« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/29

軽~い足取りで帰宅

なかなかホームに行けず、久しぶりユアスタ・・・
ここで勝たねば前節の勝ちの意味がないという湘南との一戦
中原の頭が炸裂して連勝、
そして16位からの脱出!!!!!!!!!
降格争いの団子には並んだぞ
ここから、ここから・・・
それにしても、皆さんスタジアムからの帰路の足取りの軽やかなこと・・・
帰りの運転も抜かされようが、
信号に引っ掛かろうが
るんるん余裕の安全運転!!!!
梁のシュートは難しいボレーだったけど抑えたいいシュートだったねえ
返された1点はラインコントロールが凸凹で朴ちゃんが戻りが早く明らかなオンサイド
広大からは朴ちやんが下がっていくのが見えていたはずだから
勝手にオフサイドのセルフジャッジで後追いしたのはミス
赤峰はいいねえ
ケガが心配だけども
前線で常に前を狙っている。
消えているようにして動いている。
1対1を外していたが
そこまで行ってることを評価すべきと思う。
フェル以外ではうちの他のFWはあそこまで行かないと思うけど・・・・
赤峰の「狙っている感覚」はやっぱりJ1仕様だよね
連続出場の斉藤さんはダイアゴナルの展開で威力を発揮していた。
ボールを受けたときにまず遠いところを見ているよね
ただし、冨田との位置取りの関係では
前後関係をしっかりした方がよいかな
ちょっとルーズになっていたところが気になったね
あとは・・・
ソンホは身長のわりに細かいプレーになってしまう傾向があるから
壁パスを使うにしても
もう少し距離のあるワンツーとかで活かしてあげると持ち味が出るようにも思えた。
でも、競り合いではジャンプくらいしてほしいなあ・・・
次の鹿島はともかく
その次の山形戦は必勝!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/24

ギアチェンジ

大宮戦の快勝は,選手のがんばりと相手の状態の悪さによって得られたもの。
厳しく言わせてもらえば,采配は相変わらず。
先制点を取りながら,最後に逆転されたり追いつかれたりされた試合の采配と何ら変わらず。
川崎戦,新潟戦,浦和戦とちっとも変わっていない。
手倉森氏の采配は,見ていると流れを受けての采配で
言わば「後手」
守備を固めるギアチェンジが遅く
ボランチやSBが疲弊し,相手が勢いづいてからの交代が多く
しかもそんな場面で先に前線を交代させたりと
ピッチに対してはっきりと戦い方の意図を示すような交代がほとんど見られない。
逆に言えば手慣れた選手への信頼が相当に厚いのであろう。
J1に上がるまでのチームにまとめ上げたことへの敬意は表する。
最終的につなぐサッカーへのこだわりも理解する。
しかし一方で,チームとしてこじんまりとまとまりすぎて
おもしろさに欠けるチームになってしまったように思える。
選手の個性が活きているチームとは言い難い。
それは相手にとっても怖さのないチームに見えるのではないかな。
選手との距離が近すぎて
それが影響しているのか起用もかたくななところがあるし
このまま大宮戦の勝利が次ぎにつながるほど甘くはないだろう。
何とかこの勝利を起爆剤にして欲しいという思いは強いのだよ・・・
さてと,大宮戦は現地で一部サポーターの応援にクレームが出ているようですね。
かつて「日本一のサポーター」を目指していて
アウェーで相手のスタジアムから帰るときにみんながゴミを残さないように気を配ったり
そんな小さなことでもサポーターもベガルタの看板をしょっているというような
ブライドを持っていたような気がする。
怪我した選手にブーイングを浴びせたり
相手もやっているからやってもいいだろう的なこととか
そういうんではなく
チームもサポーターも「一流」になりたいものだ。
まずは次の湘南戦
これに勝たねば始まらない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/22

斉藤さんがいたじゃん

相性の良い大宮から15試合ぶりの勝利
まずは久々の勝ち点3
めでたし
中盤の底は残念ながら直樹しかいないと思っていたが
斉藤さんがいたじゃん
前節顔見せはしていたが
しっかりやってくれたね
大宮のできの悪さに助けられた感は否めないけど・・・
まあ,決定機を結構はずしていたのは反省材料
それにつけても赤嶺いいねえ
気になったところはまた後で・・・
今日は勝ったことにひたすら浸りきろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/18

どっちもオウンとは・・・

アウェイ浦和戦は,どっちもオウンゴールでドロー
またまた勝てなかった。
梁はやっぱりあの場所で活きるね
赤嶺が前線でがんばれるから
あとはフェルがもう少し周りを使って自分も周りも活かすようになると
関口・梁の流動性が高まってカウンターに切れが出るし
決定的なチャンスも創れるようになるのではないかな
まあ浦和が中盤を空けてくれていたからある程度攻めることができたんだけど
攻めるときの課題は富田が速いドリブルでボールを運んで広い視野で捌くことが難しいこと
富田も一生懸命やっているのはわかるんだけどね・・苦言は成長して欲しいと言うこと。
守備はと言うと
やっぱりサイドを使われすぎ
ほとんどSBが一対一になって折り返されてピンチを招いている
特に切れ込んで速いボールを入れられるとマークは,はちゃめちゃになっているね
よくオウンゴールだけで済んだなという感じ
このところずっと相手のボランチを押さえ切れていないなあ
サイドに押し込んでつぶすということなのか
真ん中で跳ね返すと言うことなのか
どうもはっきりしていないように思えるのだが・・・
それにしても采配が相変わらず後手だねえ
どうして選手交代をあそこまで引っ張るんだろう????
疲労困憊で対応が遅れ気味になっているところを早めに手当てすべきではないのかなあ
結局,後半の後半に毎回やられているのにねえ
今回も残り8分を切ってからの義希投入
毎回書くが,
彼の活動量をもっと活かすべきだ
自らスキをつくって勝てないでいる
もはや采配は限界に来ているのでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/15

三角形

ホームガンバ戦も勝てなかった。
またもやイケイケになったところであっさりカウンターで失点を重ねたね。
このへんはベンチの指示責任ではないかな
如何せん,明らかに個々の技術・フィジカル・頭の中のレベルが違っていた。
田村のところから2失点・・・力の差なんだけども
そこに簡単にボールを入れさせていると言うこともあって田村のだけの問題ではない。
相手のボランチを押さえ切れていなかったからだ。
それ以上に全体として明らかだったのは3点
まず一つ目は攻守の切りかえのスピード
全体が素早く押し上げる
あるいは
カウンターを食らいそうなときに一気に下がる
この差は大きかった。
二つ目は
ボールを持っていない人の動きというか
受けようとする人の動きの質・量・距離感
ガンバは適切な距離で三角形の基本がしっかりしていたからパスがつながる
ベガルタはここができていないのでプレッシャーの餌食になるし
攻めも単調・孤立になる
三つ目は
セカンドボールが拾えない
苦し紛れに簡単にフィフティフィフティの半端なボールを出してしまうので相手に拾われる。
前と後の距離が長く
かつ中盤がスカスカ
これはコンパクトなサッカーができていないと言うことだね
一方
合流して間もないのに赤嶺は良かったんじゃないかな
華麗なプレーはなかったけど
前へ向く
あるいはゴールを目指す姿勢は
ある程度やってくれるのではないかと期待する。
最後に改めて言う。
梁はボランチではない。
今のメンバーでは守備的なボランチは残念ながら直樹しかいない。
ただ90分は持たないよなあ・・・
相方は富田ではなく義希だ。
終了まで残りわずかで義希を入れて監督は何をさせたいんだ?
現状の手詰まりを打開する方法はいよいよもって限られたのではないかな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/14

梁ではない

梁をボランチで使う・・・・
ん~,私は違うと思うな
それは急場しのぎの手法に過ぎない
梁の活きる場所ではないよ
梁の戦いの場は敵陣
残念ながら今のベガルタに直樹に代われる選手がいるかと問われれば
いない
そこを育成したり補強してこなかったツケは大きいね
問題はその相方
梁ではない
富田は技術はあると思うけど判断力・スピードがJ1では厳しいね
体格を補うためには頭を使って相手より先のプレーが必要なんだけどね
菅井は体がボロボロそうなので無理だろう
田村ではボールが運べないし捌けない・・・直樹のところなら・・・
義希を使って欲しいところだが
ここはあっと驚く朴ちゃんをSBからコンバート
そこに義希
なんちゃって・・・・
朴ちゃん子どもみたいなミスキックしちゃうし
熱中症でピッチに伸びてしまうし
体力もあぶないけどなあ・・・致命的かも・・・
なぜ朴ちゃんをボランチと考えるかというと
ドリブルできる
案外速い
いろんなボールを蹴れる
まあ,このくらいやらないとということで・・・
そろそろ勝ちたいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/08

なかなか難しいねえ

マリノスとのホーム戦は前半の前半にCKから入れられた1点があまりにも重い試合だった。
ショートコーナーへの対応の集中力欠如からマークがずれて松田に決められてしまった。
全体的にCB・SB・ボランチの間に入れられるとほとんど後ろから入ってくる選手へのマークがあれれの状態になってしまっている。
それとカウンターをかけられたときに走り負けて戻れていない。
ちょっと重傷かもしれない。
ベガルタの攻撃はと言うと,
中盤から前へスムーズにボールがつながっていかない,
蓋をされて横か後ろばかりに回すしかなく
さらにミスするものだから得点のにおいもなかなか?????
やはり中盤の底でしっかりボールを持てて運べて捌けるボランチが欲しいねえ
そこがしっかりすると関口も梁もフェルも生きてくるんだけどなあ
田村は気迫は認めるが展開力・保持力・アイデアがちょっと・・・
富田は判断力・スピードが壁・・・
かつてのシルビのようなボランチがほしいよ
とにかく崩すための意図的な回しと言うよりは前へ行けないので回している状況
ソンホにはポストが期待できるかと思ったが
身長のわりには裏抜けタイプ
なかなか現状突破の糸口が見えない
監督は信じて今まで通りにやるしかないとの認識のようだが
相手に弱点を見透かされてそこを突かれてやられているのに
戦術・選手起用も含めて自ら引き出しはもうありませんと言っているに等しいのでは?
大口をたたくよりも
生き残るための工夫を見せて欲しい。
あれだけSB・ボランチがズタズタであれば古典的ではあるかもしれないが3バックだって考えるべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

焦った狸は・・・でわかる・・・

アウェイ川崎戦は2点をリードしながら逆転負け
願ってもない2点リードなのに
その後のゲームプランが??????
選手交代
そしてそのタイミング・・・
素人の私にはわからないことがいっぱいあるのだろうけれど
それにしても
同じようなゲームをして勝ち点を逃してるなあと思う
少なくとも
ゲームの中で
同じ選手に何点も取られたり
あるいは自由にプレーされたり
そう言ったことへの修正が遅いし、対応できないし・・・
そこをきっちりできないと毎試合失点は多くなってしまうのでは・・
昨日のゲームも
中村憲剛をあれだけ思い通りにプレーさせてはいけない
最後はジュニーニョや黒津の決定力だけど
その前のプレーが問題
ずっーと同じようなことが繰り返され修正されていない
そして
決定力の無さは目を覆いたくなる
勝負せずにホームランのセンタリング
勝負したかと思えば何でそんなに思い切り蹴るのというこれまたホームラン
J2に戻りたいのではないかと思ってしまうベンチワークだよなあ
いずれにしても
チームの心臓はボランチ
ここに手を入れないでチームが復調するとは思えない
せめてゲームの中でこのポジションへのスタミナ補給が必要
無理な攻めで勝ちに行って逆に負け続けている
焦った狸はベンチワークでわかる・・・なんちゃって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »