« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

ストヤノフでしたね・・

広島戦の記事ですが
何を想い馳せたのか
ストヤノフをストイコビッチと書いてしまいました
失礼しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/28

残念

中2日での広島戦は目前の勝ち点3がこぼれてドロー
オウンゴールで同点とされてしまったが
ストイコビッチがドリブルで真ん中から持ち上がり
最前線へ非常に正確なパスを再三供給していたのに対して
あの場面でもストイコビッチをフリーにしてしまい
そこからのパスを起点にされてしまったのが原因
富田の足長さではあれが精一杯だったろう
後半の半ばから運動量が落ちて中盤の真ん中あたりにスペースをつくってしまい
そこから左右に揺さぶられていたね
DFラインがズルズル下がって
ボランチも疲れて対応というか行けなくなってしまうと言う
そう言ったところを相手は見逃していない
ボランチの活動量を維持するという面では富田を後半から義希に代えると言うこともありではないかと思う
義希は前目で運動量を活かすタイプであることは確かなのだが富田のところでは使えるのでは・・・
一方
サイドの守備では菅井より田村の方が安定してきたね
関口は本調子ではないのだろうが素晴らしい運動量で攻守に奮闘
とりわけ攻撃面ではドリブルと流動的なポジショニングが活気をもたらしていた
フェル、梁、関口の組み合わせにソンホのトップはなかなかいい感じ
そこに前目のボランチで義希を入れると攻めの厚さはおもしろいと思う
まあ、その分しっかりしたアンカーが必要になるのだけれど
ん~・・・そこが厳しいなあ
それにしてもフェルをあそこで交代とは?????
ソンホは足つり状態だったから交代は仕方ないが・・
広島のDF陣は楽になったよね
フェルには複数で対応せざるを得ない状況だったからね
ソンホとフェルがいなくなってからずいぶんと広島のDFラインは押し上げていたように感じたのだが
いやぁ~
交代選手がどうも活躍できていないなあ
前節の中原・永井・中島
今節の平瀬・太田
交代によってパワーダウンでは意味がない
まあ、関口の復帰という好材料もできたので
次節以降なんとかがんばって欲しいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/25

ボランチの活力

新潟戦はマルシオのハットトリックでやられてしまった。
今節も監督の采配に納得がいかない。
梁の交代は足の問題があったのではいたしかたないが
ソンホと義希の交代の意図は何ぞや・・・
新潟も間延びしてきた時間帯でキレのある中島の特長を活かしたかったのだろう。
しかしながら、ソンホは、
噛み合わない部分もありながらも得点をし、
落ち着いた球捌きを見せて真ん中でプレーしていたのに・・・
ベンチに戻ったソンホの表情は「交代???」だったかな
義希も噛み合わないところは散見されたが
アシストも決め、その前にも梁に同じような決定的なスルーを出し
また長い距離をフリーランするなど仕事はしていた。
特にボランチあたりがボールを持ったときに相手の最終ラインのギャップにいち早く入り込んでいく動きなどは光るものがあったと思う。
ただ残念ながらそこにパスを出してもらえていなかったね。
その義希に代えての永井投入とは???
それにしても3点ともミス絡みだったね。
PKは間に入られて後追いになって足を引っかけてしまったのだろうが
その前のプレーのところで緩慢に対応したのが原因
2点目のFKは菅井があそこで中に持ち込むとは???
ただ、本来あそこのスペースをケアすべきボランチが最終ラインでモタモタせずに切り替えて素早く上がらなければならなかったのでは???
最後のCKは蹴ったマルシオも素晴らしいとは思うけど
ニアポストのケアを怠っていたのを狙われたね
中原はあそこは頭に当てなければダメだよ
触ったか触らなかったかはわからないが実質オウンゴール
いずれにしても山形戦も選手交代でバランス崩して傷口を広げたけど
今回も同じ
大胆な采配と焦った采配は違うよね
チームの状態が悪いときなのだから焦った采配はよろしくない
勝ち点3は確かに欲しいよ
でも今は負けてはならない・・・・
このチームは7番がベースになっているが
ここを世代交代しなければ浮上は厳しいかも・・・
少なくとも7番・17番の組み合わせではJ1での中盤の覇権争いは厳しい
中盤の底の切り替えの早さや安定感、ボール保持力・展開力がレベルアップすると
周りも生きてくるのだけどなあ
ところで、
相手のGKが負傷治療しているときのブーイングは何だっんだろうね
普通あの場面で相手へのブーイングって???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

華がほしい

J1にあがれば観客も増え盛り上がるだろうと思っていた
かつてのJ1時代のイメージからそう思っていた
しかしながら
観客はさっぱり増えず、なんかパッとしないよなあ
時節新潟戦は新潟から大挙押し寄せてくるから完売に近い状態のようだが・・・
ワールドカップでの日本の活躍で追い風が吹いているのに・・・
巷では
チケットが高くなり過ぎ
とか
試合内容がつまらない
とかを耳にする
地味な華のないチームであることは間違いない
お金がないから選手もそろえられないなかでやりくりしているという
ある種貧乏臭さが漂っているかもしれない
その事情もわからないではないが・・・
ただ、そう言うのって店をたたむ方向の悪循環のような気がする
チケットが高い→試合はつまらない→固定客へのサービスが悪い→観客減→また値上げ・・・
高くてもそれにふさわしい試合内容だったり、見たい選手がいればいいんだけど
プロだからねえ
観客を魅了するような華が欲しいよ
マルコスの得点だったり
岩本のキックだったり
申し訳ないけど
梁やフェルナンジーニョでは地味
今回のソンホも地味すぎ
個人で相手をきりきり舞いさせるような派手な選手が欲しいねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

勝つための手腕

山形との一戦は
完全に監督の分析と戦術による小林氏の勝利だったと言わざるを得ない。
中を絞ってボールを回させ
前半は様子を見ながら
後半は調子に乗って全体的に前がかりになったベガルタの両サイドの裏を素早く攻めてきた。
それに対してのボランチの戻りというか、ボランチとCBとSBの連携が悪く
簡単に失点してしまっていた。
先行されての選手起用も
ソンホは途中から流れを変えるタイプの選手とは思えなかった。
先発で高さや足下のうまさを活かすタイプではないかな・・・
田村もあのポジションではイマジネーション不足
前へ進めるためのアイデアがない
ポジション的にも流動的な左右の動きが足りない。
あそこは運動量とアイデアでは義希を選択すべだったのでは・・
実際に終盤に登場した義希の球捌きと長い距離のフリーランは有効だった。
それにしても
直樹中心のボランチセットは何とかしないと・・・・
富田も時として集中力を欠いたプレーが残念
はてさて手倉森監督はこの敗戦をどのように分析し
次の新潟戦にどのように修正してくるのか・・・
勝つための手腕が問われますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/17

引き出しが・・・

ワールドカップあけの大事な山形との一戦は・・・
1-3の惨敗
選手起用の固定化
戦術の固定化
そのあたりが改善されないと厳しい
スペインは一人ひとりの選手の高い技術の上につなぐサッカーが成り立っている
残念ながら
わがベガルタははっきり言ってスペイン的なサッカーは無理
完全に前半で錯覚されられたのでは・・・
今のベガルタの活路はカウンターサッカーだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/09

ボールを持っていない人の動き

スペインとドイツの準決勝はプジョルの果敢なピケを押しのけてのヘッド一発で勝敗を決した。
スペインの中盤の支配力の前にドイツの組織的なサッカーは通用しなかった。
ドイツはミューラーという右サイドからの攻撃の核が欠場したことが致命的に影響したと言える。
一方、スペインはドイツの中盤でのプレッシャーがそんなにきつくなかったことから
ドイツの選手と選手の間のスペースをうまく使ってつなぐことができていた。
世ではスペインの華麗なパスの技術の高さに凄いということになるのだろう。
確かにあの小柄なシャビやルイコスタやビジャが大男の間をすり抜けていく技術は素晴らしい。
ボールの受け方、タッチの柔らかさなど惚れ惚れしてしまう。
ただ、よく見るとくボールを持っていない選手が何気なくほんとにさらっと空いてる場所動いて
これまた何気なくパスを受けている。
このパスを受けるための動きが素晴らしい。
いかにもこっちへよこせという大げさな動きではなく、
すうっーと動いているんだよね。
剛のオランダと柔のスペイン
はてさてどちらが勝つか
今回はドイツじゃないのでパウル君は占ってくれないのかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/02

心が動くこと

よく子どもたちに「また泣いてる。」と言われる。
まあ、確かにテレビを観てても心動かされたまにうるうるになっていることはある。
今回のワールドカップ、
日本代表のがんばりは喜びや興奮でもあったが
心動かされた感動だった。
正直言って、
大会前のテストマッチの状況を観て
勝とうとする気迫が感じられず期待はしていなかった。
しかしながら戦績はご承知の通り・・・
PK戦は公式には引き分けなので
2勝1敗1引き分け
そして多くの人たちが選手の戦う姿に魅了され
チームの一体感を超えて日本全体が一体となったように思う。
パラグアイ戦の視聴率は驚異的
主力選手は間違いなく海外でプレーするチャンスを得ることだろう
彼らには厳しい環境の中でさらにステップアップして欲しい
最後に
私にとってのMIPは阿部・・・・
話は突然変わって
イギリスのオーディション番組「ブリテンゴットタレント」で発掘されたスーザン・ボイルさんはみなさん知ってますよね
このオーディション番組でなんとも心暖まるスターがまた誕生してますよ。
Janey Cutlerさん
なんと80歳のおばあちゃん
お子さんは7人、孫は13人、曾孫は4人で足元やら会話やらもかなり危なっかしい感じなのですが、
エディットピアフの歌を、味わい深く、力強く聴かせてくれます。
これまた涙うるうるになってしましました。
次のタイトルをYouTubeで検索して聞いてみてください。
「悔い無き人生 Janey Cutler ─ BGT 2010 (日本語字幕付き)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »