ。
余談だが
実は今日もスポ少の全日本予選のため宮スタには行けず後半からのスカパー観戦。
前半分は録画観戦だった。
全日本予選の4年生の二男のほうは、6年たった2人、5年6人、あとは4年という弱体構成ながら1勝1引き分けと善戦。
小学生くらいだとモチベーションがけっこう勝敗を左右するね。
それはそれとして
次のホームは5月5日・・・駐車券もゲットしたし、今度は是が非でも行きたいなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/26

ソアレスよくなってきているなあ

何か突破口のないまま終わりかけていた前半の残りわずかの時間帯、
朴の強引な仕掛けに相手がファウル。
このチャンスに梁の貴重なFKで先制。
後半も開始早々に梁の本日2点目となるFKが決まった。
どちらもゴール右上に巻いて入ったきれいなゴールだった。
後半の半ばになると熊本のプレスがめっきり緩くなり、したい放題に近い状態になったのだが
如何せん相変わらず決定力不足。
残り10分を切ったところで平瀬に代えてソアレスを投入。
まだ慣れていないなあという感じはあるもののパワーでゴールに向かう姿は徐々に調子が上がってきていることを窺わせた。
簡単にはひっくりがえらないから相手DFは嫌だろうと思う。
相手GKのこぼれ玉をさらってゴールに流し込み初ゴール!!!!!!
抜こうとして相手DFに引っかかることも多いのだが
間合いとかがもう少し馴染んで覚えればかわせるようになるだろう。
あのフィジカルなので相手より前に入ってしまえば止めるのは大変ではないかな。
だんだん楽しみになってきたね。
え~と
今日気づいたこと・・・・
エリゼウって守備範囲が広いんだけど、たまに行き過ぎがあるなあ。
引きづり出されて、サイドで被って真ん中が薄くなるときがある。
まあ、それでも貢献度はピカイチだからしょうがないかな。
去年は、調子よく乗り込んだアウェー熊本戦でこけて
そのあとの福岡戦をおとし、
歯車が狂ってしまったと記憶している。
それから考えれば
過酷な過密4戦の初戦を3-0で飾ったから幸先よし。
8連勝くらいしたいね!
頑張れベガルタ・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

勝てばよいとは言うものの

既に3敗していることやセレッソ・湘南の力からすれば、とにかく負けない、なんとしてでも勝ちつづけてくっついていくことが大切なのだから、昨日の栃木戦は勝てたから「よし」なのかなあ???
セレッソ戦もそうだったけど、あまりにも攻めあぐねじゃないかねえ。
ここ2戦、前半で3点入っててもおかしくないんだけど、
だけども録画を見てみると、前から言っているように相手ゴール前で「やり過ぎ」なんだよなあ。
崩しているようには見えるが、相手は完全に戻りきっているから最後のところでは決めきれない。
カウンターは、いいタイミングで出れるときがあるけど真ん中が薄かったり・・・
選手1人ひとりの戦術眼がまだまだということか。
後半の15分くらいになると運動量が落ちて前と後ろが間延びして、
中盤が相手を捕まえきれなくなってしまい、
バランスが崩れてしまう。
2ボランチのうち、斎藤の相棒に運動量が豊富で当たりに強い選手が欲しいと思う。
冨田は足下とかうまいと思うけど、守りはプレーが軽いし、どうしても競り合いで分が悪い。
そこのカバーでCBが引きづり出されたり、梁も関口も結構しんどいのではないかなあ。
本日の最後は、
ソアレスはどんどん使うべし。
曽我部が見たい。
以上
頑張れベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

やっぱり決定力が、と言うか・・・・

宮スタに行けずまたまた自宅観戦。
結果は1-2でセレッソの香川にワンチャンスを個人技で決められてしまった。
まあ、香川にボールを出したマルチネスを進入させてしまったところがポイントだったのだけどね。
それにしても香川のボールコントロール、両足を巧みに使えるのときっちり枠に蹴り込めるのは、やっぱ凄い。
そう言う意味では、ベガルタは決定力があまりにも・・・・
チャンスはつくれているし、玉際でもガツンと行っていたので、
ただ内容的には悲観するほどではないと思う。
あえて言えば、後半の後半は縦に急ぎすぎて相手DFが自分の方のゴールに背を向けてプレーできていて
あれではなかなか点を取るのは難しいかな。
どうして前半のように左右サイドを上手く使って攻めないのかと感じた。
それはそれとして、決定機から言えば
ベガルタの勝ちでもおかしくなかった。
なんであんなに枠に行かないのか????
枠を捉えられないのが多すぎだよなあ。
ソアレスを使い続けるか、真ん中でがっちり勝負できるFWを補強するしかないのでは・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

おっ、勝ったじゃん

凍てつくような寒さの宮スタで、凍てつくような内容で負けた甲府戦。
ドカンと一発に沈んだ湘南戦。
二つの試合の失点1はやむなしと言ったところかな。
DFはエリゼウの加入で凄く安定していて、大崩れする感じはない。
特にエリゼウのよいところは、局面でフィジカルの強さを活かして「あわてない」、「安全な選択」がしっかりしているところではないだろうか。はね返す能力は素晴らしい。
ボールを持ってからも、攻めへの起点となる球出しができているところも魅力では・・・
そして、エリゼウに引っ張られて広大も頑張っている。
エリゼウがいることによって思い切りやれてる感じがする。
それはそれとして、
巷で言われているように、得点力が半端でなくどうしようもないと思っていた。
引き分けも、負け2つも決めるところで決めていれば勝ち点3を取れた試合だったと思う。
そんなわけで、今回のヴェルディ戦は仕事でスカパーが見れない悔しさもあったのだが
まあ、大黒のスピードにやられてしまうのではとちょっとばかり期待していなかった。
ところが・・・・
ネットで確認すると3-1の勝ち。
3点も取れたとはバンザイ。
自宅でパソコンの録画をゆったりと味わったが
エリゼウの同点弾は凄かった、彼の「頭」は毎度迫力があるねえ・・・
中島はようやく取れたね。
ああいうふうに「点」でパチンと合わせられるようになると得点は増えると思うなあ。
彼の場合は、スピードもあるし、体も強いし、パワーもあるし、足の振りも速いけど
「力み」が強いんだろうなと思う。
ゴールに流し込む意識をもっと持ったら・・・・・
田村もごっつぁんゴールだったけど、あそこに居たことに拍手。
全体的に噛み合っていたのでよい試合だったのではないかな。
今までは、
相手ゴールに近づくとなぜか「うまさ」を見せたくなるのか、
「やり過ぎ」の感が強かった。
結局、固められた相手守備に引っかかって終わっていたけど
今日ぐらい歯切れ良く攻めれば点は取れると思う。
今のサッカーは手間をかけて時間がかかればかかるほど得点機会は少なくなる。
ワールドカップの分析でも得点率の高いのは
DFが自陣に向かってプレーせざるをえなくなるようなアーリークロスだそうである。
すべてがそうだとは言わないが
「えぐる」ことばかりで狭い領域で人も手間も時間もかけて攻めるのではなく
ダイナミックに攻めて欲しいものだ。
さあ、
セレッソを叩くぞ!!!
がんばれベガルタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »