« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/25

湘南相手に3連敗かあ~

今日こそは吹っ切られねばと言う湘南戦
CKからのヘッド一発で3連敗を喫してしまった
相手が湘南だけに痛い敗戦
一番大きな課題は中盤・・・ボランチがゲームをつくれないこと・・・
展開が遅くて先手を打つ攻撃ができていない
一方で急ぎ過ぎてのミスも目立つ
梁が押さえこまれてしまうと打つ手に窮している
まずもってボールをしっかり収めて前線へつなげていけるようにしないとまずいぞ
周りもカウンターとかを警戒してか上がりが遅い
それとFWが孤立気味で2トップの中原と中島の距離が離れすぎではないかなあ
3トップで両脇をウィング的に使うならだが
2トップで片方を開かせてしまうと後ろからの上がりが遅い状況ではいかがなものか
2列目がどんどん入っていかなければチャンスにならない
中原の頭に対する意識が強過ぎて放り込みになってしまっている
もっとスペースを使うサッカーの方がよいのではないか
その意味では中原は途中からが・・・・・いいのかなあ
まあ、してしまったものは戻れないから
次のホームセレッソ戦こそ勝って欲しいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

もっと自信をもってプレーを

ホーム不敗記録はついに途絶えた
ホーム神戸戦は0-1の敗戦
寄せが甘くなったところを都倉に打たれて決勝点を与えてしまった
まあ、1点は仕方ないにしても
取り返し、そして勝ち越すことができなかったことが課題
まず、全体的に出足が遅く
DFは前節を意識して裏を取られたりするのを怖がってか寄せが甘い
特に広大が不安定でもっと自信をもってプレーして欲しい
ビルドアップにミスが多く
というよりは、
最終ラインからボランチを経由して前へ運ぶといったところができていなかった
前へばかり急いで
神戸の守備網に引っかかっては逆に厚い攻めに遭っていた
ポンポンと前へだけでは難しいようね
相手のブロックへの出し入れやサイドチェンジを絡ませながら
「相手をずらす」工夫をしないと流れからはなかなか点が取れないかなあ
そういう意味では
梁の出来が今ひとつだったことと
関口が梁と絡んでうまく機能していない感じがする
ひょっとしたらフェルとの位置関係とかで
思うようにプレーできていないのかなあ
中原も高さだけではなかなか厳しいねえ
相手のボランチあたりにチェックをかけて行くには中島だし
切れ味で行くなら
太田とフェルを組ませることも・・・・
連敗しちゃったけど
J1チームはしっかり対策してくるから
これは想定内だよね
次に勝ち点を取れるように頑張ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/15

サテライト

ナビ杯のホーム京都戦は1-1の引き分け
大幅に選手を入れ替えたベガルタは
前半、チームとしてのバランスが悪く
斉藤と義希のボランチのところが連携が取れず
スペースを空けてしまい
京都に中盤を支配されてしまっていた
SBの田村のところも戻り遅れたり
逆に裏を取られるのを怖がってか上がりが遅かったりで
試合のために急遽選手を掻き集めたチームという感じだった
後半に入り、修正されて中盤の真ん中当たりが空かなくなり
落ち着きが出て攻める機会が増えるとともに
京都に自由に中盤を使われることが少なくなった
DFラインも最初のうちは不安定だったが鎌田も後半は落ち着いてやれてたかな
攻めに関しては
特に前半はボールを落ち着けて、あるいは収めて前へ運ぶ、つなぐ選手がいなかったから
チグハグだったね
そんな中、太田が個の力を存分に発揮していた
判断とそこからのプレーの速さが他の選手とは違っていた
一方、期待していた義希は・・・
ん~・・・・
相方との関係なんだろうなあ
役割分担ができていなかったよね
前ですっーと顔を出したり
アイデアのあるパスとかは出せていたのだけどね・・・
相方次第だけど直樹の代わりにはならないね
逆に直樹と組ませると良さが活きるかなあ
富田とのちびっ子コンビがどうなるかも見てみたいけど・・・
レイナルドは
ん~、こちらもよくわからん
はっきり言えることは
助っ人としては「おとなしい」
1人で打開していくパワーとか速さとかテクとか決定力とか
助っ人としてのりFWに求めるのってそう言うことだと思うんだけど
そのどれが長けているのかわからない
そこそこ守備もするしパスも出せてるとは思うんだけど
判断がうまくできていないというか
相手からすると「怖さ」がないよなあ
動きすぎの感じもするし
もう少し時間がかかるかも・・・
途中で平瀬に代わってから前線は落ち着いたよね
あれはあれでやっぱりベテランの味だったね
気になるのは前回も書いたが関口
自分中でストレスを感じながらプレーしているように見える
少なくとも体に去年のキレがない
まあ、ホーム不敗は続いたし
サテライトみたいな試合だった
週末、神戸にきっちり勝ちましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

清水が強~いと言うことで次がんばろう

首位清水とのアウェー。
前半戦はスポ少によりスカパー観戦できず、携帯チェック
後半も途中0-4からの観戦
なんでこんなに取られたのかと録画をチェック
と言っても何気に気は進まなかったのだが・・・
まあ、あんだけシュートが決まるのも凄いね
よく打っても打っても入らない試合とかあるけど
あんだけ入る試合も珍しい
まあ、3トップの流動的な動きと個々の能力に押されて
守備のしっかりしたブロックがつくれなかったね
そんなにボロクソに出来が悪かったとも思わないのだが
中途半端な守備をしていたかな
まあ、広大が永井に完全に振り切られていたけどね
いずれにしても
どのチームもうちのCBの裏を狙って
守備ブロックができる前に早めに「速さ」で勝負してくるだろう
となれば
そう言ったボールを容易に入れさせないためにも
中盤から前での早い寄せが大切になるけど
それも無闇矢鱈ではかわされるだけだから
どこのラインでツメに行くのか
その辺をしっかりすればこれからも大崩れはしないと思う。
一方、決定力不足はやっぱし困りものだね
0-1の段階で中原のヘッドが枠に入っていれば違った展開になったと思う。
中島も左からだと切り返してしまったりでシュートを打つ判断がちょっと遅い
それとどうも関口がうまく噛み合っていないように感じられるのは私だけだろうか?
収穫は、リーグ戦で初めて義希が出たこと
まあ、今日は清水が強かったと言うことで
次のホーム神戸戦に全力投球

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/08

勝てないな

セルビアとの代表戦
帰宅後に録画をみたが
ひどいなあ
CBのコンビがボロボロであんな簡単に裏を取られていてはどうしたものか
それにもまして
チーム全体としてのゲームコンセプトがはっきりしておらず
守備に入ったときの我慢強さがほとんど見られなかった
また
攻めに関しても
相手が守備ブロックを築いている状況では
周りをぐるぐるパス回しするだけで
突破に関するアイデア・戦術を持ち合わせていない
実際、WCでは日本対して守備ブロックを固めるチームはないだろう
しかしながら
かと言って、
粘り強く守って鋭いカウンターに持って行けるかというと
あの守備では持たないし
攻め上がりも遅い
長谷部や本田、憲剛、駒野、内田などが出ていなかったことや
遠藤も疲れ気味の不調と言うことを差し引いても
落胆の試合だったことに間違いはない
何をしようとしているかが見えないからブーイングを浴びるのだ
鹿島のオリヴェイラ監督がベガルタのことを
短所をわきまえ長所を活かそうとしている旨のコメントをしていたが
代表にこそ必要なことでないかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

藤井元仙台市長のご冥福を祈ります

敢えて藤井さんと言わせていただきます。
私は某大学で藤井さんのゼミを取っていました。
当時からとても気さくな方で、
早めに講義を終えて
私たち学生をしょっちゅう珈琲に誘ってくれました。
実は、今の仕事も
コンピュータ会社と迷ったあげく
藤井さんにアドバイスをいただいたことを覚えています。
ベガルタの応援で顔を会わせると
いつも「おう、元気か?」と言ってくれました。
市長という立場ではなく、一サポーターとしてホントにベガルタを愛していた方だと思います。
大分でJ2に落ちることが決まった日も
「来ずにはいられないよなあ」と言ってましたよ。
今日の鹿島戦
まさに試合が始まり
先制し
マルキが退場し
という時にお亡くなりになったんですよねえ。
藤井さんが勝たせてくれたんでしょうね。
がんばれ ベガルタ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝っちゃいました

ホーム鹿島戦・・・
マルキも内田も出場ということで
鹿島相手にどこまでやれるかが楽しみだなと思っていた。
午前中に子どものサッカーの試合があり
時間ぎりぎりに宮スタ到着
Eゲートまでの坂を上りながらキックオフのアナウンスが耳に入ってきた。
すると今度は大歓声・・・
ありゃあ、やられてしまったかと思ったら
ベガルタ、ムニャムニャ・・・と聞こえる。
なんじゃ!先制したのかと足を速めてスタンド内へ
お~、ベガルタが先制してるじゃん!!!!!!!
早々にマルキの一発レッド退場もあり
鹿島もガンガン攻めてくるわけにも行かず
淡々と時間が経過していく
1-0で前半が終わり
後半の半ば
中原が頭で流したボールに梁がするどく反応
併走するフェルに完璧なパス
フェルはドフリーでGKと1対1になり
冷静にきっちりゴールに流し込んで2-0
その後、小笠原からコオロキへのもの凄いパス一発で
DFが裏をとられて1点を返されてしまうが
そのまま逃げ切り「勝っちゃった!」
1点目を自宅に帰ってすぐにPCで録画確認したが
これも中原の落としから梁のスーパーシュートがあり
バーに当たっての跳ね返りをフェルが押し込んだんだね
最終的にフェルが決めているけど
2点とも中原→梁→フェル
中原がポストで踏ん張れるといいねえ!
それにつけても
鹿島の選手はやっぱり上手かったなあ
得点に結びついた小笠原のキックなんか
うま~く逆回転で受けやすいボールを蹴ってるね
それを受けたコオロキも
一瞬で付いていた広大と入れ替わって
広大が外側から追っかけることになってしまった
(基本的には内側から付いて外に追い出すようにしなければならないんだけどね)
体のこなし、スピード・・・さすがだね
いずれにせよ
王者鹿島からの1勝はデッカイぞ!
次も大物の清水
こちらもごちそうさまできるかな???
いいぞ!いいぞ!
がんばれ ベガルタ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »