« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/28

重戦車

ホームでのダービーは,山形のサポーターもたくさん来てくれて19000人を超える観衆の中で熱く展開
先制攻撃に成功したベガルタが2-1で勝利
今日は7時半集合でスポ少の試合があるので
些細の感想は夜にでも書くとして
ひとつだけ
ディエゴについて・・・
遅いけどドリブルは迫力ものだね
守備は望めないのがわかったけど
やっぱうまいのでボールを保持できるし
後半の疲れてるときに出てこられたら相手はいやだよね
カウンターもよかったし
スローインを受けての扱いもよかったし
あとは監督がディエゴという香辛料をどう使うか???
香りだけになるか
味をピリッと引き締めてくれるか・・・
残念だったこともひとつ
一部で心ない段幕が掲げられて
社長自ら歩いて行って降ろさせたこと・・・
ゲームは白熱して結構
ブーイングも結構
しかし
試合が終わったらノーサイド
負けた相手をけなすのは自らをけなしているのと同じ
でも
救いは多くのサポーターがその一部サポーターの行為に対して
「ノー」の態度をはっきりと示したこと
ともにサッカーをこよなく愛する仲間
とりわけ
今年は山形の方々から多くの支援をいただいていることを忘れてはいけない
震災直後のほんとにたいへんなときに
仕事がら吉村山形県知事からいただいた次の言葉がどれほどうれしかったことか・・・
「お互い,東北のお隣同士じゃあないですか。助け合うのがあたりまえでしょ・・」
ダービーをこれからも楽しみたい
山形がんばれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/26

アウェー連戦勝点4をどう見るか

名古屋から凌ぎきって10試合ぶりの勝利を得た後のジュビロ戦
結果は,オウンゴールで追いつかれ,その後は押しまくられたが引き分け
角田が前半終了直前での負傷交代
前半残り数分も持たなかったくらいの状態だったのか・・・心配
(なんたって今のベガルタの中盤の底は角田なくしてはなりたたない)
田村がまたもや足攣り交代
負傷で交代枠のふたつを使っての引き分けは仕方あるまい
名古屋・ジュビロを相手にしてのアウェー2連戦で勝点4ゲットは申し分ないのではないかな
名古屋のようにアーリーでサイドから放り込まれる分には中を絞って跳ね返せているけれども
左右に揺さぶられてサイドバックのところで人数をかけて勝負されると弱いね
とりわけパクちゃんのところは厳しい
彼の攻撃力とのトレードオフなんだけどもね
彼の場合集中力が持続しないんだなあ
いい守備をするときもあるんだけど
いいクロスをあげるときもあるんだど
まれにジュビロ戦で見せた強力シュートも見せるんだけど
とんでもなく情けないプレーも簡単にやってしまう
それが彼の魅力と言えばそうかな・・・
富田と義希のボランチの組み合わせは相変わらず???
義希の守備力がうんぬん言われたりするけれども
彼の場合は豊富なフリーランとかで相手のスペースに入ったり
あるいはそれによって相手選手を引っ張ったりとか
攻撃のときのボールのないところでの貢献が魅力なんで
そのへんは普通にはなかなか見えずらいんだよね
それと富田の魅力は球回しのコースを押さえたりカットしたり
一見前目のボランチと守備的なボランチの組み合わせで良さ気なんだけど
富田一人でのアンカー的な役割は厳しい
角田がいてこそ富田や義希が活きる
角田を軸にして守備安定志向なら富田
攻撃の厚みを考えれば義希
ということなんだね
ただ,どちらもしっかりチームプレーに徹しているよ
そう言う意味では角田の代わりがいない
斉藤さんがいない!!!!!!
角田の負傷が心配
で,
ちょっと脇道にそれるけれども
松下のプレーに疑問を持っていたのだけれども
彼の場合個の力が中途半端なのかな
その場を打開するようなプレーを選択するんだけど
そうはならない場合が多くてね
ほんとは安定したプレーができる選手だと思うんだけど
なんか気負いが感じられて
ん~
いろんなポジションできそうで使い方が難しい選手かもしれませんね
さてさて
明日はダービー
ディエゴが登場するか楽しみです
山形は個の力で突っ込まれると弱い面があるから
使ってみて欲しいですね
これに勝つとほとんど残留確定かな
気合い入れて応援だ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/21

さすが柳沢

中2日での試合で動きが今ひとつだったとは言え,16戦無敗,首位,そしてホームの名古屋を相手に完封勝利とはお見事。
前回の鹿島戦も,堅守が戻ってきていて決定力さえあればあわや勝った試合。
今回も,最後に押し込まれながらも集中を切らさずベガルタらしく守りきった。
守備ブロック形成への切り替えの速さが戻ってきたのはOK
課題は,得点力・決定力
まあ,柳沢はよくも悪くもさすが柳沢ってとこかな
んでも
監督がスタメンで柳沢を使ってきたのはよく理解できたね
まずは
動き出しが早く,ボールを引き出す力はさすが
ボールを納めてつなげていく力もさすが
DFから雲隠れ的に動く力もさすが
よく見ていると
ボールを受けるまでに周りをキョロキョロよくもまあ見ているね
それと前に走りすぎないよね
うまくDFラインから外れたり間に入ったり
そのへんの動き方はベガルタの他のFWにないレベル
それにね
相手のFKとなるとすかさずポイントに寄って何気に邪魔しているよね
ところがどっこい
誰もいないゴールにシュートミスしちゃうところが
やっぱり柳沢
太田と柳沢の組み合わせは良かったね
飛車と角のような組み合わせと言ったらよいのかなあ・・・
梁もコンディションが戻ってきたようだし
昨日は,
富田・田村ががんばってたね
次のジュビロ戦も期待しようかな・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/14

前半が良かったって?????

本当に久々の19000人超えのユアスタ
残念ながら鹿島に力負け
流れの中からの決定機はそんなに与えたわけではなく
むしろベガルタの方が決定機は多かった
チョのクリアミスがらみのPKによる1点が決勝点になってしまったね
その前の変な(あれPKかなあ)PKを林が止めたところは超盛り上がったんですがね
ただ,
基本的な技術,選手一人ひとりの視野の広さ・判断力
明らかに鹿島の方が上
地力から見れば順当な結果
でもねえ
勝敗はそれだけでつくわけじゃあなくて
勝てる,せめて引き分けはできたんじゃないかな
前半,鹿島が頭からガンガン来て
いくらなんでも後半は持たないなと思っていたら
案の定,後半になって鹿島の足は止まって
ベガルタが逆転できるチャンスはあったんだよね
前半は中盤の構成が落ち着かず振り回され
特にサイドチェンジで田村・菅井の背後にガンガンボールを出され
これがまた相手ののトラップが正確なんだよね
で,そこのところへの対応が後手になって
誰が行くのか,誰がカバーに入るのか
そこのところが曖昧だった
ボランチも
富田と義希のところが離れすぎ
彼らとセンターバックのギャップをいいように使われた
そして,
松下あたりが守備してるようにして格好だけでサボってるからますますボランチも厳しかったと思う。
なのに監督は前半が良かったという評価なんですかねえ・・・
チョのミスはたぶん「芝」でしょ
やっちゃあいけないミスだけどね・・・・
攻めに関しても
確かに太田の突破とか目には付いたけど
あれだけじゃあどうにもこうにも
一発芸みたいなものだね
太田は香車と同じで直線でしか走れないなあ
角度を変えてゴールに向かって入ってくるとか
一生懸命なんだけど
「技」とか「クレバーさ」が足りない
関口もねえ
一時よりはずっと良くなったけども
見えてる範囲が広くないなあ
それと仕掛ける場面と周りを使う場面との状況判断がおぼつかない
中心選手で中堅どころに入ってきているのだからもっと「大人のプレー」を望む
そして一番気になるのが
かれらのサイドの狭いところでの縦・縦のコチャコチャ癖
もっとダイナミックに中とのやりとりができないものかねえ
もはや
赤嶺の動きはすっかり研究されているのだから
もっとサイドと中との出し入れをしながら真ん中で2列目が顔を出していかないと点は取れないんでないかな
それにしても
相変わらずの選手交代で苦笑いしか出ませんでした
とにかくタイマーの合図を待ってるかのように後半20分にならないと選手交代しないもんね
さらに
勝ってて逃げ切るための中島はわかるけれども
追いつく追い越すための期待は厳しいよねえ
FWがコール真ん前で度フリーで足下に来たボールにあわててるんじゃあ失格
放り込みに柳沢はミスマッチ
梁はさすがだと思ったけど
このごろがっかりしているのは松下
もっとボールを保持しながらタメをつくり
周りを活かして欲しい
ちょっとひとりよがりな選択をするときがあるなあ
まあ
どうせ負けてるんだから
チンチンにされ,攻めの時は右に持ち替えなければ蹴れない田村に代えて
左利きの原田を使ってみるのもありだったのではないかなあ
それにしても斉藤さんが残ってればと思う試合でした
まあ
監督は保守的ですねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/08

本当ですかねえ

アウェーの大宮戦は,2点を先取され,どうにもならないんじゃあないかと思われた前半とは打って変わって後半は動きのスイッチがオン・・・
同点に追いつき,あわや逆転劇という決定的なチャンスをものにできず引き分け
後半入りの勢いが前半から出せれば勝ち点3も近くなるかな
まあ,鹿島・名古屋と続くのでちょっと厳しいけれどもね・・・
それにしても各チームとも朴ちゃんサイドを執拗に攻めてくるねえ
朴ちゃんの場合,相手との間合いがちょっと下手くそなんだよなあ
そもそも今年は体も引き締まっているなあと思っていたのだが
このところの様子を見るとコンディションよくないよね
さて,
関口の調子が戻ってきたのはプラス材料かな
後半になって両者にスペースが生まれ
太田・関口が裏のスペースに走り込めていたね
ただ二人とも精度がいまいちなんだよなあ・・・
後半の途中から梁をボランチまで下げて
いわゆる「なでしこの澤」みたいなポジションで前への出し手として
うまく行った感じだね
守備に難はあるものの
あの辺から前を向いてプレーできるとやっぱしいいボールを供給できる選手
各チームからのマークがきつくなっているから
あのへんで使ってやるのもいいね
ほんとはもう少し前で輝く選手なんだろうけど・・・
ところで
FW補強絶対必要と書いたところ
某スポーツ紙にはディエゴ獲得の噂
移籍のクローズが8月12日だったはずだから
このタイミングで漏れると言うことはホントかな
ディエゴには「やられた」イメージが強いのだけれども
マルキとは全然タイプが違うなあ
簡単に言えば「重戦車」ってな感じかな
FWというよりは中盤から前で赤嶺を援護射撃するための「砲台」か???
組織的な守備や攻めにフィットするかどうか
ん~
獲得したならちゃんと使うんだよね・・・
どういう風に使うのかお楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

お久しぶりです

あれっ,もうひと月も書いてませんでした。
ベガルタが不調になってしまったので書かなくなったのではなく
ちょっと体調が思わしくない状態が続いていたものですから・・・
木曜日から月曜日までしっかり休みを取ることにして回復狙いです。
さてと
ベガルタは「恒例」の夏場不調になってしまいましたね。
柏との首位攻防は全く素晴らしい,負けはしたけれども素晴らしい試合でした。
しかしながら
大宮戦・鹿島戦は見るも無惨な内容でした。
このひと月を見ると
完全にベガルタのサッカーが研究されちゃいましたね
こちらの選手たちの疲労もあるのでしょうが
ブロックをしっかりつくって真ん中で跳ね返し
すばやい攻守の切り替えからカウンターで攻めると言うことが難しくなっています。
まあ,守備に関しては最少失点を維持していますからあんまりは言えませんが
両SBの裏を突いてきたり
まあ朴ちゃんのところは完全に狙われてますよね・・・
CBの鎌田のところで勝負させるような入れ方をしてきたり
やっぱり問題は攻撃がかたちにならなくなったことですね
カウンターの経路が知り尽くされて
出所も受け側もしっかりマークされています。

うまくいかないものだから中盤や後ろから
一発狙い的な性急なボールを入れてしまって逆にカウンターを浴びているようです。
というか
ボランチの押し上げや攻めへの絡みが少ない
だから厚みのある迫力ある攻撃にならない。
安定感から監督は富田を起用し続けていますが
確かに守備においては位置取りとかカット能力は高いですね
けども
攻撃の時のアイデア・センス,運動量とかを考えると
相手からしたら何にも怖くない。
壁パスを使って入り込んでくるわけでもない,
空いたスペースに入り込んでくるわけでもない
積極的にシュートを狙ってくることもない・・・
攻めにおけるチャレンジがあんまりない選手で
次にどこへボールを出すかが読める選手です。
彼が先発になってからのチームの得点状況と勝敗状況をじつくり見てみたいと思っています。
別に彼だけが悪いと言うことを言っているのではなく
チームのバランスの中で逆に彼への負担が大きすぎるのかなと言うこと
もっと別の選手も絡ませながらうまく彼の長所が活きる使い方をしてやったらと思います。
赤嶺は気の毒かな
ワントップではフォローがなく
相手からのマークもきつくなっていますね
かといって2トップを組む相手がなかなかいないですねえ
柳沢はうまいけど肝心の時のキレは望むべくもない状態
中原はポテンシャルはあると思うんですが
相変わらず転んですぐ起きないで手挙げてファウルのアピールばっか
ゴリゴリいくどん欲さに欠ける
中島はそれなりにがんばっているとは思うけど
あれ以上の上積みは期待できないかな
彼は萬代との距離感や相性が一番良かったかも・・・
ん~困ったね・・・
甲府のダビ,豚さんになって帰ってきたと思ったらなかなかやるねえ
あのダビなら守備もするし,欲しかったね
赤嶺と組ませるストライカーの補強は絶対必要
オールラウンダーである必要はない
得点能力も守備能力もなんて言ったって
そんな金を出せるクラブではないんだから
ソアレスみたいなんでいいんでないの・・・
性格も明るいし
案外J1では「意外性」で通用したりして・・・
あんな宇宙人みたいなの見てて楽しいよね
ソアレス大好き
まあ個人的にはフェルと赤嶺って相性いいような気がするんだけど・・・
さてと
次は関口
「あれ」以来,関口でなくなってしまったね
あのままじゃあダメだろうな
梁もひょっとしたらピークを過ぎちゃった????
キャプテンとしての「張り」が抜けちゃったのかなあ
ここ一番でふんばれていないよ
松下・・・・
チャレンジ・アピールの気持ちは良いのだが,リスクのある性急なプレーが多すぎるかな
彼にはもっと渋いプレーを望む
太田はがんばってるね
ただ,彼は「直線的」過ぎるんだよね
スペースのあるところでは非常に活きる選手だけれども
相手に立ちふさがれたときの縫っていくようなプレーは難しい
簡単に言えば小細工がきくプレーヤーではない
それを松下にやって欲しいんだけどね
いずれ
選手はそれぞれ得意・不得意・持ち味をもっているわけで
それをどのように組み合わせてチームとしての力にするかは監督の力量ですね
ただ,FWとトップ下に君臨できる選手の補強は必要
トップ下に君臨できる選手とは突然何ぞやと思われるかもしれませんが
梁はトップ下の選手ではないとは言わないけども
梁の状況を見ると補強しておいた方がよい
なんせ一時期サイドからのゲームメイクなんてのも流行したことがあったけど
バルサの成功やスペインのWC優勝なんてのを見ていると
やっぱし真ん中のあやつる選手が大切だよね
さてさて,本日の大宮戦・・・
そろそろ勝って欲しいね


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »