« 2012年4月 | トップページ

2012/05/26

どうなることかと思ってはいたが・・・

アウェーの川崎戦は劇的な逆転劇にやられました
関口・上本の離脱が相当に響くだろうなとは思っていましたが
2-3と3失点もしてしまいましたね
今日の試合を観ていると
やっぱ中盤での関口の穴は大きいと思いました。
関口はサイドのスペースを一気に戻ってケアしてくれますからねえ
苦しいときに前への推進力もあるし・・・
あらためて彼の貢献度の高さを認識させられました
うちはサイドが甘いので真ん中ではじき返すパターンですが
3点目は真ん中で簡単にやられてしまいました
矢島には広大がついていて自分の前に置いてました,そして広大の後ろには内山がいました
センタリングのタイミングで矢島は広大の前からすぅーっと引いて広大の後ろ
広大の視野から消えて,広大と内山の間にさっと入ってきてズドンと頭でやられたわけです
簡単に言えばDFが2人いてやられちゃいました
まあ,センタリングも見事でしたが・・・・
2点目の失点もお二人が深く絡んでおりました
ケガあけの広大とほとんど試合に出ていない内山なんで
あのへんのポジションは試合感が響くから
二人にとってもたいへんだったのはわかるんだけどね・・・・
1失点目も鎌田の安易なプレーからのように見えますが
もらいに行く動きとかそのへんのところがかみ合わずと言ったところもありましたね
角田なんか3つもポジションやらされて気の毒
松下のところも守備面ではルーズでしたね
川崎が隙間を狙って人が入ってきてそこにボランチから効果的なパスが供給されていましたが
入ってきた選手に対する寄せがうまくできていなかったし
出し手に対するプレスも食いつきすぎたりとかがあってうまくいかなかったように見えました
いずれにせよ
ディフェンスは組み直しですね
大きなサイドチェンジを絡めてSBの裏を狙ってくる
あるいはCBギャップを突いてスピード勝負のスルーパスを仕掛けてくるのが増えるような気がします
まあシーズンの中では5試合くらいは優勝チームだって負けるわけで
今日の負けは試運転だったと割り切って
次からの準備に切り替えて欲しいものです
それからデビューを果たした奧埜ですが
遠慮がちのプレーでしたねえ
次出たら「俺が・・」みたいな積極的なプレーを期待します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

恐れ入りました

ちょっと遅れてしまいましたが
アウェーの鳥栖との戦いはどっちにころんでもおかしくない
非常にタフなものでした
まさにテグ監督の言うとおり
そして
かの監督が褒めちぎったように
鳥栖はパワー・高さ・運動量ともに素晴らしかったですね
自分たちのストロングポイントをよく理解し、自信を持ってやってます
あのハードワークが90分間持続するんだから驚異です
豊田の強さもピカイチでしたが
藤田・野田(?)ってあんないい選手だったんですね
キムクナンでしたっけ
あのCBもウイルがフィジカルで飛ばされてましたからねえ
いずれにしても
やってる戦術はシンプルで
ああいう技術的にすぐれた選手が集まっているわけではないチームにとっては合ってますね
鳥栖が今の試合運びを続けられるならどこのチームにとっても厄介だよ
次に対戦するときには前節のようなガチンコ勝負は避けて
いなしながら勝機を窺うことも必要かな・・・
引きつけてはつなぐ、ワンタッチでつなぐ
そう言ったバルサのような
なでしこがアメリカやドイツ相手にやっているような
そんなサッカーをベガルタが果たしてできるか???
さてと
ウイルはハイボールを競り合って納めるのは決して得意ではないので
柳沢との組み合わせはどっちにとっても中途半端かなあ
赤嶺の競り合いの強さがないのは痛い
中原はすぐに転んでしまうし・・・
いっそのこと角田でもツートップの「一角だ」ではダメかなあ
ボランチには松下か梁か・・・・
個人的にはSBが定着してしまったけど菅井のボランチだってありで
松下がSBだって新潟でやってたんだからねえ・・・
まあ、こりゃあはちゃめちゃと言われるだろうけれども・・・・
普通に考えれば武藤をどう使っていくのかだろうね
彼は少しだけ壁にぶち当たっているような気がするから
うまく使ってやって欲しいね
さあ
次は怖い怖い清水戦
清水は若手の台頭がすごい
高木に要注意
頑張れベガルタ!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ