« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/25

弱~

日韓戦・・・
日本代表にプログレスはなかった
コンディションの問題はあるにせよ
責め手の欠如・DFのもろさは改善されず
韓国のフィジカル・パワー・スピードに完敗
速く強い寄せに中盤でゲームをつくらせてもらえなかった
基本的にゴールへ向かう意識が相変わらず遠回りだ
スポ少から始まって代表まで
適切には言えないのだが
日本のサッカー育成のどこかが違っているのかもしれない
ベースとなる技術は当然必要なのだけれども
勝つための賢さとか、ずるさとか、ゴールへ向かう意識とかが足りない
長友のファイトを全員が持っていたらもう少し違った試合になったのでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

流れから得点

中学の部活の練習試合が成田中であり
その足でユアスタへ・・・
MCLの山形戦を見に行ったのだが
ちょっと寒かったね
バックスタンドあけてくれるとポカポカだったのに・・・
さて、
試合の方は、前半早々にレイナルドとフェルが決めて
そのあと山形が1人退場
1人減った山形を相手にフェルが縦横無尽
後半、フェルに代わって中原投入
前線の流動的な動きが少なくなって無得点
結果は2-1の勝ち
久しぶりに流れからの得点を見せていただきました。
フェルは別格
三澤がドリブルキレキレ・・彼の課題は守備だね
レイナルド・義希はいいもの持ってると思うんだけど
如何せんこなしている試合数が少なすぎる
試合感を戻せばそこそこやれるように思う
特に義希は見方がボールを持ったときにずいぶんと前線で動き出しはしていたよ
冨田はもっと強気になってほしいなあ
斉藤さんは球は捌けていたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何が足りないか

昨日のホーム浦和戦は引き分け
12節を終わって勝ち点13
ここ7戦は勝利なし
順位は今日の結果次第だが
下降気味とは言えこんなものだろうとは思う
ということなのだが
まあ、上位に食い込むなどという大それたことはさておき
昇格組同士の戦いや
降格危険集団との戦績を見ると
湘南・神戸・京都に負けが痛い
自ら勝ち点のボトムアップをさせている
清水とか名古屋とかそう言ったところの結果はいたしかたないと思う
しかしながら
J1に残ることが最低限(そけしかないかな?)の目標なのだから
もっと相手を研究した戦い方をしてほしい
当然それはやっていると思うのだが
どうも監督のコメントなどを見るにつけ
「自分たちのサッカー」をやれば・・・・
みたいなスタンスなのかなと・・・
まさにオシムが日本人監督の欠点として指摘している
「相手との関係でサッカーをつくれない」
相手との関係の中で柔軟に対応していく部分がいかがなものかなと感じている
相手の良いところを消すというところについて
一戦一戦工夫があっても良いのでは・・・
その一方で
毎試合判で押したように20分過ぎてから選手交代
負けてる試合での残り数分での起用など
「仕掛ける」ことに関して保守的すぎるのではないかなあ
昨日の浦和は悪くはなかった田中達也を後半の頭からエスクデロに代えてきた
そして浦和の怒濤の攻勢を仕掛けてきた
以前からそうなのだが
ベガルタのベンチは動きが遅いよなあ
選手交代は監督の意思表示に他ならないわけで
例えば前半負けてる試合で
後半の頭から攻撃的な選手を入れてきたとすれば
見ている観客も「おっ、勝ちにいくんだな」と感じる
選手も観客も含めて「勝ちに行く」という雰囲気・流れをつくることも大切ではないかなあ
それと新しい選手を使っていく勇気を持って欲しい
ベンチの話が長くなってしまって
これも足りないものの一つなのだが
一番足りないものは「チームの心臓」・・・ボランチ
ここのボール保持力・展開力・攻撃力・運動量
そのへんはまた別に書くことにします・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

書き忘れた

前節の名古屋との戦いの記事に
監督への一言として選手交代の遅さに苦言を呈したが
書き忘れがあった・・・
名古屋戦は、同点に追いついてからの戦い方がおかしかった
相手が勝ち越しを狙って闘利王まで上げてきた中
ノーリスクの戦い方はまずかったのでは
勝ち点の戦いをしている限り
内容よりも結果であり
負けてはいけないのだ
あそこは直樹のワンボランチでは無理
ブロックをしっかりつくって固めた上で
動きが鈍くなっていた名古屋DFにカウンターを狙っていくことが必要だったと思う
試合内容が良かったということで負けを反故にするような甘さはよくない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

ちょっとした緩慢プレーが・・・

ホーム名古屋戦は、1-2で惜敗
内容的には、ここ数試合の中で一番良かったのではないかな
平瀬が効いていて
運動量は決して多くはないが
さすがにポジショニングとかボールの収め方とかがうまい
そこからの展開が生まれていた
オフサイドで取り消しになったゴールも
入れたフェルもさすがだが
そこに入り込んだ平瀬の妙だったね
平瀬・フェルの組み合わせはいいね
さて、失点だが
集中力を一瞬欠いた緩慢なプレーが原因
朴はあきらめてしまうような緩慢なプレーをやめなければならない
エリゼウはJ1だということをしっかり意識して集中を切らして対応が遅れてはならない
組織としてみたときにボランチの問題は大きいと思うが
この2人に限らず
緩慢なプレーはいただけない
最後に
監督様に一言
いつも選手交代が遅い・・・
時間的余裕をもつて反撃に転じて欲しいのだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

梁がワールドカップへ

めでたい!!!
報道によれば
われらがベガルタの10番、梁選手が北朝鮮代表に選ばれたことがわかったとのこと
在日本朝鮮人サッカー協会に北朝鮮から連絡が入り
近日中に正式に発表されるようだ。
めでたい!!!
他の選手も日本代表や韓国代表、セレソンに選ばれるようがんばれ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

しぶとく行こう

今日も目前へのパスを見逃してカウンターを浴びている。
根本的にボランチの運動量が少ない。
ボールを叩いたら走るという基本ができていなくて
出せば終わり
しかも戻りが遅くて
と言うよりマークが追いつかなくて
CBの前のバイタルをスッカと開けてしまうのはまずい
この際だから
これからのことを考えたボランチにしたらよいと思う
まあ、今日の試合はFC東京の決定力の無さにに救われ
粘り強く守って引き分けに持ち込むことができたね
前述のとおり直樹・永井のベテランボランチはそれなりの味も出してたけど
如何せん運動量と気力が足りない
安易なミスをしたら取り返すべく必死に走って欲しいものだ
鎌田は今日も良かったね
田村も調子がいいね
梁もだいぶ動きが戻ってきたようだけど瞬発がもう少しかな
この暑さで関口の運動量はやっぱり大したものだ
さてさて
トップの二人・・・
中島の前線での動きは間違いなく効いているのだが
個人技の勝負になると厳しい
中原は・・・
簡単に言えば転び過ぎです
なんぼ高さがあっても体を当てられるときちんと踏ん張ったプレーができていない
体の預け方がうまくないのかなあ
それにしても・・・・、
あのゴール正面PA内の度フリーシュートは決めなければならない
あれを外した時点で交代させるくらいのことも必要
個人的には
粘り強く守ってキレにあるカウンターを繰り出すのが
今のベガルタにとっての戦い方だと思う
その意味で
中原を頭から使うと
彼へのクロスばかりが多すぎて相手は読みやすいし
対応が楽だよ
スタートはフェルでいいと思うんだけどね
・・・レイナルドってどうなったのかなあ・・・
本来ならば・・・
・・・
次はホーム対名古屋・・・
ストイコビッチがボール蹴らないかなあ
楽しみにしましょう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/02

あれはないだろう・・・

3連敗後のホームセレッソ戦
結果は何とか1-1の引き分けに済んだ
個々の能力で押してくるセレッソと落ち着かないベガルタと言った印象
中盤をマルチネスに思うようにされて
左右に展開されると
そこからは家長だったり、香川だったり、乾だったりが前へ前へと仕掛けてくる
そしてアドリアーノも以前とは見違えるようにフィジカルと運動量を活かしてくる
それに対して、うまく中盤を押さえられないベガルタは
ラインを下げざるをえなくなり
ますます攻め込まれるという案配で前半が終わった
後半は、関口が入って流動性がアップ
セレッソも疲れが出てきて前と後ろが伸びてスペースが生まれたことから
ベガルタが攻める時間も増えて来た中
CKからの戻しを鎌田がクリーンシュートして先制
そのあとセレッソが前がかりにくるも何とかしのぎながら
関口がらみで速いカウンターをしかける
これがベガルタの戦い方だと思う
裏に弱いのだからボールを支配していると勘違いして押し込むのは危険
と思っていた矢先
何と関口からフリーの直樹へ出たパスを直樹が傍観
セレッソに拾われカウンターを浴び
小松に付いたエリゼウが簡単に食いついてしまい
抜かれてセンタリングをアドリアーノに決められてしまう
と言うかこの試合の直樹ははっきり言って
お疲れなのか集中力が伴っていなかったのか
ポールを取られるは
パスミスするは
マークをはずすは
「あれはないだろう・・・」の世界
穴埋め・奪取能力認めるが
直樹にボールがわたるときを狙われているよね
直樹の場合、相手がかかってきたときに前へかわすことがほとんど無くて
体を回して後ろか横向きで対応するからなあ・・・
冨田も頑張っていたけど
持ってからの判断が遅いところを狙われている
この二人からの展開もスピード感に欠ける
開幕前から言っていることだが
この両ボランチのところを何とかしないと安定した戦いは難しいのでは
前の得点能力や
後ろの裏への対応能力がよく言われるが
それは中盤
とりわけボランチの関わっている責任は大きいと思う
収穫は
関口のキレが戻っていたのと
鎌田が慣れてきて力を出せるようになってきたこと
特に鎌田はフィードでは他のCBより優れているね
いずれにしても
これから これから
義希をもっと使って早く慣れさせて欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »