« そういうものだと言うことだね | トップページ | どうなることかと思ってはいたが・・・ »

2012/05/05

恐れ入りました

ちょっと遅れてしまいましたが
アウェーの鳥栖との戦いはどっちにころんでもおかしくない
非常にタフなものでした
まさにテグ監督の言うとおり
そして
かの監督が褒めちぎったように
鳥栖はパワー・高さ・運動量ともに素晴らしかったですね
自分たちのストロングポイントをよく理解し、自信を持ってやってます
あのハードワークが90分間持続するんだから驚異です
豊田の強さもピカイチでしたが
藤田・野田(?)ってあんないい選手だったんですね
キムクナンでしたっけ
あのCBもウイルがフィジカルで飛ばされてましたからねえ
いずれにしても
やってる戦術はシンプルで
ああいう技術的にすぐれた選手が集まっているわけではないチームにとっては合ってますね
鳥栖が今の試合運びを続けられるならどこのチームにとっても厄介だよ
次に対戦するときには前節のようなガチンコ勝負は避けて
いなしながら勝機を窺うことも必要かな・・・
引きつけてはつなぐ、ワンタッチでつなぐ
そう言ったバルサのような
なでしこがアメリカやドイツ相手にやっているような
そんなサッカーをベガルタが果たしてできるか???
さてと
ウイルはハイボールを競り合って納めるのは決して得意ではないので
柳沢との組み合わせはどっちにとっても中途半端かなあ
赤嶺の競り合いの強さがないのは痛い
中原はすぐに転んでしまうし・・・
いっそのこと角田でもツートップの「一角だ」ではダメかなあ
ボランチには松下か梁か・・・・
個人的にはSBが定着してしまったけど菅井のボランチだってありで
松下がSBだって新潟でやってたんだからねえ・・・
まあ、こりゃあはちゃめちゃと言われるだろうけれども・・・・
普通に考えれば武藤をどう使っていくのかだろうね
彼は少しだけ壁にぶち当たっているような気がするから
うまく使ってやって欲しいね
さあ
次は怖い怖い清水戦
清水は若手の台頭がすごい
高木に要注意
頑張れベガルタ!!!!!!!!!

|

« そういうものだと言うことだね | トップページ | どうなることかと思ってはいたが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51859/54635156

この記事へのトラックバック一覧です: 恐れ入りました:

« そういうものだと言うことだね | トップページ | どうなることかと思ってはいたが・・・ »