« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/28

自分のイメージ

昨日も諸事情で宮スタ参戦できず、スカパーのリアルタイム観戦もできず、ようやく早起きして録画観戦。
まあ、どっちもどっち・・・、1-1は内容的に妥当な結果だったかな。
それにしても、徳島強いなあ。
甲府を負かしてくれたのはありがたいが、うちにとっても危ない相手になったね。
徳島はセレッソから補強した柿谷が凄い・・・当たりくじを引いた感じ。
さて、ベガルタはと言えば
中盤の底がシャキッとしないなあ。
ゲームをうまく捌き、コントロールするのはボランチの役目。
ベテランの持ち味が活かせるところではあるけど
斉藤はともかく
直樹・永井ではきついなあ。
良いところは持ってる選手だけども
それ以上に運動量や集中力、カバーリング、マークがどうも・・・・・・
結局、OMFが下がってくるからトップに流れるように繋がらない。
梁・関口が過酷な状況になっている。
運動量の豊富なボランチの補強が必要では。
話は変わって
今の監督は、采配・選手起用を見ていると
選手に対する監督の持っているイメージと戦術とのマッチングが固いね。
これは良し悪しの問題じゃなくて
好き嫌いがはっきりしている人なんだろうね。
自分の戦術イメージに選手をあわせさせる。
選手の個性を活かす戦術ではない。
安定した戦い方としてはひとつのやり方だろけど
若い選手はなかなかチャンスをもらえないし
モチベーションがたいへんかな。
選手を世代交代させていくという
長いスパンでのチームの底上げ、強化という面ではいかがなものかな。
監督は当然「自分のイメージ」でチームをコントロールしなければならないのだけど
是非、若い選手にももっともっとチャンスを与えて欲しい。
若い選手は、ひとつの経験・きっかけで飛躍する可能性を秘めている。
世界的に見れば、
10代で、あるいは20歳そこそこでトップチームで活躍している選手はなんぼでもいる。
うちの若手がそこまでのレベルかはともかく
若い選手にチャンスを!
7月は上位陣の直接対決月間
ここが踏ん張りどころ
頑張れ、ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

この1勝は大きいかも・・・

前節のベルディ戦に引き続き、オフザボールの動きが悪く、ソアレスがアウトして直後に先制されたときは、「またじゃないか!」と思わず叫んでしまった。
関口の同点弾が決まり、82分くらいのところで中島が冷静に頭で押し込んで逆転。
湘南が負け、セレッソ・甲府が快勝している状況にあって、落とせないゲームだったから、この1勝は大きなものとなるかもしれない。
とにかく、トップになることは必要ないけど、トップ4チームの団子から落ちこぼれるわけにはいかない。
試合の内容としては、先制されてようやくエンジンがかかったという感じ。
暑さからなのか、ボールをうける動き、ボールをはたいてからの動きが良くなかったと思う。
それから、やっぱり左SBのところの攻撃力が物足りない。
3日後の土曜日には札幌戦。
選手も疲労が蓄積しているだろうけど、連勝して欲しい。
がんばれ!ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

中盤がちょっとなあ

このところ安定感を増してきているヴェルディなので、苦戦は予想されたもの。
広大の気合いの入ったヘッドで引き分けに持ち込んだという感じの試合だったかな。
感じたことは3点。
1つめは、中盤の底、ボランチがボールを奪われたり、戻りが遅かったり、マークを外してしまったりが気にかかる。
2つめは、左SB。田村も一柳も、朴を見てしまうとちょっと迫力に欠ける。実際に、プレーも中途半端で簡単に放り込ませてしまうことが気にかかる。
3つめは、ソアレスの扱い。守備を要求して、そのためかどうかポジショニングが裏を取るぞみたいな感じになっていない。前線でふらふらしているのが彼の怖さだと思うんだけど・・・。それと、何回も書いているのだが、彼を替えると相手の押し上げが出てくるんだよねえ。統計取ってみたことないけど、感覚的には彼がピッチアウトになってから点取られていること多いんじゃないかなあ。気にかかる。
と言うことです。
ソアレス・中島を使い分けるのはありかなと思うんだけど、中原はどうも・・・・・・・・。
元甲府のサーレス取りがほんとなら、しっかりポストできてタメをつくって落とせる選手だからよい補強になると思う。
でも、ボランチ・・・斉藤の相棒の補強がこれからを乗り切るには必要じゃないかなあ。
梁も関口も、結構下がってボール受けているから前線とうまく繋がらないことがちょこちょこ見られるよね。
梁なんかは、もっと前でプレーする時間が長くなってほしいなあ。
とにかく正念場はこれから。
湘南は勝っちゃったけど、セレッソと甲府はおつきあいしてくれてるんだから
ガンバレ、ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

ベンチの考えがよくわからない

アウェー福岡戦は、0-1の完封負け。去年もやられて、また今年もやられてしまったね。
パスミスからカウンター一発で沈んでしまった。
テレビだったからよくわからないのだが
3人に攻め込まれたときに、DFの数が足りてなかったのは
どうしてかなあ・・・
エリゼウが上がっているときのリスク管理のルールが???
SBが両方とも上がってしまっていたのかな
まあ、負けてしまったことはどうにもならないのだから、次に切り替えて欲しい。
でも、・・・・
ソアレス・平瀬に代えて出すメンバーがよくわからん!
帯同させた持ち駒があれしかなかったということなのだろうね。
まあ、勝てるチャンスはあったのだけど・・・
何回も書くけど、シュートはゴールマウスに入ればいいんだから
そんなに目一杯力入れて蹴らなくてもいいんだけどね。
とにかく、切り替えて次の試合に臨むこと。
ガンバレ、ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

調子はいまいちながらも4連勝

過密なJ2日程により、選手たちの疲労も蓄積されていて、なかなか抜けなくなっているのだろう。
先日の岡山戦に続き、今日の岐阜戦も全体的にボールを持っていない選手の動きが鈍かったように思える。
それでも、カウンターでしっかりと点を取り、そしてがっちりと組織を固めた試合運びで勝ち点3を着実に奪取できていることは、選手一人ひとりの経験値が上がり、自信が身についてきていることにほかならないのだろう。
一言で言い換えれば、「強くなっている。」と言うことかな。
ちょっと単調な試合の中で、1点目のシーンは今日のハイライトだったね。
斉藤からのDF裏へのすばらしいパスと抜けて折り返した梁のキレ、
一瞬DFを置き去りにしてアウトサイドで決めたソアレス
ペナルティエリアのまわりをグダグダつないで相手に引っ掛かるより
ドリブルがからんでも、ポンポンとワンタッチ、ツータッチでシュートに繋がるプレーが好みなんだけどね・・・
ところで、試合後のコメントを見ると、どうも監督は、ソアレスの守備がどうもご不満のようですね。
まあ、欲を言えばきりがないじゃないのでは・・・
このところ何試合もソアレスの得点で勝ててるじゃないですか。
見てると、確かに掴み所のないというか、組織的な動きでないというか、
簡単な決定機を外したりなので
うわぁ-、すげえ!というような感じはあんまりしないかもしれない、
でもね、根っからの「点取り屋」なんじゃないのかなあ。
得点を重ねているという事実があるし、
得点チャンスが来る場所に「居る」というのが何よりもFWとしての「才能」だと思う。
「動かないから」「守備をしないから」ということで彼を引っ込めても
相手としてみれば「やられる」恐怖から解放されるので
押し上げやすくなると思う。
そう言う意味では、ピッチにいることによって、相手への威圧にもなり、守備への貢献はしていると思うのだけどね。
ソアレスに代わって入る選手が彼以上の「働き」をしているかどうかは・・・???
いずれにしても、パパはソアレスのある意味「不気味」さがいいと思う。
ある場所では、FW補強の噂もあるようだが
補強ポイントはボランチだと思うんだけどなあ・・・
はてさて、どうなることやら。
なんだかんだ言っても、勝てば官軍、
次節もしっかり勝ち点3をゲットしよう!
ガンバレ、ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/04

勝ち点3取ったから・・・

岡山に研究されていたようで、あちらはワントップで中盤を厚くしてきた。DFラインもかなり裏へのボールを意識したような守り方で、いくつかの決定機はあったものの、どちらかというと岡山にしてやられた感じの前半。後半開始早々朴の再度突破から梁のシュート(だと思う)のこぼれ球をソアレスが決めて先制。
これは後半怒濤の攻めかと期待したのだが・・・・
前半と比べてゲームに動きが目立つようになったもののこれまた決定機をミスり、追加点ならず。
そうこうしているうちに、審判の仕切りが前半から曖昧だったのだが・・、中原の負傷からのピッチインでイエローが出たあたりから荒れ模様。
中原の2枚イエローでの退場で数的に不利になり、さらにびっくりする6分のロスタイム。
こんな中、逆に選手の集中が高まったようで、1点を死守して勝利。
上の2チームが引き分けたので、勝ち点差2まで迫った。
下からの甲府の追い上げが気になるところではあるが
まあ、この時期、このあたりで定位置を確保して、上を厳しくうかがうあたりがいいんじゃないかな。
審判のことは、いろいろ燃え上がっているようだが
確かにゲームコントロールはできていなかった。
しかしながら、中原の2枚目は後ろから行ってるし、イエロー。
むしろ、中原にはあそこでああいうプレーが必要だったか
チームに与える影響とかをよく考えてやってほしい。
しばらく宮スタに行けず、やっと行けた今シーズン2度目
テレビとは違う全体が見えるというのは、さすが現地
そこで感じたことを2つ
ひとつめは、ボランチのポジション、というか直樹がDFラインに近くなりすぎて
まえをスポっとあけてしまうことがあり、そこに入り込まれていたかな。
ふたつめは、裏へのボールを意識してか、DFラインが深い。
結果として、前半なんかは前と後ろが間延びした状態でうまくつながっていなかった。
とは言っても、しっかり勝てるバランスを保持しているとも言えるのでOKかな
さあ、次も勝つぞ
がんばれ!ベガルタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »