« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/30

来る来る

いや~、3人一気に来ましたねえ。
予定どおり???の高橋・鎌田
意表を突かれた太田
太田と言えば、昨年ケガする前まではジュビロのバリバリレギュラー
縦への速さ・迫力は凄かった記憶があります
ただ、十字靱帯損傷のケガ後はあまり試合にも出てなかったような・・・
今年の夏にヨーロッパへのチャレンジでジュビロを退団していたはず
守備への期待はあんまりできないと思いますが
ケガさえ克服していればサイドアタッカーですがトップでも使えるでしょうね
何度も書きますが、高橋はいい選手だと思いますよ・・・
出し惜しみをしないプレーがきっとチームを支えてくれるはず・・・
鎌田もボランチもこなせるし、起点になれるDFではないかと思います
前にボールを運べる選手は厚くなったので
できれば、安定感・展開力のある守備的ボランチが欲しいですねえ
そして、カウンターサッカーになる可能性が高いので
タメがつくれるか、あるいは超特急のFW
ソアレス・サーレスの退団がちょっと寂しいですけど
まあ、いたしかたないかなあ・・・・・・
関口・中原の契約更改はどうなってるんでしょうかねえ???
気になりますね
年内にすっきり更改して欲しいなあ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

よくがんばりました

天皇杯準決勝ガンバ戦は、そんなに甘くはありませんでした。
守備ブロックのギャップを見逃さずについてくるあたりはガンバの実力、
J1トップクラスの実力を見せつけられました。
遠藤・明神のWボランチの戦術眼は素晴らしい
一方、ベガルタは精一杯がんばってくれましたが
試合が2週間空いたのがちょっと影響してましたかね
それにつけても
来年J1で戦う上での課題がはっきり見えたように思います。
そういう意味では、ここまで戦えたのは良い経験でしたね
以前にも書きましたが、
中盤・・・特にボランチは何とかしないとまずいのでは・・・
富田はかなり力がついてきていますが
千葉はやっぱりJ2ではいぶし銀の活躍なのですが
J1では判断スピードが厳しいかな
とにかく、このポジションは絶対補強が必要だと思います。
あとはSBをどうするのでしょうね
朴はもう少しやれると思うのですが
調子に波があり、メンタル的にもうひとがんばりを期待したい
技術を生かし切れていない・・・・
それから
今日の試合、ソアレス投入のタイミングはあそこだったのかなあと感じました。
ガンバがリードして安全モードの場面で、しかも残り時間もわずか・・・
同点になって相手が攻めに入ったところが投入タイミングだったようにも感じられる。
まあ、いずれにしても今年はよくここまでがんばってきましたね。
選手たちにはほんと感謝です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/27

さすがだ!

さすが・・・・何が?
すみません・・・
ベガルタに関係ないんですが
常磐木学園のサッカー選手たちのことです
昨日、長男の中学部活チームが常磐木様と練習試合をさせていただきました
いやはや、たいしたものですわ
まずもって根性が違いますねえ
うちの長男なんか1年生と言うこともあるかもしれませんが
それでも身長は170くらいあるし、
50メートルだって7秒切るんですけど
追いかけられてチャージされて飛ばされてましたよ
それはそれとして、
技術が高いですよ
足下もうまいし胸トラップなんかビシッと決めます
FWの子なんかマーク外したり、DF裏へ抜けるタイミング・スピードが秀逸
GKの手の中に収まるまであきらめない
全国制覇してる実力はさすがですよ
ありゃあ、日本代表で日の丸背負う子がたくさん出るんでしょうね
さて、ベガルタも明後日はガンバとの天皇杯準決勝
両軍とも手負い状態のようですね
第六感・・・元旦まで行くんじゃあないかなあ
ガンバ戦は、トータルでバス50台とは凄いですね
新幹線組も相当いるでしょうから
多くのサポーターが国立に集結し、
ベガルタ旋風を・・・と期待しますねえ
29日は所用によりどうしても国立には行けないんで
元旦は是が非でも・・・・・
契約更改も関口・林・中原・ソアレス・サーレスなどがどうなるのかヤキモキしちゃいますが
今年の原型はしっかりつながることは間違いないですね
補強については
山形が田代・増田といい補強してますね
セレッソも韓国の若手代表などかなり積極的に補強してます
鳥栖に萬代が行くんですね
中山が札幌でビックリ
闘莉王が名古屋
稲本がどうなるかなど
今年は動きが活発な気がします。
そんな中、ベガルタは沈黙中
ビックネームにこだわることは全くないので
実力のある若手を取って欲しいものです
噂の鳥栖の高橋は間違いなく水を運べるいい選手だと思います
船山はダメだったのかなあ・・・・
天皇杯が過ぎたら一気の発表かなあ?????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

心意気がうれしいねえ

いや~、何と言うか・・・・
うれしいのひとこと
契約更改の第1号が梁選手とは・・・・
他クラブからのオファーも伝えられていた中
梁選手の心意気に感謝・・・・
思えば、梁選手が入団したての頃
うまいけどそんなにこれと言った特徴が目立つような感じではなかったと記憶している
レギュラーに定着し
キャプテンを担い
今年はJ2優勝で昇格、天皇杯での躍進
もはやこの人を抜きにしてはベガルタを語れない存在となったね
何が素晴らしいと言ったら
尽きることのない運動量、プレーの精度・安定感、・・・・・
ボールを持っていないときの動きがいいよねえ
そして、ボールを持ったらまず取られない
パスの成功率も素晴らしい
自ら点を取れるしアシストが抜群
それと、何よりも
サッカーに対する姿勢と言うか
サッカーに対して「まじめ」だよね
来期もベガルタの梁を見れることに乾杯!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

はて?足りないものは

昨日は川崎に勝ち、気持ちよく盛り上がれましたね
外は雲天ですが、みなさんもすがすがしい朝をお迎えなのでは・・・
さて、それはそれとして
昨日は通用する部分ともう少しかなと言う部分とがちらっと見えましたね
ジュニ抜きとは言えガチンコの川崎とやれたのは素晴らしくよい経験だったと思います。
29日はこれまたガチンコのガンバとやれるなんてたまんないですねえ
通用する部分は
組織的な守備と攻守の切り替えかな
もう少しのところは
1対1の技術・強さ、戦術眼、スピード、決定力
補強のポイントにFW・ボランチ・CBを上げる人が多いけど
結局それって各ポジションで底上げが必要っていうことですかね
まあ、そのとおりだと思います。
木谷が抜けたのでCBは必ず補強するとは思いますが
私としては中盤の運動量・タフさを厚くすることがたいせつかなと考えます。
中盤をいいようにされると真ん中ではじき返すにも限界があるし
消耗が激しくなって昨日の後半のような状況に陥る
J1の強いチームを見ると中盤にタレントが多いわけで
この中盤エリアで勝たなければならない
中盤から前への球の出所を押さえて攻めへの切り替えを速くすることが求められると思う。
そのためには、梁・関口に勝るとも劣らない選手と直樹に強さと展開力を足したような選手が必要だろう
昨日も速い展開から決定機がいくつかつくれていたが
ああいうところでしっかり得点することも必要だね
まさに言われ続けてきた決定力
補強がどういう展開を見せるか楽しみですね
・・・・
話はかわって木谷が鳥栖に決まりそうで・・・
よかった、よかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/12

チームとしての力

天皇杯準々決勝の相手は川崎フロンターレ
ジュニーニョが故障で欠場とは言うものの、テセや憲剛、谷口、川島など個々の選手でみればどう見てもうちより上
ベガルタは、今年の組織的な安定感とバランスの戦術がどこまで通用するかと言ったところがポイントだったと思う。
結果は、延長戦まで戦うという死闘の末、2-1の勝利
天皇杯準決勝に駒を進め、賞金2000万円ゲット
さすがJ1の強豪チームは、フィジカルも強いし、球の捌き、パスやセンタリングの球の速さがワンランク上だったが
チームという固まりで勝利をもぎ取ったね
いつもと違い田村がボランチに入ったが
よく頑張ったと思う。
何回か危ない場面はあったがCBのエリゼウ・広大もよくがんばった。
関口の圧倒的な運動量とスタミナ
菅井の積極果敢なプレー
梁の安定感
それぞれに持ち味を出した上でひとつにまとまっていて
まさに今年のチームの強さが発揮できたのではないかなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

テグ監督ごめんなさい

6年は長かったねえ
今年の51戦も長かったねえ
最終戦はテンションがジェットコースターで
チームもテンションが上がっていたのか
選手交代したらシーズン終盤の安定した守備ブロックやバランスを崩してしまって
なんかすっきりしなかったんだけど
その1戦がどうだったではなく
ここ数年生え抜きを育て
そして、1年間をしっかり戦った積み上げが優勝で昇格だからね
しっかりプライドをもって
かつチャレンジャーの精神をもってJ1に挑んでほしいものだ
実は
現監督の就任以来
その言動や「がんこ」な選手起用、そして「手堅すぎる」戦術に
どうも波長が合わないで来た
一方、選手からの信頼がとても厚いとも聞こえてきていた
この優勝・昇格を成し遂げたテグ監督には
謹んで「素人の目」を謝らなければならないなあ
「ごめんなさい」
ただ、ひとつだけ・・・「謙虚さ」は大切だと思いますよ
そう言えば、いろいろ補強の噂も出てますねえ
鳥栖の高橋、
愛媛の内村、
甲府の金、
札幌の上里、
鹿島の増田・青木、
ガンバの播戸、
柏の鎌田・下村・・・
果ては萬代復帰とか・・・・
逆にセレッソが梁にオファー出したらしいけど・・これは困る
今年はどのチームも大幅に選手の整理をやっているようなので
だいぶ異動があるかもしれません
わがチームにおいては、
補強は是非今年のチームをベースに発展させてほしいですね
まあ、
個人的には、鳥栖の高橋はいい感じじゃないかなあ
運動量も多く、ボールを持てるし、技術もしっかりしていると思いますよ
柏の鎌田もいいですねえ
DFとしては上背はないけど展開力があるからうちのビルドアップには向きますよね
今年はボランチで起用されてこなしていたし・・・
愛媛の内村もいい体してるね
いずれ、どういうふうになるのか楽しみですね
それよりも今週末は天皇杯川崎戦
向こうはリーグ優勝逃しているからガッチリ来ますねえ
これは楽しみですね
選手の皆さんには「浮かれ」は昨日でおしまい
モードを切り替えて
頑張れ、ベガルタ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/05

暗転・・・そして何が起こるかわからない

優勝を決する愛媛との最終戦
愛媛は辛抱強く守り
ベガルタは最後の決め手に欠き
時間が過ぎていった
そんな手詰まり状態の中
今年の武器だったセットプレーが炸裂
1-0のままロスタイム3分に突入し
このまま逃げ切って優勝かと思いきや
これまた今年の失点パターンで
中盤で取られてサイドの詰めが甘く簡単にセンタリングを上げられ
中はというと直前に足を痛めていた影響かエリゼウがうまく競り合えず
ヘッドで同点・・・
その時点でセレッソは勝っていたから
もう、みんな意気消沈
むなしくホイッスルが鳴り
優勝が手の中からこぼれたかと思ったら
なんと、なんと、セレッソが追いつかれたの報
サポーター席からテープが投げ込まれるやらで
思わずバンザイ
ところが
と周りを眺めると
2-1でセレッソの勝ちとか
引き分けとか
いや、
鳥栖の勝ちとか
いったい何がどうなったんだという雰囲気が周りを包む中
後ろの方からセレッソが1-2で負け確定情報
すっきりはしなかったが
優勝バンザイ!!!!!!!!!!!
セレッソが退場2人出して逆転負けとは・・・・
何が起こるかわからないものだねえ
いずれにしても
優勝だあ!!!!!!!!
試合内容的には、
・・・・・などなどあるけどね
まあ、ソアレス良かったし・・・
今日の締めくくりは
「めでたし・めでたし」ということで・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝がやってきた・・・

Wカップの組み合わせは、日本・オランダ・カメルーン・デンマークに決定
どの国と当たっても厳しいからねえ
いずれにしても日本はチャレンジャー
どこまで通用するか楽しみだ
ただ「勝つための工夫」は是非やって欲しい
かつて、日本のバレーボールは
高さやパワーを克服するため
回転レシーブやBクイック、1人時間差など秘密兵器を繰り出して
世界の頂点を奪取した
サッカーもまともにやったら世界の強豪に及びもつかないだろう
先に行われたオランダとのテストマッチも
前半は運動量で何とかなっても
後半はその反動が穴となって完敗
前回のWカップのオーストラリア戦もしかり
何か世界がびっくりするような「技」とか「戦術」とかが必要なのかなあ
例えば、今のサッカーは組織的に3列で
たまに4・3・2・1なんていう4列もあるけど
5・5の2列でスペースを与えず、
攻めの時にマークをわけわからなくするとか
後ろの5人の中にストライカーを置いて前をすり抜けさせるとか
相手PA内での競り合いはほとんど勝ち目はないから
小学校低学年の団子サッカーのように固まって入り込んでグチャグチャにしてシュートを狙うとか
・・・・・
でも、ベガルタにはJ1の舞台でも
今年のしっかりした組織的なサッカーをベースにした戦いを期待する
J1のパスと展開のスピードへの対応や攻撃力のアップは必要になるけど
現チームの「補正」できっとやっていける
フロントもこのチームの完成度を崩すような補強はしないと確信している
さあ、今日はJ2卒業式
今年貫いてきたサッカーの集大成を見せて欲しい
こんな朝を迎えることができることに感謝・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »