« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/30

寝不足をありがとう

日本のワールドカップ南アフリカ大会は、パラグアイとの死闘の末、幕がおりた。
いろいろな前評判がありながら
予選リーグを勝ち上がり
決勝トーナメントでも堂々の戦い
そして、ちょっとばかり運が回ってこなくてPK戦をものにできなかった。
でも、本当に選手はよく頑張ったと思う。
試合後にいろいろ講釈はできるけれども
少なくとも戦術・技術を超えて、
人々の心にサッカーの凄さ、おもしろさ、感動を伝えてくれたのは間違いない。
確かに足りないものは見えるが
世界の強豪国と真剣勝負の世界で渡り合えることが証明されたことは
またひとつ日本のサッカーがステップアップする基礎になる。
これで、
ベガルタの観客動員も増えるかな?
スポ少サッカーに入ってくれる子が増えるかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/25

寝不足なれど興奮さめやらず

仕事前にiPadから一言
デンマークとの決勝トーナメントをかけた一戦
快勝・・うん、快勝でした
今日の日本
そして昨日のイングランド
「男」をあげた戦いでした
詳しくはまた改めて・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

手数

昨晩のWC・・・日本対オランダは0-1の惜敗
力的には差はあったものの日本の健闘が光った。
さて、あの1点は、
スナイデルに誰も詰めに行けなかったのだが
それにしても仕方のない1点だったと思う。
GKを責められる失点でもない。
ブロックを組んでスペースを消しながら
外へ追い出す守備は統一的で機能していたのでは・・・
一方、
失点してからの攻めについては
?????
あそこで俊輔の投入は個人的には???
反撃のポイントはあれがすべてだったように思える。
監督は攻めのアクセントを投入したいという意図だったようだが
アクセルではなくブレーキを踏んでしまった。
オランダのDFは大久保や松井のように前に突っかけるのを明らかに嫌がっていた。
松井の疲労は理解できるが
そこに俊輔はなかったと思う。
俊輔のところでスピードが落ち遠藤ともコンビとかポジションバランスがいまいち
手数をかけて逆にカウンターを食らう起点になっていた場面さえあった。
今のチーム、戦術の中では俊輔の時代は終わったと言わざるを得ない。
私だったら本田と松井に代えて森本と玉田かな
ホントは田中達也がいたらと思った。
まあ、そもそもオランダには勝てたら最高!だったのだから
あそこまでやれたことを自信として
是非デンマークに勝って決勝トーナメント進出を果たして欲しいものだ。
デンマーク戦のポイントは「出所を抑える」!!!!
あの長身FWは、足下もうまい
彼のところに正確に入らないようにすること
つまり出所を潰すことが大切

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/15

フィジカルの強さ

日本代表のワールドカップ初戦はカメルーンを相手に1-0の勝ち点をGet
ワントップで起用された本田の期待に応える活躍が光った
とは言え
チーム全員が惜しみなく力を出し切ったことが大きかった
とりわけ
阿部、長友の守備での貢献はすばらしかった
外国選手のフィジカルに負けない強さ
これが残り2戦のポイントでは
その意味では
本田、大久保、松井の前3人は強かった
予選突破を期待したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »