« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/28

PK2発

アウェーのガンバ大阪戦
天皇杯で圧倒的な力の差を見せつけられた相手
前半はしつこく我慢のサッカー
いくつかの決定的な場面もGK林が超ファインセーブ
後半になると
ベガルタも慣れてきたのか
ガンバの運動量が落ちてきたのかはよくわからないが
ボールを持てる時間が増え
攻められるようになって
センタリングに合わせようとした誰かをガンバDFが押してPK
梁が決めて1-0
ガンバは佐々木を投入して反撃
PA内に入れられたボールを受けて反転しようとした橋本を冨田が引っかけてPK
遠藤が決めて1-1
そのすぐ後に低いセンタリングをダイレクトで平井がクリーンシュートを決めて
1-2とガンバが逆転
もはやロスタイムの中でベガルタが気力で押し込みCKをゲット
CKのボールをガンバDFの山口が手を伸ばしてカット
信じられないプレーでPK
またまた梁が決めて2-2の同点引き分け
何と1試合に3本のPK・・・・
さすが主審は家本氏
山口のハンドは被ってしまうと後ろにベガルタの選手がフリーで2人いたから
あれはあれでやむを得ずだったのかな???
中原のドンピシャヘッドがバーを叩いて真下に落ちたのが入らなかったのが惜しかったし
冨田のこぼれ球ダイレクトシュートも枠をかすめていたね
全体的に自陣ゴール前の真ん中ではじくのは固いと思うけど
ギャップを通されてスピードで入り込まれるのに対しては
ラインの上下コントロールを含めてまだまだだね
特にSBのポジショニングが中途半端になると
ガンバクラスになるとそこの裏を狙って通してくる
直樹がなんとかバランスを取っている感じ
冨田も良くはなってきているけども
プレーの判断をもっと早くする必要があるね
今日はフェルちゃんがスタメンで入って
やっぱしボールを保持して運べる選手がいるといいねえ
ただし、なかなか攻めのかたちにならないからイライラの雰囲気が漂っていたかな???
まあ、いずれせよ
しぶとく勝ち点を積み上げることができたからOK
次は、ホームで鹿島戦・・・
どこまでやれるか楽しみだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

本田・・・

モスクワの本田株が欧州で急上昇してるとのこと。
CLでの活躍が目を引いているのだろう。
決して運動量が豊富だったり、
スピードスターだったり、
マジシャンのようなテクニシャンだったりではない。
例えば、日本代表に入って中盤に配されると
動きのペースがなかなか周りとフィットしないようにも思える。
しかしながら
ヨーロッパの屈強な選手たちの中で負けないフィジカル
そしてパワフルな左足
今までの日本人にはないタイプ
ないと言うよりはヨーロッパで成功した中田英寿に近いかな
中田は下半身の強さや卓越したボディバランスが特徴だが
本田は上半身が凄いと思う。
一対一で屈しない強さが特徴かな
日本代表は屈強な外国人選手とまともにぶつからない戦術
速いパス回しと運動量で勝機を見いだしてきた。
けども、
オランダとの戦い
遡れば前回のWCのオーストラリア戦
どちらも前半は日本らしいプレーで戦えるものの
後半になると疲れが現れ個々の差が出てやられてしまっている。
そんな日本チームにあって本田は救世主かもしれない。
前で張らせてみたいものだ。
さて、なんでこんな話かというと
ベガルタも強靱なワントップがいたら
フェルも、梁も、関口も、太田も
みんな生きてくるのよなあ・・・
縦の真ん中ラインがしっかりすることが大切なんだけど
当てて納めたり、捌けるトップが欲しいねえ
中原のお目覚めに期待か・・・・・
レイナルドはタイプが違うようだしなあ
・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24万回・・・ドイツ人好み???

TouTubeのベガルタネタの話
「ベ~ガ~ル~タ仙~台、GO、行くぞ仙~台!俺たちとと~もに、Ready Go !!!!」
皆さんおなじみの応援歌です。
前にもどこかで話題なってかと記憶があるんですが
YouTubeの
「ベガルタ仙台応援風景2」っていう投稿動画
24万回オーバーのアクセスですね
日本の
しかも決してメジャーじゃない地方クラブの応援歌
しかも同じパターンで歌ってるだけの画像なんですよ
それが24万回とは???
しかもですね
ドイツ人のコメントがやたら多いですよ
ドイツ人好みなんでしょうか???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/21

明らかにオフサイドだとは思うけど・・

昨日の京都のカウンターによる2点目・・・
お株を取られた感じでしたね
押し込んだディエゴは録画を見る限りにおいてオフサイドは明らか
誤審ですね
まあ、線審がラインについて行けてないのでしょうね
CKのときに後ろに富田を配すればあれは覚悟すべき事態
高さとスピードは富田の天敵でしょう
誤審うんぬんよりも
同点にすることも、逆転することもできたのに
できなかったことが課題ですよ
しぶとく勝ち点をものにするのがこのチームの特徴だったのに
昨日は違うチームでした
しっかり守り、キレのあるカウンターやセットプレーで得点する
そして勝ち点をゲットする・・・
J1ではそれがたいせつでは・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

もったいない

西京極でのアウェー京都戦は、
20本近くのシュートを放つも決定力不足と相手GKの超当たりにより
セットプレーからの1点止まり
一方の京都は数少ないチャンスをしっかり決めて2得点
結果・・・1-2の敗戦だった。
京都よりもボールを支配し、シュートまで持って行けてたから
内容は良かったと言ってしまえばそのとおりだが
判定勝ちがあるわけでもなし
勝ってなんぼのこの世界
負けは負け
J1での戦いはうまくスタートできたけれども
辛抱強く戦っていくことがたいせつ
今日の戦いぶりは、
ちょっと調子に乗ってリスク管理とか集中力が今ひとつだったね
京都の中盤が前後して出てくるところを我が方のボランチが掴み切れていなかった感じ
穴を埋めるという点での7番の貴重さが身に染みた一戦でした。
中原とフェルの組み合わせは個人的には好きではない。
梁をボランチで使うのも好きではない。
まあ、切り替えて次節から頑張ろう!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/13

がっちり守備してたよ~

ホーム開幕戦、大宮を迎えての試合は3-1で勝ち、2連勝を果たした。
ラファエルを欠いてはいたものの、一人ひとりレベルは高く、
両サイドから、あるいは2トップの速さを活かすべくDFの裏狙いの攻撃がパターンだったと思う。
磐田のつなぎながら絞り込んでくるような攻撃とは違うものだった。
まだ2戦目だけど、全体的にJ1のスピードやフィジカルに徐々に慣れてきたように思える。
特にCBはほんと頑張ってるねえ
ただ、ボランチのところが前節に引き続きドタバタ感が否めない。
あそこが落ち着かないとチーム全体がうまく回らないんだよね
ボランチって言うのはそういうポジションだからねえ・・・
私の期待の髙橋義希がなんとか早くフィットして出て欲しい。
それにしても、3点取ったのにはびっくり
2点取って勝ち越してからが長くて長くて、
ハラハラドキドキ・・・
3点目でちょっとばかり落ち着いて見れたけどね
何と言うか、フェルちゃん凄いね
この1枚の補強は「当たり」だ。
前線でボールを持てる、回せる、入り込むこともできるということで
今日もフェルちゃんが入ってから
戦況が変わったよね
それと、下馬評では「守備はしない人」だったはずなのに
がっちりと鬼守備してたよ~
監督からすると相手ボランチのケアをもうちょっとして欲しかったとは思うけど・・・
レイナルドも数分の出番でも前節とは別物になっていた。
壁パスからDF裏に抜けたスピードはなかなかこれからに期待を抱かせるものだったし
サイドチェンジのパスなども視野の広いところを見せてくれたね
一方、中島はスペースがある場面ではいい働きができているのに
肝心ところで
慌てるのか、準備ができていないのか定かではないけど
シュートチャンスを自ら潰しているのがもったいない。
いずれにしても、義希風に言えば、「勝てたことに感謝」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/07

ベガルタとセレッソ

昨日、ベガルタはジュビロを相手にアウェーで開幕戦を制した。
一方、同じ昇格組のセレッソは、今日、ベガルタが次節ホームに迎え撃つ大宮と対戦。
ベガルタは派手な補強はしなかった(できなかったのかな)ものの昨年のチームバランスを崩さずにピンポイント補強をし、昨日のゲームも昨期のシステムをしっかり受け継いで堅固な守備ブロックからしぶとく勝利を掴んだ。
チームとして戦術がはっきりしており、選手のそれに対する理解度も高く、安定した一体感が感じられた。
セレッソは積極的な補強を行い、攻めきることを今期のコンセプトに掲げており、ベガルタとは対照的に攻めることを前面に押し出している。
が・・・、今日の結果は大宮に3点を取られ完封負け。
DFラインにギャップが多く
選手の距離も遠く、
ボールを持たない選手の動き出しが少なく
そして、中盤から前に運ぶ段階でくさびをカットされたり
受け手と出し手にズレがあったりで
チームとしてのまとまりに欠けていた。
時間がたって完成度も増していくのだろうが
それと比較するとわがベガルタは熟成型進化を選択して正解だったのだろう。
あとは、高橋義希や太田、フェルナンジーニョ、レイナルド、鎌田が早いとこチームに溶け込んでくれることを期待。
それにしても、大宮のラファエルは相当な要注意だね
ゴール前であれだけ持たれると必ずどこかマークがずれたり、スペースができたりするよね
こりゃあ手こずるなあと思って見ていたら
終了直前、フリーでドリブルに入ったラファエルが自ら腿裏を抱えて転倒
攣ったのか、肉離れでも起こしたのか?????


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

いやぁ~・・しぶとく開幕勝利

7期ぶりに復帰したJ1開幕戦。
因縁のアウェイ磐田との試合は1-0でベガルタがしぶとく勝利。
梁はベンチスタートかと思いきやスタメン
そして、開始何と30秒足らずで先制点を叩き出した。
さすがと言うほかない。
中島がうまく抜けてえぐってからグランダーのいいパスだった。
その後は、関口からの完璧クロスを中原が足を滑らせて頭上通過させてしまうなど
いくつかのチャンスはあったがものにできず。
一方、磐田はパスをつなぎ、ボールを保持しながら攻めるも
ベガルタの堅いブロックに踏み込めずに前半終了
後半はベガルタが疲労してきて寄せが遅くなり始めると
ほとんど磐田がポゼッション
決定機があったが最後まで寄せ続けたことから
水戸から上がった荒田のシュートミスに救われ万事休す。
少ないチャンスをものにし
相手の攻撃をしぶとく跳ね返し続ける・・・・
非常にはっきりしたゲームプランで
今年のスタイルを予兆する試合だったのではないかな
エリゼウ・広大の両CBの出来は秀逸だった
そして富田の出来も素晴らしかった
ただ富田にはもう少し攻めの時にどん欲になって欲しいかな
シュートコースが空いたら打って欲しいね
直樹はバランサーとして穴埋めに奔走していたのだが
ミスがちょっと大過ぎだったねえ
高さが足りないけど高橋義希と富田の組み合わせに期待
中島・中原はまずまずの出来だっのでは・・・
ん~中島はアシストもあったし良かったという方かな
新戦力では太田とレイナルドが途中出場したが
どちらも持ち味を出せる状況ではなかったからよくわからない
ちょっと見なので何ともいえないが
噂ほどレイナルドのスピードは感じられなかった
でも、もう少し見なきゃわかんないな
是非点取り屋であって欲しい。
菅井は安定してたし、田村も後半途中に足をつるほど必死にがんばってたね
気になる点としては、
ボランチの底からの展開力に不満が残るが
しかし、貴重な勝ち点3をゲットしたからこれ以上は言うまい。
さあ、
いよいよ来週はホーム開幕
今日の勝利で盛り上がりは必至
いいぞ!VEGALTA!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »