« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/24

最後に・・・

アウェー新潟戦
赤嶺の突撃点で1-0の勝利で残留決定かと思ったら・・・
これまた定番の7番のミスっぽいプレーから逆襲をくらい
アンラッキーなバウンドがちょうど入ってきたアトムにぴったしで決められ同点
オフサイドではと思ったが
後からじっくりビデオを見た知人の話によると
マルシオが触っていないのでオフサイドではないとのことだった。
まあ、すっきり勝ちたかったが
神戸が勝ち点で仙台を逆転することはなくなったし
得失点差が8あるので
ほぼ大丈夫とは思うけど
次節で広島から勝ち点をゲットしてはっきりと決着をつけたいものだ
それにしても赤嶺はほんといいねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/21

ここは割り切って・・・

朴ちゃん一発赤紙退場により10人での戦いは,相手が調子を上げてきていた清水とあって1-3の負け
実質1-2,
おちゃめをして余計な1点を取られた
まあ,朴ちゃんも何とか失点を防ごうとした一生懸命のプレーの中でのことだから
あれはいたしかたない
いっそその直前のバーに当たったボールがゴールしてもらってた方がよかったのか???
いずれにしても
運はベガルタに味方している
大宮は覇気の全くない京都に完勝したものの
FC東京は負け
神戸も山形も引き分けてな案配
昨日の負けは割り切って新潟戦に勝ち点を挙げればそれでよい
これまた運がよいのか
新潟はミシュウ・小林が累積で出場停止
韓国人助っ人はアジア大会で留守
前回ハットトリックされたマルシオはケガらしく
今節はベンチ外
浦和への移籍が確実と言われており
消化試合となった次節以降に無理しないのではという状況
とにかくマルシオがいないと新潟は別のチームになってしまう
昨日も広島に0-4の惨敗
まあ,ここはひとつ
アウェーだがすっきり勝って残留を確実にしたいところだね
新潟戦,行きたいなあ・・・
さて,
昨日の中島君,キレキレで調子は良いようだね
そう言う意味では思い切りも良くなっている
切り返しでDFをかわしてシュートまで行った場面は象徴的だったのだが
彼の克服すべきところはやっぱりシュートの精度
完全にかわしてそこで落ち着いて蹴れていない
巻いてファーを狙うくらいのテクを身につけたらグッと得点が増えるんだろうけど・・・
まあ,あんだけ思い切り蹴るなら狭いニアの方が確率高いかも
エト-なんかは基本的に近い方を選択すると言ってるね
なぜなら,
近い方がGKは獲りにくい
遠くになるほどキックは不正確さが増える
だそうだ
逆転された後の中原シュートも凄かったね
相手GKのファインセーブで惜しくも点にはならなかったが
いいシュートだった
中原は時としてああ言うびっくりするようなのがあるね
ただ,もうちよっとポストをしっかりこなして欲しい
赤嶺は中原よりも身長も低いし,ジャンプ力も見た限りではそれほどでもない
しかし
しっかりボールを納めてポストができている
永井は前節凄いベテランの味を出してくれていたのだけど
今回は10人になった時点で相手に着いていけなくなっていた
まあ,とにかく残留に向かって
がんばろう,ベガルタ!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/17

大宮

大宮アルディ-ジャの入場者水増しに対する処分が昨日発表された。
処分内容はいたって常識的な範囲だった。
事前には勝ち点剥奪かというような「噂」もあったが
試合の結果に直接影響するような事柄ではないから勝ち点剥奪では
残留争いはおもしろくなるかもしれないけど
現場には何の罪もないわけだから
選手が一生懸命戦って勝ち取った勝ち点をもぎ取ることはあり得ないね
ちょっと余談ですが「エビフライ」のことを書いたのでものずきな方は覗いてみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/taddpapa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

パーフェクトだよ

前節,不甲斐なく神戸に負けてから1週間
もやもやとしていたが,今日のホームジュビロ戦は完勝
内容,メンタリティ-,そして結果・・・
すべてが上手く噛み合っての素晴らしい勝利
赤嶺はベガルタに合うねえ・・・
よくまあ,FC東京は手放したものだ
前線での動き,がんばり・・・
相手DFにはボデイーブローのように効いていたね
技術的には次の動作に持って行くトラップなんかは雑なところもあるけど
開いたり,CBのギャップに割り込んだり
はたまたCBへのプレッシャーでミスを誘ったり・・・・・
ほんといい選手が獲れたね
中原・中島のツメも素直に褒めよう
特に中島の3点目は大きなダメ押し点で
あれで勝利は確定したようなものだった。
広大も久しぶりの先発で
背後へのスピードには着いていけないものの
安定感はやっぱエリゼウより安心かな
そして,本日の気迫最高・プレー最高の栄誉は
私的には「斉藤さん」
3点目のアシストにつながったドリブルも
フィフティフィフティのところを気迫で抜け出したもの
玉際での一歩も早く
まさにボランチとしてチームの心臓だった
神戸が新潟に引き分けたので勝ち点差が5から7に開いた。
と言うよりは,山形を抜いて,ひとつ上のジュビロまで1勝差
気持ち的には上の順位を狙って次節の清水もパクリと行きたいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

これは痛いっ!!!!

アウェーの神戸戦はよもやの完敗
内容的にも見るものなし
神戸が相当に気合いが入っていて出来が良かったものの
はっきり言って采配ミス
守りから入ること自体は何ら問題はないのだが
入りのところでズルズル下がって受けてしまった
結局いわゆるバイタルエリアのところあたりがルーズで最初にやられてしまったが
ボランチのバランスが悪かった
ボールをDFから引き出せず
また前へつなげていくことがほとんどやれていなかった
それと途中交代がどうにも意図が不可解
ビハインドのあの場面で使うのは中原では???????
まあ,負けてしまったのは仕方ない
それでもまだ勝ち点差は5ある
あと2勝したいものだが・・・
とにかくがんばれ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »