« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/29

7の効用

7はわが愚息の背番号・・・
いやいや,今日はアウェイ横浜戦の話
ベガルタは、アウェイで横浜から貴重な勝ち点3をゲット
選手の粘り強い踏ん張り,そしていつもは後手采配の監督の絶妙な采配が賞賛ものだったね
横浜の主軸選手の不在などがラッキーだったこともあるが,今週は頗る気持ちよく暮らせている。
序盤から横浜がボールを支配し、ベガルタは引いて守る展開。
そんな中,この日は赤嶺の前線でのポジショニングもよく,それに梁が相当に調子を上げてきているのと関口もからみときどき繰り出すカウンターが武器になっていた。
先制点は,まさしく梁のうまさと赤嶺の寿人的な動きの特徴が活きた場面だったね
しかし、まあ横浜の素早い展開と俊輔の視野の広いボ-ル回しはさすがだった
けども・・・山瀬がうまく動けてなかったかな
ベガルタは後半20分過ぎに中原に代えて直樹
4141になって直樹がDFラインの前のスペースを完全に制圧
所謂アンカーというポジションなのだろうが
とにかく直樹が守備専で相当に効いていたね
こういう使い方だと納得
横浜が栗原を上げてきたからなおさらよかったと思う
これまでJ1での戦いを見てきて思うんだけど
ベガルタは基本的にパススピードがとろいね
もつと速いパス,そのためには止める技術も上げなければならないけど・・・
そのへんの個人のテクニックはもっともっと磨いていく必要がある
いずれにせよ
次は好調名古屋
一泡吹かせて欲しいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

2点め

昨日のホーム山形戦
宮スタ参戦はできず
その人が行くと6年間勝ったためしがないと言う人にチケットを譲って
果てさてどうなることかとテレビの前で応援
ついにジンクス撃破
やってくれましたね
先制点のFKも素晴らしかったのですが
駄目押しの巻いたシュートが絶品
さすが梁
それにしても
赤嶺はいいなあ
次節横浜もいただけたら最高
期待しましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/12

判を押したような・・・

中原の2度の決定的チャンス
主審のPKになるはずのハンド誤審
まあ,これはサッカーの試合には付きものだからねえ
それにしても,
関口は肝心なところで気負いが多くてミスってたし
ソンホはこのまま使い続けるのは厳しいなあ
受ける動きが少ないし,ボールを収められていない
しかもハイボールがからっきし駄目だな
中原とソンホの組み合わせではほんと厳しい
いずれ鹿島相手の一か八かの試合なのだから
フェルと赤嶺がいない中,
中原とだったら思い切って奧埜でも使ってみたら良かったのに・・・
そういう意味で監督の采配の頑固さ,臆病さが気になるね
しかも,
中盤が疲弊して完全に鹿島にいいようにやられていても
富田を代えない・・・
判を押したように残り数分のレベルで義希を入れる・・・
富田は疲れてくると急激に前への推進力がなくなりミス・ファウルが多くなる
ボランチというポジションはほんとたいへんなポジションで
しかもベガルタの状況を考えると富田の使われ方も気の毒だよ
せめて後半20分くらいに義希を出すことがあってもいいんでないのかなあ
義希の運動量をもっと活かしたらよいのに・・・
ねえ監督!次の山形との一戦は負けられませんよ・・・
毎回,「次は・・」「これからは・・」ではなく
試合の中で勝つ意志を表現した采配をお願いしたいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/08

細貝

先日の天皇杯はベガルタにとって勝ち負け以上にさんざんな結果をもたらしたね。
実際に会場には参戦できなかったのでうんぬんは控えるが,
一言言えば「だらしない」・・・
さて,昨日は,体調不良により検査を受けて
結果はよくわからないんだけど当面様子を診るとのこと・・
なんかすっきりしない・・・
夜は代表戦の観戦
前半の攻撃陣は連動感があってよかった
乾はちょっと持ち味が出せずにミスが多すぎた
もっと果敢に切れ味よくチャレンジして欲しかった
本田・香川・森本・長友・・・
このへんは自信を持ってプレーできていた
そして,
一番評価したいのは細貝
まわりがよく見える選手だね
攻めを下支えすることに労を惜しまずやっていた
丁寧さやムラなど
まだまだなところもあるけど今後の成長に期待大
さて,今晩はナビスコ・・・
現地参戦の予定なのだが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »