« その時が来ました | トップページ | お久しぶりです »

2011/07/03

チョ-ケネ

これ,チョとケネディということですよん・・・
ホーム名古屋戦は,行きたかったのに・・
ムチムチの藤本とダニルソンを見たかったのに・・
スポ少の大会会場となったため参戦できず無念
余計なことなのだが
お兄ちゃんの方の中総体があっけなく終わり
追っかけが一つ減・・・
スポ少から中学とお兄ちゃんも「やり遂げる」という意味では
よく頑張ったと思う。
眺めていると
キャプテンとしての葛藤や
自分の愚息に対して言うのもアレだが
技術も足の速さもセンスも県トレレベルなのに気持ちの表現がヘタで
県トレのセレクションではコーチから「もっと自分でやっていいよ」なんて言われる始末で
殻を破れずの悶々など・・・
歯がゆくていきなり怒鳴ったりしたこともあったけど
中総体が終わった後で「長い間よくがんばったな」と言ってやった
さてさて,
名古屋は強かったね
「個」の力で終盤は押し込まれっぱなし
価値ある引き分けだったかも・・・
ケネディ・ダニルソン・トゥーリオ・藤本・玉田
挙げ句は売り出し絶頂の永井
松下・富田あたりの足が止まっちゃってほんと危なかった
それでも,
チョさんがケネディをよく止めていたね
この勝負は見応えがあった
ポジション取り
競り合うジャンプのタイミングとか
チョさんが相当に「頭」を使っていた
ケネディはケネディで
これがまた高さだけじゃなくて足下もうまいんだわ
で,
選手交代に異議あり
早めに中盤をフレッシュにするべき
ただでさえ中盤の疲労が見え見えになっている状態で
中原・柳沢・太田はいかがなものか???
前線での追っかけが効かなくなって
中盤が一層苦しくなって押し込まれ
奪っても周りの足が止まっているのでつなげず運べず
前へのただ蹴りクリアでせっかく投入した前線にボールが届かず・・・
トゥーリオを上げてきたことへの対応と放り込みターゲットで中原
梁を下げるにあたりゲームメークとキッカーとして松下残
相手のスペースを突きたいための太田
だったのだろうけど・・・
私だったら
松下→義希,富田→斉藤,梁→柳沢・・・
太田は直線的な速さは認めるがプレーの幅が狭いし頭脳的なプレーに欠ける
中原は相変わらず高さは大したものだが運動量が少ないし遅い,それと転ぶとすぐに起きない
柳沢はパッとしなかったけど2列目でも使える
フリーランする選手が欲しいときは義希
富田は疲れ切っていて気の毒
斉藤さんは前線へ正確なフィードが出せるし気魄のプレーが魅力

|

« その時が来ました | トップページ | お久しぶりです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51859/52106897

この記事へのトラックバック一覧です: チョ-ケネ:

« その時が来ました | トップページ | お久しぶりです »