« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/28

俊輔の右足

好調の横浜を相手に引き分け
横浜の「力」を考えると今日は引き分けでもOKだったかな
でもね
ロスタイムのチャンスは中島は活かさなければならない
松下がからみ,義希が相手を背負いながらキープして股下を抜いて梁に絶妙のパス
さらに梁が壁パスを受けて中島へ・・・
う~ん・・・次のプレーのイメージがつくれているかなんだよなあ・・・
それはそれとして
中盤の攻防はおもしろかった
梁が持つとあっという間に3人くらいで囲みに来てたね
横浜は強いなあ
谷口はボランチとCBの間をうまく浮遊しながら効いていたし
大黒はあいかわらずギャップを常に狙っているし
兵藤・小椋・俊輔・・・みんなうまい
同点にされた俊輔の谷口へのセンタリングなんか
なんたって右足からだもんね
うちのDFは左足のところは抑えていたんだけどね
右足でもあんな正確なキックができるんだ
俊輔なんか引退間近の選手と思っていたけど
なんのなんのたいしたものだ
さて
ベガルタに関しては
関口のGK抜きは
相手DFがよく戻ったよ
でも決めて欲しかった・・・
不満は富田のところかな
落ち着くと言えばそうなのかもしれないが
前への推進力とか相手を崩すこまいコンビネーションとか
そのへんが不満なんだ・・・
やっぱし義希の方がおもしろいと思う
監督の好みなんだろうね・・・
それから
角田ってポジションに戻るの速いね
競り合いも強いし
とにかくいい補強だったよ
まあ
負けなし継続中
次はアウェーで神戸戦
勝たねばならない相手だね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/22

義希と富田

今日のアウェー「みちのくダービー」山形戦は1-0で勝利
NDスタになってからは初勝利だそうだ・・・・
今度の震災では仕事の上ではたいへんお世話になっている山形さんなものだから
勝ってうれしい一方で
山形にもがんばってほしいものだ
さてと・・・
今日は富田が初先発
義希が疲れ気味だったこともあるのかなと思っていたが
監督コメントによれば
ゲームの「落ち着き」を考えたようだね
果て
二人ともそれぞれに良さがあるのだけど
簡単に言えば
富田は守備的
義希は攻撃的
こんな感じかな・・・
ブロックを組んでの守りにおける相手への寄せの読みやバランスは富田がうまい
ただ,攻撃への切り替えの時の判断の速さが課題かな
義希はミスもあるけれども前線での流動的な動きが魅力
ボールを持っていないときの走っている距離はかなりだと思う
ショートカウンターの場面では機能しているよね
守備にまわったときに
パスコースを切ったり
自陣のバイタル近辺でのツメや
ボールを奪取する能力は富田に分がある
このへんは戦う相手とゲームプランによる選択なのだろうけれども
個人的には義希により可能性を感じる
それから気になる点をひとつ
チョ・鎌田・角田のところは見ていて昨年までから比べると安定感があるのだが
大きなFWのポストに単純に放り込まれるとちょっとだけ対応が中途半端になるときがあるね
結局それで,
前節と前々節は勝ち点を損したのだが・・・
CBのコンビの熟成にはある程度時間が必要だから
試合をこなしながらよりレベルを上げて欲しいね
いずれにしても
7戦無敗はJ1・J2でベガルタだけになった
この調子でとにかくしぶとく勝ち点を積み上げていってもらいたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/14

フイ

朴ちゃんからのきれいなクロスに
これまた角田のドンビシャヘッドで今日は行けると思ったのが甘かったね
せっかくの勝ち越しもフイ
前節同様ロスタイムに追いつかれ
本日のホームジュビロ戦は引き分けに終わった
まあ,
やっぱし時間の使い方がまだまだだね
同点にされた場面
鎌田のミスだとは思うけど
チョもブロックを大丈夫と思って止めちゃっていたり
その前では
関口がコーナーを取り損ねてゴールキックにしたり・・・
それと
前半飛ばしすぎ
後半は運動量が落ちて中盤のチェックが緩くなり
駒野サイドをうまく使われた感じがする
太田に代えての富田でシステムを変えたのも???
太田から中島でよかったのではないかな
そして義希は運動量がものすごく多いので
後半の早めのところで代えてやった方がよい
それも斉藤さんにね・・・
富田も悪くないんだけれども
今日なんか見てても判断がちょっとずつ遅いような気がする
相手がパワープレーに出てきたときは
負けない気迫
そして
高さと足のリーチがもう少し欲しいよね
さらにカウンターにつなげられる精度の高い長いボールを蹴れることを考えると・・・
そう言う意味で斉藤さんを使って欲しいな
まあ,
今日は喜んだりがっかりしたり
起伏の激しい試合で見てる方も「お疲れ様でした~!」ってなことでした
しかし
去年から比べたら強くなっていることは間違いなし


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08

試合巧者になること

アウェ-セレッソ戦は,ロスタイムもあと僅かのところでパワープレーにやられて引き分けとなった。
あともう少しで勝てる試合だったから悔しいというか惜しいというか・・・
ロスタイムが何で5分もあったのか不思議極まりないのだが?
それでも,考えてみればアウェ-の勝ち点1は評価すべきだし
何よりもまだ5戦負けなしなんだから自信をもつてやってほしいものだ。
さてと,ドローとなったわけだが
惜しむのは同点直前の松下のFK
なんであそこで個人プレーに走ったのだろうか?
回ってきた出番でアピールしたかったのか・・・
でも,どう考えてもあの選択は「ない」と断言できる
ボール保持を選択するのがセオリーであり
そうしていればの世界になるが
残時間から言って勝てていたのはほぼ間違いない
ベンチも周りの選手もそうさせるべきだった
圧倒的な戦力を持っているわけではないのだから巧者にならなければ・・・
それともう一つ
得点チャンスは確実にものにしないとああなると言うこと・・・
まあ,
あいかわらずの守備の安定感
そして,
関口のキレキレ奮闘
太田の好調
とにかく今年は「つなぐ」ことができるようになったよね
次節のホーム戦で勝つこと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/04

噛み合い

福岡戦は相手のプレスが結構きつかったのとベガルタも全体的にオフザボールでの動きがあまりよくなかったことからキレのある試合展開にはならなかった。
カウンターはそれなりにものにはできているので
引き籠もられた相手に対しての崩し方は大きな課題
そう言う面ではマルキの退団や柳沢のケガは影響が大きいのかな・・・
さて
チョ,鎌田,角田のところが非常に効いているのは誰しもが認めるところだろう。
一方
角田とボランチを組む義希の評価は結構人によって違うかもしれない。
ネガティブに見ると絡まれてボールを取られたりミスが目立つ
ポジティブに見ると豊富な運動量とバランサーとしてのフォローをうまくやっている
富田が定位置をつかんでだんだん安定していったように
周りと噛み合うためには義希にはもう少し時間をあげてもよいと思う。
素材としては間違いなくいいものを持っていると思うから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

補強成功

一昨日のホーム,浦和戦は,1-0の快勝と言ってよいだろう。
全員が気持ちの入ったプレーを90分間続け
プレスも競り合いも浦和の選手に先手を取っていた。
しかも、浦和にボールを取られてからの戻りとブロック形成が早く
浦和側から見れば,攻め手に事欠いた試合だったに違いない。
これは,CBにチョの強さ,安定感と鎌田の冷静さのコンビがなかなかうまく噛み合ってているのと
角田,義希のボランチがこれまた連携がよく
柏木やマルシオにほとんど仕事をさせなかった。
加えて,トップの赤嶺と,事実上トップに入った太田,
そして関口などがほんとによくチェイシングをしていた。
確実に守備は昨年を上回っている。
攻撃面ではマルキの抜けた穴は確かにでかいが
それでも,赤嶺が踏ん張り
太田,梁,関口が流動的的に動くことによって
浦和のCB・SBのスライドが中途半端になって両サイドにスペースが生まれ
そこを上手く使うことができていた。
さらに終盤に登場した松下は,ボールを落ち着かせることができ
FK,CKもいいボールを蹴っていたね
いずれ,補強は成功したと言えるだろう。
マックスも寄せるタイミングとか距離感とかが慣れてくれば
結構戦力として見込めそうだ。
この2勝1分けは実力と見てよいのではないかな・・・・
望みは赤嶺の相棒を補強することかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »