« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

これで残留も見えたかと思ったら・・・

まさか神戸がガンバに2-4の逆転勝利とは恐れ入った。
今日で神戸もこれまでかとなる予定だったのだが・・・
まあ,神戸がどうこうよりもベガルタがきっちり勝ち点を積み上げていけばいい話
極めつきは次節にきっちりと勝ち点を取ることかな・・・
さて,京都戦
スポ少の試合が入り残念無念現地参戦できず・・・
ワンセグをちらちら見ながら経過をチェック・・・
帰宅後,録画したスカパーHDをチェック
最近,キャンペーン中でチューナーリース料が月100円に飛びついて
HDに乗り換えてサーバーに録画してPCで観るのだが,
画質の向上にびっくり!!!!!
以前のアナログスカパーとは比べものにならない。
別にHDの宣伝してるわけじゃないのであしからず・・・
本題に戻して・・
ゲームの入りは良かったと思う。
DFラインも押し上げていて,
前線が流動的に動き厚い攻めができた。
ところが,そんな中,攻めていてのエリゼウのトラップミス絡みからちょっと押し込まれ
ディエゴに突破を許してしまう。
林のナイスプレーで事なきを得るが
ちょっともたもたの時間があったね
ただ,京都の中盤のブレスが甘く
富田があんがい楽にプレーさせてもらえたことや
相手ボランチが前にしかけて出てこなかったことから
逆にその背後とかにベガルタの選手が入り込むことができた
それと,ロングボールを織り交ぜることによって
相手を下げさせゲームを落ち着かせることができたように思える。
決定機は結構あったので
もう2点は取れたよね
前半の関口から菅井に出たパスは完璧,ありゃあダイレクトでうってほしかった
後半の義希が抜け出してGKの位置見てファーサイド目がけてグランダーで打ったのは正解
ちょっと狙いすぎてしまったかな・・・
今日の義希は関口と違った持ち味で気合いの入ったプレーを見せてくれた
関口の「行くぞ-!!」と言った感じではなく
運動量を活かしてスルスルとスペースに入って行ったりするところはなかなか
周りとの噛み合いがもうちょっとのところも見受けられるけど
彼には是非ともベガルタを担う選手になって欲しい。
今日も長男はトレセンの試合,二男はスポ少の試合・・・
朝から晩までサッカーだあ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/24

この積み上げが肝心

アウェーの対セレッソ戦
圧倒的に押し込まれた試合は,
シュート数が24-4に象徴されるが
とにかく踏ん張って0-0のドローで勝ち点1をゲット
ちなみに某巨大掲示板に乗っていたデータは次のとおり
1 名古屋●
2 鹿島●
3 ガンバ●
4 セレッソ△
5 清水
6 川崎
7 横浜○
8 浦和△
9 新潟
10 広島
11 磐田
12 山形○
13 ---
14 大宮○
15 東京○
16 神戸
17 京都
18 湘南○
これは第2クールのベガルタの順位順対戦成績
上位3チームには負けたが
それ以外負けなし
特に12位の山形以下の降格戦ライバルには完勝
素晴らしい状況ではないでしょうか
勝てない時期は「内容はいいんだけども・・・」的な
ある意味中途半端な戦術が目についたが
補強もプラス材料になり
また勝ち点を取るという現実的な方向にはっきりと舵をきったことが
結果に結びついているのは明らか
残7戦で16位の神戸は昨日も負けたので勝ち点差は8
一つひとつの試合で勝ち点を積み上げることが肝心
次節の京都,そのあとの神戸に勝って残留を当確にしたいものだ。
さて,後半の直樹の投入についてはいろいろご意見もあるようだが
ああいうDFとボランチを助けることに徹した役割では効いていたと思う。
マルチネスが左右に振るのでボランチは相当にきつかったはず
それとエリゼウがやっぱり安定感に欠ける状態で
あの攻撃力を凌ぐには直樹しかいなかっただろう・・・
この頃気になっているのはSB
菅井は今年はずっとキレがいまひとつ
守備に追われていたりケガなどで体調が万全ではないのだろう
朴ちゃんはJ1では軽いプレーが目につくのと
左足しか蹴れないのが読まれていて
相手DFが利き足の方を切ってくるから手こずっているね
田村も逆に左足がダメだから
なかなか左SBをどうするかは来年の課題かな・・・
いずにせよ
まずは次節の京都に勝つこと・・・・
がんばれベガルタ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

気分最高

FC東京との残留争いの直接対決は残り5分からの逆転劇でベガルタが勝利。
同点に追いついたところで負けない闘い方に変えるのかと思ったら
何と点を取りに行ってロスタイムでの逆転
フェルの投入タイミングも早めだったし
今回のベンチ采配は◎
反対に東京は石川と大黒の交代が裏目
確かに東京は入りから出足が良く最後までは持ちそうではなかった。
残り15分を切ってから運動量が落ち
最後は勢い付いたベガルタが勝利をものにした。
ベガルタも全体的にはキレが今ひとつで
ミスも多く
セカンドボールが拾えず苦しかった。
そんな中、
斉藤がとてもクレバーなプレーで効いていた。
いずれにせよ
この勝利はデカイ
踏ん張れ、
頑張れベガルタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

2つの代表戦

先週末,日本のA代表はアルゼンチンを零封で撃破
FIFAの公式HPでも取り上げられるなど素晴らしい戦いをしてくれた。
主力のメッシなどのキレがいまいちだったとは言え,あのメンバーのアルゼンチンに勝ったのだよ
ザッケ監督に代わってびっくりしたのは守備
ラインの上げ下げのコントロールの機敏さの向上や
ディフェンスを組んだときの選手間の距離が縮まったことによる隙のなさ
栗原・今野と言うちょっと急造かなみたいなCBが実にしぶとくクレバーにがんばった。
栗原は序盤にあらっ~と言うようなミスはしてしまったが
その後は素晴らしかった。
遠藤・長谷部のボランチも非常に安定感があり
運動量や起点としての捌きなどアルゼンチンを相手にまさに心臓の役割を果たした。
そして前のタレントはこれまたレベルアップしたね
本田はボールの受け方に難点が指摘されていたが
克服しているし,フィジカルの強さも含めて世界レベルは誰も疑わないだろう。
香川も自信をもったプレーで何気にアルゼンチンを抜いていけるレベルに急成長
守備もサボらなくなったし
ブンデスでの経験・自信は相当なものだ。
さてと,何よりの驚きは岡崎
国内でプレーしながらもしっかりと向上心を持った選手なのだろう。
得点シーンは,トップの森本ではなく
MFの岡崎があそこまで詰めていたんだよ
逆に森本は何してたんだと言うことにもなるんだけど
岡崎は守備も素晴らしく
奪ってから前へつなげていくことも合格点だったのでは・・・
泥臭いストライカーから一歩プレーの幅を広げたね
あとは,もう長友は何も言うことはない。
世界で通用するSBに異論はないだろう。
一方,わが関口は緊張が伝わってくるほどに遠慮がちなプレー
パスミスは問題ではない。
次出たときは彼らしくチャレンジして欲しいね。
と言うわけでA代表は,素晴らしい結果を手に今晩韓国と戦う。
その前哨戦というわけではないが
昨日,U19が世界大会の出場権をかけて韓国と対戦
こちらははっきり言ってがっかり以外のなにものでもない。
韓国のパワーの前に雪崩をうつようにチームとしての機能が崩壊
2-0としながらその直後から立て続けに3失点
ボランチから下のひ弱さがどうしようもないレベル
特にダブルボランチは全く競り合いにも勝てず
厳しいブレスに簡単にボールを失うから攻め手は見つからず・・・
ん~
大学の選手ではこういった厳しい戦いは限界があるのかな
監督の采配も疑問はあったけどね・・・
まあ,これらは代表の話
いよいよ今週末はFC東京との大事な大事な戦い
今週は気合いを入れてがんばるぞ!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

褒めたとたんにこれじゃあ~

アウェイの名古屋戦
引き分け狙いの守備堅めでアンカーに入れた直樹が中途半端に上がったあげく
120%のプレゼントパスを献上
本人は戻ることも能わず決勝点を奪われて惜敗
全体が上がり目になったところでアンカーがあのパスはないよ・・・
全く彼がチャレンジする場面ではなかった
何でピッチにたったのかわきまえて役割に徹したプレーをして欲しいよ
せっかく横浜戦ではその役割を全うしてくれたと褒めたのに
返す返すもあのプレーは「ない」よ
まあ,負けたものはしょうがない
何せ首位名古屋だからね
でも勝ち点とれた試合だったから悔しい
FC東京には絶対負けられんぞ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

生え抜きから

本当の日本代表に関口が選出された
ベガルタとしては生え抜きから初めてだよね
萬代はオリンピック代表の候補としてだったから・・・
それにしても,いきなりアルゼンチン戦での選出とはびっくり
ベガルタから代表が出るのはもう少し先かなと思っていた
ピッチに立てるかどうかもわからないが
何かうれしいというか
じわっとこみ上げてくるものがある
関口の攻守にわたる献身的な活動量が認められたのだろう
関口にはいろんなものを吸収してきてほしいが
とりわけ
一皮むけて,大人のプレーに開眼してきてくれたらと思う
まあ一度代表に呼ばれただけで突然変わるものでもないだろうけども期待したい
やっぱりJ1は日の当たる場所なんだね
こうなると絶対来年もその後もJ1チームでありたい
日の丸着けた関口ってどんな感じになるのか・・・
楽しみだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »