« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

またやってくれました

岐阜の運動量が落ちず、このままドローかと思われたロスタイム・・・・
朴のセンタリングはカーブを描きながら、直前にマークしていた相手DFからちょっと離れて入る場所を空けたおいた中原のその「入る」予定のところへ落ちていった・・・
ヘッディングで打つ場所としてはゴールから遠目ではあったが、ピッタリ合わせたシュートはきれいにゴールマウスに吸い込まれていった。
もう、やっぱし劇的な勝利としか言いようがないだろう。
その前に、ソアレスからのセンタリングを外しており、ほんとはあそこで取らなくちゃあならないんだけどね。
とにかく、勝利の勝ち越し点を奪取したんだから純粋に中原・・・よくやった。
全体的に、岐阜に走り負けでゲームをコントロールすることができずに、ミスから再三のピンチ・・・失点。
梁の壁が跳んだ足下を狙ったFKから前半のうちに追いついたのが勝利につながった。
芝が濡れていて、ボールが走るのと、あの位置からだと普通は右上の角を狙うんだろうけど、GKがそこを意識していたようだし、それと梁のボールの曲がりではゴールに近すぎるというのもあったかな・・・
ポストにはあたったけどいいシュートだった。
ソアレスは、やっぱし相手から見たら絶対に怖いよねえ。
何するか、何が起こるかわかんない・・・、味方もそうかもしれないが、予測が立てにくい選手。
チームとしては使いずらいんだろうけどね。
私はソアレスをもっともっと使って欲しい派。
うろうろしてるだけで相手DFは目を離せないというか、2人での対応を考えておかなければならないと思うから、それだけでも相手の押し上げの抑制にはなるからね。
まあ、あとは中盤がピリッとすることと
関口が大人のプレーをしてくれること
冨田が自信を持って果敢なプレーをすること
このへんがこれからのキーポイントになるかな????
次はこの頃へこんできたヴェルディ戦
これも勝たなくちゃあ・・・
頑張れ、ベガルタ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/24

勝つにこしたことはないが

アウェーでの湘南との直接対決は、エリゼウのクリアミスから先制点を許したが、途中出場の中原が朴からの速くてドンピシャのセンタリングを高いヘディングで決めて同点とし、引き分けに終わった。
アウェー戦だし、負けたら痛手は大きかったから、引き分けはまずまずかな。
前節と同じで、守備ブロックを崩さない、攻めるときも相手カウンターを念頭に置いたバランスを重視した試合運びだった。
その分、攻めの厚みとかは今ひとつではあったが、トレードオフの関係だからね。
中原も足下や動きだしはまだまだだけど、打点の高さを生かしたヘッドで得点を重ねて自信がプレーに現れてきたように思う。
自分のアピールポイントでしっかり結果を出しているのはよいこと。
一方、気になっているのは菅井。
フィジカル的に十分じゃないように見える。
キレが彼本来の姿ではない。
今シーズンは、なんか乗り切れていないねえ。
順位表見たら、
勝ち点1の差に4チーム・・・・・
プラス水戸様の足音が聞こえてきている。
鳥栖も、ヴェルディも「これはどうなることやら」と思ったが長続きせず、水戸も今の調子が続くとは思えない。
いつまで4強で行くのやら・・・
どこかが脱落してくれると楽な気持ちになれるだけどねえ。
ちょっと湘南が累積警告貯まってきていて、次節はアジエル出停、田村とか主力がリーチになっている。
うちもCB2人がリーチだけどね。
セレッソもマルチネスが警告量産型だし怪我らしい、香川も2試合出停リーチ、カイオも現在3枚。
甲府も、マラニョン・ダニエルが第3クール後半に2試合出停になりそう。
と言うわけで、それぞれ出停を補いながらの試合が求められる。
累積警告はボディブローみたいなもので、他から比べたらベガルタはその点は優位かも。
個人的憶測としては意外にセレッソが厳しいかも・・・・
次節はホーム岐阜戦、
勝つぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/17

お~勝った、勝った

苦手の四国でのアウェー徳島線は、梁の一発を久しぶりの完封で守り抜き、勝ち点3をゲット。
徳島の出来がいまひとつだったのか、ベガルタの守備ブロックが堅かったのか、
そのへんは微妙ではあるが
このごろ、辛口ばかり書き続けてきたけど
今日は全体として安定していたことを評価していいかな。
まあ、追加点をしっかり取って楽な試合運びに持ち込めるようになって欲しいねえ。
観てる方も、1点差は笛が鳴るまで何が起こるかわからないから
よそ見もしてられないよ。
とにかく、次節の湘南戦は勝つ、勝つ、勝つ・・・・!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/15

補強なしだって????>?

今朝の河北新報記事によると、監督は補強なし宣言をしたとのこと。
秋に入っていくからベテランも動けるようになると踏んでいるのかな?
幾度となくボランチ補強のことは書いてきたし、巷でもその必要性は言われている。
監督は、本当に今のボランチで十分と考えているのだろうか。
それとも、補強したかったけどできなかったのだろうか。
何人かの選手の試合後のコメントでも、
明らかにボランチの運動量不足や攻撃力不足(運んだり繋いだり)を指摘している。
ボランチが上がっていってパスミスしたり、取られたりすると絶大なピンチにつながり、
そう言ったところからカウンターを浴びて失点したりしている。
ミスは誰でもあることだし、ミスを突いていくのがサッカーでもあるのだけれども
ミスが起こってからのところで、直樹と永井には大いに不満である。
取られたら取り返すが基本。
組織・戦術云々言っても、局面は一対一。
そこでがんばれなければ次の展開(プレー)には持って行けない。
ミスったら、取られたら、必死になって取り返す、戻るが基本。
しかも、ボランチというポジションは攻守の繋ぎなのでボールが一番集まるところ。
そこが、動けない・動かないでは如何なものか。
梁・関口がボランチの下までボールを受けに来たり、
CBの前ががらがらになったり・・・・・
相手チームはよく研究していて、CBの裏を狙ってきているが
そこに至るまでのところでこちらのボランチを振り回し、
両サイドから正確なボールを入れさせている。
最終的な結果がどうなるかはともかく、
全勝して圧倒的な強さを誇っている状況にはなく、
上位4チームの中で抜けていかなければ昇格はないんだから
今の戦力で何とかなるではなく、
チームをパワーアップさせ、
より「強く」してJ1に上がるという姿勢が無くてどうするのだろうか。
こんなことを素人の一サポーターが嘆いてもどうにもならないことは承知、
でも言わざるをえない。
果たして、皆さんはどう思われますかな。
ついでに、ソアレスは使い込まなきゃ力は出てこないんじゃないかな???
細切れ使用は不向きと見ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/10

CK2発PK1発

前節の不甲斐ない敗戦から中3日。ホーム愛媛戦は、相手のプレッシャーがそんなに厳しくなく、ある程度ベガルタの球持ちでゲームを展開できた。DF陣は相当気を遣ってプレーしてたね。
先制点が取れたことで落ち着けたし、PKで追加点もゲットできたのはラッキー。
1点返されて、交代で入ったばかりの中原が高い打点のヘッドでダメ押しの3点目を取ったところで勝負ありだったかな。
相変わらずボランチはミスが多いし、動けていないんだけど、それでもこの頃の何試合かに較べれば、前への関わりは多かったかな。
まあ、押し上げとか攻撃の起点とか、切り込んでいくとかそう言った面でのボランチの切れ味がないので、なかなかテンポのいい流れの中での得点は難しいかもしれない。
サーレスがタメをつくっても、フォローが遅い。
もう少し全体的にコンパクトにしないとベガルタの持ち味が出ないかな。
気になるのは菅井のコンディション。
ここ1ヶ月くらいの状態は、疲れの蓄積なのか、故障気味なのかわからないけれども、攻守にわたり精彩がないなあ。
とにかく、今日でトップに勝ち点差4。上位の団子に入っていることがたいせつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/05

どうにかなんないものか!!!!

開始5分で、FKから頭で押し込まれ先制される。
横浜がいいとは思えないが、ベガルタがひどい。
全然動けていない。
横浜には勝てるだろう的な「ぬるい雰囲気」が感じられる。
とにかく、このところ中盤を相手にいいようにされ過ぎ。
間延びしていて、なんと梁がボランチよりも下までボールを受けに来る。
足が止まっているのでボールの出し所もままならず、放り込みで終わってしまう展開。
と言うか、放り込みにも至らぬ展開。
後半になっても、逆転するというようなペースにのれず
しかも、「勝つ」という気迫が感じられず、完敗。
やる気のない選手、負けてにやけているような選手は外すべき。
若手にチャンスを与えてほしい。
疲れも蓄積しているだろうが、他のチームも同じ。
この3戦、甲府も熊本も横浜も、明らかにベガルタより走れている。
戦術的にも手詰まり感が漂っている。
流れから得点できる予感がしない。
もう、随分前から言っているが、ボランチをなんとかしなければこのままになってしまう。
攻めも守りも要のボランチがあれじゃあ・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/03

あぶなかったねえ

天童で子どものサッカー合宿があり、熊本戦は、天童からユアスタへ、終わってから再び天童へ戻るというハードスケジュールだった。
ちなみに、そんな中、天童のホテルの前でふと道路の車列に目をやったら、ベガルタの小旗をフロントウィンドウに貼り付け、中の親子はみんなでベガルタタオルを首に巻いているではないか!しかも、山形ナンバー!
モンテディオのお膝元で、ユアスタ参戦に向かうサポに巡り会うとは・・・ちょっとにやっとしてしまったのでした。
さて、試合の方は3-2で何とか勝ち点3をゲット。
総じて言えば、ちぐはぐ・・・攻めも守りも中途半端な内容。
このところの試合を見ていると、中盤が押さえられていない。
DFラインの前のところで自由にやらせ過ぎ。
確かに、CBのコミュニケーションの問題とか、裏への弱さとかはあるけれども、
真ん中のセンターサークルからちよっと入ったあたりから自由にサイドに捌かれ、SBの前のスペースをうまく使われて、そこから簡単にゴール前に入れさせすぎていると感じる。
バイタルでのボールの出し入れにもボランチがついて行けていない。
結局、ラインをズルズル下げる羽目に陥って、また押し込まれる。
中盤の底が落ち着かないから、ビルドアップでもうまく前線につながらない。
今のベテランボランチでは、中盤で突っかかって中途半端に攻めて、カウンター食らっているよりも、梁・関口も含めてブロックをがっちりつくって落ち着くことが大切かもしれないね。
大人のサッカーというか、落ち着いたサッカーになっていないなあ。
それはそれで、見る人はつまんないかもしれないけど・・・・・
良かった点はサーレス。
オフザボールのところで結構動くし、キビキビしていたね。
一生懸命プレーしているところがいいと思う。
ああ言う選手は大歓迎!
なのに、サーレスから中原への交代?????
その時点から前線でのボールが収まらなくなってしまった。
あそこは、平瀬からソアレス、中原を使うにしても平瀬アウトじゃないのかなあ。
試合前のシュート練習見たら、ソアレス調子上げているよねえ。
違うのかなあ・・・
プロなんだから、練習でなんぼ良くても、試合で結果が出せることが大切。
ベガルタはせっかく獲得した新人も移籍選手もうまく使えないよねえ。
トップは固定メンバーで、競争がないからがむしゃらさがないよ。
曽我部や飛騨や、何のために獲得したんだろう。
今の熾烈な昇格争いの中でチャレンジは躊躇するのも確かにあるが
逆に今のボランチや関口の状態で「良し」なんだろうか?
使えないというなら、紅白戦要員として居るだけなの?
練習も少なく、練習試合も少なく、サテライト戦だけでは育たないと思う。
過激になってしまったが・・・
ボランチに活力を
そして、若手にチャンスを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »