« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/29

高桑ありがとう

アウェー徳島戦は、ここのところの強さを発揮して4-0の完勝
ソアレスがフル回転・・・先制点は素晴らしいシュートだった
あのへんの枠に入れるテクニックは唸らせるものがあるよなあ・・・
さて、試合後、徳島の片岡と高桑の引退セレモニー
ベガルタの選手も高桑にあいさつ
そして、高桑も仙台サポーター席へ・・・
仙台での4年間は「宝」
いつか指導者として仙台に戻りたいとの趣旨の発言
外交辞令ではあろうが
ありがたいお言葉
ほんとにそうなればいいねえ
うちの奥方も長女も高桑ファン
にじみ出る人柄が誠実なんだろうねえ・・・・
高桑はベガルタがもがいていた時期に力になってもらった選手だから感謝
さあ、残り1戦
ホーム最終戦で優勝・・・盛り上がるだろうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/22

19063・・・

19063人・・・・
まぎれもなく満員のユアスタ・・・
最後の最後に大観衆の歓声が炸裂・・・
6年という長い時間は経たものの
ベガルタは間違いなく次のステージでの新たな歴史を創り始めた
セレッソとの首位攻防
互いにJ1昇格を決めているだけに
後のない切迫感という感じではなく
前向きの緊張感と闘争心をもって試合全体が展開された
中盤のつぶし合いも多く、相手の強い部分を互いに消すような感じだったので
見方によってはイマジネーションのあまり見えない試合だったかもしれない
しかしながら、
両チームのボランチの戦いは見応えがあったと思う
冨田・直樹がマルチネス・乾・羽田あたりをガンガン潰していたね
それと朴が攻守にわたり頑張っていた
その頑張りのご褒美が最後のチャンスだったのかな
それを見事に決めてくれたねえ
ユアスタのあの「雰囲気」のなかだからこそ劇的勝利が生まれたかも・・・
それから、仙台出身のセレッソのGK丹野研太君がベンチ入りしてましたね
お父さんお母さんは見に来てたのかなあ・・・
さあ、あと2勝・・・・
優勝するぞ・・・頑張れ、ベガルタ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府は急ぎ過ぎたかな

J1昇格にとって落とすことのできない甲府・湘南の大一番。
昨日の直接対決は、まさに両者入れ込み十分で、試合開始直後から後半ロスタイムのような激戦だった。
最後に、ホントのロスタイムに湘南が坂本の一発で劇的勝利をものにした。
内容的には、甲府が多彩な攻めで湘南を押し込む場面が多かったが
如何せん甲府は競馬で言う「入れ込みすぎ」というやつだったのかもしれない。
前へ前へはいいんだけど、最後尾が着いていけず、
間延びで中盤とDFの間にスペースができて、そこを使ったカウンターで早々に2発先行されてしまう。
その後、果敢に攻め立てて追いつくものの
ダニエル・山本を欠くDFは安定感に乏しく、連携がいまいちだったのが悔やまれる。
私見としては、
甲府は、ゲームへの入りのところでもっと落ち着いて構えるべきだったのではと思う。
それにしても両者の気合いの入ったゲームは見てる方も力の入る好ゲームだった。
そう言ったチーム・選手のがんばりは感動ものだったのだが
残念だったのは主審のゲームコントロール・・・
明らかに警告を出し過ぎではないかな
黄色い紙に頼ったゲームコントロールはお粗末
・・・・
さあ、今日はセレッソ戦だあ!!!!
久々に満員のスタンドかあ!!!
よ~し、気合い入れて参戦するぞ・・・
頑張れベガルタ!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

前とは違うね

昨日の水戸戦は、チケットは何とかメインスタンドを入手できていたものの、息子たちのサッカー大会が入っていて「ダメ」だろうなあと思っていた。
それがインフルの関係で、二男の方の大会が延期、そして長男の中学新人県大会は予定どおりの開催だったものの八木山中は学級閉鎖の子は出場不可で我が子が該当・・・、他の主力の多くも出場できず土曜日に1回戦敗退・・・・というわけで、グダグダ書いたが水戸に行けることにあいなったわけなのでした。
いざ行くとなれば「気合い」・「速攻」・・・
駐車場がどう見ても「怪しい」、てなわけで
夜中の1時半に出陣
4時半に現地到着・・・
おっ~、すでにいっぱい来ている・・・
そこから試合までの何と時間の経過が長いこと・・・とほほっ
まあ、それでもスタジアムに入ったら気持ちが「ピッ」とした
試合はね
開始早々に中島が相手DFの処理ミスをさらって豪快に先制したのがすべて
これでベガルタは落ち着きと勢いを手に入れ
水戸はモチベーションが落ちてしまったようだ。
水戸は主力2人を欠いていたのが大きかったのか
今年見てきた水戸ではなかった。
最後までDFラインが凸凹、中盤から前につなげていけなかったね
相手がそう言う状況になってしまったので終始ベガルタペース
直樹の頭一撃、菅井のごちそうさま、ソアレスの締め・・・
4-0の完勝でした。
さて、今年のチームはね
生え抜きの梁・関口・菅井・冨田・広大・中原がレギュラーに育ち
「まとまり」「バランス」の安定したチームになった。
去年の入れ替え戦の経験を経て
実際に掴むべきレベルを選手たちが感じ、
それに向かってのぶれない精神的な強さを身につけたかな
そして、長いリーグ戦を通じてステップアップしてきたように思われる。
林・エリゼウ・朴・平瀬・中島など他のチームから入ってきた選手も
うまくチームに溶け込みチーム力の底上げに大きく貢献した。
林は調子を落とした時期もあったが幾つ決定的なシュートをはじいてくれたやら
エリゼウはたまにやっちゃうけど、常に一生懸命プレーし、ゴール前の鉄人だった
平瀬は渋く周りを活かしてくれた
中島はねえ・・・・この選手どうなっちゃうのやらと心配したけど終盤活躍は自信になったかな
ソアレスは私は大好き
サーレスも一生懸命プレーするまじめ助っ人
そして、特に、あえて言えば「朴」がポイントだったかなと思う。
当初は「危ない」雰囲気が漂っていたが、
90分持つようになってから
しっかりした高い技術、パワー・・・花丸をあげたい
とかく「梁のチーム」のように言われる。
しかしながら、彼は核ではあるがチームすべてではない。
今年のチームは先にも書いたが「まとまり」のチームだ。
前にJ1に上がったときは、マルコスをどう活かすかだった。
そう言うい意味で、マルコスと岩本のチームだったかな
チーム全員で勝ち取った「昇格」・・・・
前とは違うね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/08

感無量

先刻水戸から車で帰宅
今日のアウェー水戸戦
ほかのチームがどうのこうのではなく
しっかり勝ちきり
結果として、他が負け・引き分けだったことにより
すっきり昇格一番乗りを果たしてくれた。
会場では、サポーターたちが他の状況をそれぞれに掴んでいたのか
ラスト10分くらいは一段と声援が高まり
終了のホイッスルとともに歓声がはちきれ
私も全然知らない周りの人たちや
一緒になった知人と喜びを噛みしめ・・・・
ん~、まさに「噛みしめ」だったなあ
知らず涙があふれてきて
感無量・・・
「その場」に居ることができたことに感謝
・・・
おめでとう、ベガルタ
・・・
いろいろ長い話は別途にしましょう・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/11/01

レポートに????

天皇杯大宮戦のレポートがJ'sGOALに掲載されていて、その内容がベガルタ関係の掲示板でもいろいろ話題になっている。
了戒美子さんというサッカー関係のフリーライターの方が書いているのだが・・・
まあ、大宮の立場で書いているのは、それはそれなんだけどね・・・
ベガルタが勝ったことをしっかり認めてほしいなあ
サッカーは9割ボールを支配してても、点を取れなくて取られれば負け
守備ブロック、攻守の切り替え・・・
それはベガルタの持ち味であって、
ボール支配を持ってして「すべてにおいて大宮が上だった」的な見方はいかがなものか
得点シーンも、
1点めは
梁のFKから中原の頭で折り返し、富田が合わせたヘッドがバーを叩いてこぼれたところを中島が押し込んだものだが、セットプレーからの得点は今年のパターンだし
2点目も
梁のFKが直接入ったもので、これも今年のパターン
また、
相手にボールをある程度持たせて、低めの守備ブロックで真ん中ではじき返すのも今年のパターン
そう言う意味では、
ベガルタがリーグ戦の戦い方をしっかり表現して勝利を掴んだもの
そう言ったことを知らずに書かれたレポートにはちょっと????
でも、選手たちには「勝った事実」を自信として、残り4試合を全力で駆け抜けてもらいたいものだ。
頑張れ、ベガルタ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YouTubeでもう少しお楽しみ

中島の1点目
失点のPK
梁のFKをゴール裏から

http://www.youtube.com/watch?v=NGNaSdm2OHY

http://www.youtube.com/watch?v=4vU0xJjNmhY

http://www.youtube.com/watch?v=roVKvjD4aaM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと素晴らしいFK

天皇杯・対大宮戦は、延長まで行って2-1の勝利。
なんと11年ぶりのJ1からの勝利とやらでベスト16入り。
現地にも行ってないし、TVでも見れなかったのですが・・・
梁のほんとに見事なFKが炸裂・・・
YouTube画像をリンクしておきましたのでご覧あれ

http://www.youtube.com/watch?v=NZ5rUzBbzqk

壁が8枚くらい、
その間をすり抜けて、ゴール右隅下に吸い込まれていきましたね
朴欠場、菅井前半早々交代というなかでJ1からの勝利は自信になったと思います。
天皇杯よりリーグ戦に集中すべきとのご意見もあるようですが
毎週の試合のリズムというか、試合感を維持する上では
昨日のような2週間リーグが空く真ん中での過密でない天皇杯はしっかり戦ってよいのでは・・・
特に、昨日のように強敵に勝ったことでチームの勢いも加速するし・・・
まずは、みなさん梁のFKをお楽しみください・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »