« どうも緊張感に欠ける | トップページ | 残念!聖和 »

2011/12/31

年の締めくくり

逆境の中,ベガルタはリーグ4位という素晴らしい成績を残してくれた。
残念ながら天皇杯は,PKでセレッソに敗れてしまったが
勝てる時期,勝てない時期がはっきりと色分けだったものの
戦術的にはブレがなく
11人全員で戦うチームカラーが浸透したシーズンだったのでは・・・
とりわけ
センターラインがしっかりし
さらに
CBのチョ・鎌田
ボランチの角田・富田
この4人がつくるブロックと跳ね返しは秀逸だったと言える。
角田・チョの対人の強さはリーグ最少失点に大きく貢献した。
ただ,チョが磐田への移籍というショッキングな情報が舞い込んで
出て行くのは覚悟していたが・・・残念
でも,震災で出て行く選手もいる中で献身的にがんばってくれたから感謝
一方
攻撃面では赤嶺の活躍が素晴らしかったものの
赤嶺への依存度が高くちょっと気の毒だったかな
マルキの穴は埋められず
監督としてはもう少しポゼッションを上げた攻撃がしたいのだろうけど
現実的にはショートカウンター戦術だったね
そんな中でも
松下の存在は大きかった。
最初の頃は,功を焦ってか一発狙いや無理なプレーも見受けられたけれども
中盤戦以降は「持てる力」を発揮して
中盤から前での落ち着きに貢献できていた。
そう言えばマルキも横浜だとか・・・
え~と
DFはセレッソから上本を獲れたとして
もう一枚足りないなあ
あっ,甲府から内村獲るんだっけ?
SBもこなせるからバックアッパーとしては細川よりも上かな
ほんとは広大に期待したいんだけど
スピードと裏に弱いんだよなあ・・・
それとフィードと言うか展開力が課題
今のサッカーはCBだから蹴り返していればよいというレベルではない。
下からのビルドアップをしっかりしていかなければならないからね・・・
CBは上本でチョよりは落ちるものの何とかなるかな
来年,さらに上位を狙うとなれば
角田と組ませるボールコントロールと戦術眼に秀でた相棒が必要だろうね
富田も奪取力なんかいいもの持ってるし成長したけど
いまひとつ物足りない
ドリブルしながら相手陣内に入り込んで捌く,あるいはゴール前に顔を出す
こういったところの怖さが相手からしたら安全牌
そこに相手の選手を引きつけられると梁・松下・太田・赤嶺・関口などの運動量がもっともっと活きてくるはず
ここのポジションは代表クラスが是非とも欲しい
そして最大の課題である得点力アップ
これは
赤嶺との相性になるのだけれども
ターゲットになるというか
最前線で個の力で持って打てる選手か
あるいは止められない屈強なドリブラー
ACLはともかく
来年も上位で安定した戦いをしながら
是非,若手の活躍を期待したい

|

« どうも緊張感に欠ける | トップページ | 残念!聖和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51859/53612668

この記事へのトラックバック一覧です: 年の締めくくり:

« どうも緊張感に欠ける | トップページ | 残念!聖和 »